« 「かなしみ」評その1 | トップページ | トラックバックのお約束 »

2004.04.15

< 「かなしみ」評その2 >

 「かなしみ」っていうお題は、難しかったかもしれませんね……。
 なぜなら、「かなしみ」という言葉を直接つかわずに、かなしみを感じさせたほうが、短歌としては品のいいものに仕上がるから。

かなしみはだれのものでもありがちでありふれていておもしろくない (枡野浩一)

 という私の短歌は、途中を抜かすと、
 「かなしみは…………おもしろくない」
 と言っているわけで、かなり強引な文章です。かなしみがおもしろいはずないじゃん!
 だけど、もし枡野浩一の短歌を枡野浩一がパロディにするとすれば、

かなしみはだれのものでもありがちでありふれていてああおもしろい (枡野浩一)

 というふうにするかな。手垢のついた「かなしみ」という言葉を、いかに初々しく響かせるか……という角度で勝負するのです。


 先日、あるHな雑誌の仕事で、「ニャンニャン」という言葉を詠みこんだ短歌をつくってほしいと依頼され、けっこう悩みました。
 私の辞書には「ニャンニャン」なんていう素敵な日本語、存在しなかったからです。
 でも、プロですから、つくりましたよ。
 まず、「ニャンニャン」という日本語を私がつかうことがあるとすれば、きっと「ニャンニャン写真」という、「昔懐かしい死語」としてつかうだろう、と考えました。
 ニャンニャン写真……と言われて思いだすのは、私の世代だと、高部知子です。異論もあるでしょうけれど、そのへんは皆さん、ご自由にトラックバックで語ってください。
 で、「高部知子のニャンニャン写真」というフレーズをまず、決めました。これで7/7になっていますから、あとは前半に5/7/5をくっつければ短歌になります。
 ここからが腕の見せどころですね。
 高部知子のニャンニャン写真というのは、存在それ自体が、かなしい。だから、これ以上ネガティブな言葉をいれるのは、やめようと思いました。
 かなしさを増幅させるために、逆の要素をいれてみるのです。
 ……そんなふうに考えていって、私が最終的に発表したのは、こういう短歌でした。

撮ったのはしあわせだったからだろう 高部知子のニャンニャン写真 (枡野浩一)

 結婚と離婚を経験した枡野浩一三十五歳のほろ苦い心情が投影された、かなしさ満タンの短歌になっていると自負しています。
 以上、「枡野浩一はこんなふうに短歌をつくることもある」という、ほんの一例でした。毎度毎度こういう手順でつくってるわけではありませんので、念のため。



 しかしまあ、トラックバックの数、凄いですね……。
 こちらの説明不足もあって、投稿の場所が分散してしまったのですが、「264」+「63」=「327」。
 前回の段階で「180」のトラックバックを拝見していたので、新たに投稿されたのは「147」という計算になります。

 えーと、すみませんが以後、トラックバックは最新の記事のところに投稿するようにしてください。そうでないと、新しい投稿があったとき、すぐに気づけないので。それと、トラックバックはまず第1行目だけ拝見するようにしています。つまり複数の短歌を投稿する場合は、短歌1首ごとにトラックバックを新しくしていただけると助かります。気が向いた時には、皆さんのトラックバックに直接コメントを書きこんだりもしていますので、おびえないでくださいね。どうぞよろしくお願いします。

 では、「評」に移ります。
 とりあげる順番は、「投稿順」です。トラックバックの投稿場所の関係で、時間軸が前後したりしてますが、おゆるしを。


悲しみは個人のものだ 死んだってお前なんかと分かちあわない (詠人不死)

 なるほど。この心意気、いいですね。
 この短歌の「個人」という言葉を、たとえば「私」に変えてみると、どうなるでしょうか。

悲しみは私のものだ 死んだってお前なんかと分かちあわない

 ね、印象変わるでしょ? 
 原文には原文のよさがありますが、やや「理屈」寄り。頭で理解してから、気持ちで受けとめるのに少し時間が必要です。改作バージョンのほうは、読者が当事者になれる感じです。
 俺は「私」なんて一人称つかわないぜ、という場合は「俺」をいれて、別の部分をいじってリズムを整えることもできるはず。ご自身で工夫してみて、よりよい案がうまれたらまた投稿してください。


教室の机に顔を埋め込み泣いていたのを思い出したよ (緒川景子)

 この短歌は、淡々と情景描写をしているのだけなのですが、「思い出したよ」という言葉があることによって時間の奥行きが感じられて、いいですね。
 でも、「教室の机に顔を埋め込んで」にすれば、びったり57577になるのに……。どうしても字足らずにしたかったの?
 そういう細かいところに作者の頑固さを感じます。頑固なことは、表現者にとってはプラスにもマイナスにもなります。まずは、その頑固さに気づいて。


かなしみのうわずみだけを口にして みせびらかすの 片足立ちで (佐々木なふみ)

 片足立ちで辛うじてバランスをとっているような1首。
 絵具を生の色のままつかっているような、洗練されていないところ(感情・見えるもの・聞こえるもの・動作……が整理されずに並列されている感じ)がありますけど、これはこれで魅力的なので選びました。


泣き方がナポレオンズのマジックのようにきちんと馬鹿だ 悲しい (柴田有理)

 「ナポレオンズのマジック」って、私よく知らないのですが、知らないなりに映像が目に浮かぶ気がしたので選びました。
 「きちんと馬鹿だ」というフレーズがいいです。


最期には縮んでいって終わるのに悲しむために伸びるんですか? (かみやひろし)

 面白い。いろいろ考えさせられます。
 「最期」っていう言葉は、「最後」よりも意味が限定されますね。「死」を感じさせるのが「最期」。でも私のセンスだと、そこまで親切に説明するのは避けて「最後」と書きたいです。
 「最後」にすれば、性的なイメージも重ね合わせられるし……だめ?


悲しさを伝えるために作られた着信音しか鳴らない電話 (かみやひろし)

 なんて悲しいこと考えるんだ……きみは。
 「着信音しか鳴らない電話」というのが、具体的にどういうモノなのかは伝わってこないけれど(ベルは鳴るが会話はできない電話?)、とにかく「悲しさを伝えるために」何かを作るなんて。
 そのセンチメンタル王子様っぷりに1票です。


試着して、サイズ合うのは子供服。 海外生活、そこが悲しい。(檜垣源之助)

 あれほど言っても、まだ句読点をつかうのですね……。
 句読点をつけると、57577に整えるのが楽になるのですが、「楽」をしてつくったものは、凄くないです。人は皆、「これは自分にはつくれない!」という作品を読みたいのですから。
 でも内容が普通に悲しかったので選びました。


ゲーセンの暗さの中で気が付いた ひとりぼっちは悲しいことだ (あきつよう子)

 「ひとりぼっちは悲しいことだ」という、わざわざ言うまでもない当たり前のことを、今さらのように再発見しているところが面白いです。
 でも、前半の舞台設定は、もっと工夫できるでしょう?


悲しみに友はうなだれ 寄りかかる壁の向こうに歌が聞こえる (広海広志)

 後半が魅力的です。
 でもこの場合、「悲しみ」という言葉は邪魔ですよね。だって「うなだれ」で充分わかるもの。悲しいって。
 今月のお題に合ってなくてもいいから、「悲しみ」という言葉をなくして、つくりなおしてみてください。
 「友」という言葉は、書き言葉すぎて、かたいです。57577にハメるために、普段つかわない言いまわしをつかうのはやめましょう。(私だったら、「友」のかわりに「彼」「君」「僕」をいれてみる)
 余談ですが(広海広志さんには関係ないけど)、よく短歌の初心者が「〜すりゃ」とか「ありゃしない」とかいう変な言いまわしをつかうのです。あなたが忌野清志郎じゃない場合はやめましょう。


「かなしい」と言ったら君が悲しむと思って「すとんとする」って言った (いぬいらいち)

 最終的に投稿された1首ではなく、推敲途中の1首を選びました。
 「すとんとする」って、意味不明だけど、この主人公にとっては「かなしい」の同義語なんですよね? そのことは伝わるから、これ、成功していると思います。


振り上げた刀がわりの長ネギの下ろし場所ないまさかかなしい (古賀及子)

 あなたの変テコな言語感覚に、絶句。
 「まさかかなしい」って、不思議な言いまわしですね。
 「場所ないまさかかなしい」と、1文字あきなしで畳みかけられると目まいがします。
 でも、変人ならではの楽しいこだわりに満ちている気がするので、これはこれでいいのかも。


今僕の悲しみで発電したら豆電球が二時間灯る (出石正比古)

 今僕の
 悲しみで発
 電したら
 豆電球が
 二時間灯る 
 という言葉の区切り方が、アジアン・カンフー・ジェネレーションの『君という花』の歌詞みたいに無理矢理っぽいことを除けば、よく出来ていると思います。
 「悲しみで発/電したら」のようなところを、短歌の専門用語で「句またがり」と言います。句またがりは普段は多用せず、ここぞというときにだけつかうと効果的です。
 「豆電球が二時間灯る」というあなたは謙虚ですね。
 「サーチライトが百年灯る」だと中島みゆきみたいで迫力満点。


この声が無限に届けられそうな澄みきった青空でかなしい (辻郎)

 これも「句またがり」がありますが、成功していると思います。
 「この声が無限に届けられそうな澄みきった青空で」というところまで読むと、「嬉しい」とか「楽しい」とか「すがすがしい」とかいう言葉で終わってもよさそうなのに、「かなしい」で終わっている意外性。
 「かなしい」という言葉で、「せつない」気持ちをうまく伝えている感じです。


君の歌すごく心に染みるから歌わせないよ悲しい歌は (宮前平)

 短歌の主人公が健やかなところにひかれました。
 いいやつですね。結婚するなら、こういうことを言ってくれる男がいいかもよ。


かなしいやうれしいよりも有頂天とかどん底みたいなのが好き (田久保化石 )

 前回の投稿作を57577に整えて、再投稿してくれました。
 文字数を整えるときは、声に出して読んでみると、リズムの善し悪しがわかります。
 感情をあらわす単語の、順番も吟味してみてください。たとえば、

かなしいやうれしいよりもどん底や有頂天とかそんなのが好き

 とか。よりよい仕上がりを思いついたら、また投稿してみてくださいね。


 今週は、ここまで。
 ますますの「かなしみ」をお待ちしております。

2004 04 15 07:12 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/445054

この記事へのトラックバック一覧です: 「かなしみ」評その2 :

» カナシミを [2月のいぬ から]
カナシミを書けといってるあのオトコ 同年代のイガグリアタマ (マチダノレイコ) 続きを読む

受信 2004/04/16 13:11:06

» 短歌作りに参加です #05 [お天道様は許しても から]
個室から かなしい嗚咽が聞こえても 知らん振りしてトイレから出る (天国ななお) 続きを読む

受信 2004/04/16 14:58:05

» 頑固じゃないもん。 [ハゴロモアンテナ から]
きっと枡野さんは「うめこみ」と読まれたのですね。 でもわたしは「うずめこみ」と読んだつもりだったの。 だからほら57577ぴったり! とっても素直なわたし... 続きを読む

受信 2004/04/16 14:59:39

» お題:かなしみ その3 [短歌ブログ から]
二階から目薬おちてこないかな いま泣けるならちょうどいいのに(おざわなぎさ) 続きを読む

受信 2004/04/16 17:12:49

» お題:かなしみ その4 [短歌ブログ から]
たまねぎをただひたすらに刻んでる あわてなくても泣けばいいんだ(おざわなぎさ) たまねぎをただひたすらに刻んでる 痛いかなしい 泣いてもいいんだ 続きを読む

受信 2004/04/16 17:13:56

» ほんとの悲しみ [ゆらゆらでい から]
「今いちばん泣ける!」って本を読んでみる ほんとの悲しみあたしにちょうだい(オカ 続きを読む

受信 2004/04/16 17:23:08

» 痛いけど・・・ [あずんのはなうた から]
悲しくて あの子のことを ひがんだら 少し睨まれ 愛のデコピン(あず) 「あの子 続きを読む

受信 2004/04/16 19:13:51

» 続 脂肪肝!? [なんでもほっけぇ~ から]
息子には いっぱい飯食え 言う俺が 脂肪肝だと ちょっと悲しい 枡野浩一さん  続きを読む

受信 2004/04/16 21:27:47

» 勢い余って もう一句 [なんでもほっけぇ~ から]
悲しみは 乗り越えたよと 仕事する そんな同期が また仕事する 枡野さん お題 続きを読む

受信 2004/04/16 21:56:49

» イチゴ哀歌 [雪心 から]
黴まとうイチゴのような女でも鏡で笑顔つくるかなしさ  (真夜)     **** 続きを読む

受信 2004/04/16 23:06:55

» かんたん短歌 [クジラの日々 から]
  とめどなく涙をこぼす君のそのかなしみが僕にはうつくしい (藤本)  これも句 続きを読む

受信 2004/04/16 23:13:15

» 8:07 [GreGreGreenCafe から]
市場へと向かう電車にのるひとが必ずであうかなしい子牛(坂口犬) これはわたしの 続きを読む

受信 2004/04/16 23:42:03

» 悲しくも駆け込み乗車は大歓迎その駅の名は『五月病前』 [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
いや〜。実に自虐的的(笑)。 自分で作って笑ってみたくて、詠んでみました。 こん 続きを読む

受信 2004/04/16 23:56:38

» かなしみ3 [仮操業 から]
悲しみの短歌が枡野浩一にコメントされてとても嬉しい(辻郎) 呼び捨てになってしまってごめんなさい。 この声が無限に届けられそうな澄みきった青空でかな... 続きを読む

受信 2004/04/17 0:16:53

» [短歌]短歌日記 [カキトメル から]
水分をたくさん摂った悲しみがすべての毛穴をひろげ出てきた(オカヤイヅミ) 続きを読む

受信 2004/04/17 0:50:35

» [短歌]短歌日記 [カキトメル から]
水分をたくさん摂った悲しみがすべての毛穴ひろげ出てきた(オカヤイヅミ) 続きを読む

受信 2004/04/17 1:16:12

» 悲しみ3。 [ハゴロモアンテナ から]
あの時はまだ悲しみがあったから覚えてただけ それだけのこと(緒川景子) “悲しみがなくなったときもうきみの顔なんて忘れてしまいました” の推敲です。... 続きを読む

受信 2004/04/17 2:59:50

» かなしみ7 [+++cahier bleu+++ から]
☆悲しいという字を体で表して夜ふるわせて泣く赤ん坊(小野伊都子) 《「かなしみ 続きを読む

受信 2004/04/17 3:24:19

» かなしみ6 [+++cahier bleu+++ から]
☆清志郎の歌声聴いて不覚にも泣けてしまうという人が好き(小野伊都子) 『スロー 続きを読む

受信 2004/04/17 3:25:05

» かなしみ8 [+++cahier bleu+++ から]
☆砂浜に埋もれたガラスそっくりの悲しみ刺さる裸足の夜更け(小野伊都子) 気がつ 続きを読む

受信 2004/04/17 3:28:35

» かなしみ9 [+++cahier bleu+++ から]
☆悲しみを飼いならすためだったのにひとりオセロも100勝100敗(小野伊都子) 続きを読む

受信 2004/04/17 3:31:46

» かなしみ10 [+++cahier bleu+++ から]
☆かなしみと笑いはきっとワンセットフォークとスプーンみたいに並ぶ(小野伊都子) 続きを読む

受信 2004/04/17 3:32:59

» 基礎からやり直し [ゆらゆらでい から]
アラステキ 大作なのね泣けたのね 泣けるのなんか悲しみじゃない(オカザキなを) 続きを読む

受信 2004/04/17 5:28:44

» かなしいお金 [ゆらゆらでい から]
住む家が飯がいるんだ服も着る あふれだしてくかなしいお金(オカザキなを) 世智 続きを読む

受信 2004/04/17 5:38:07

» ありふれたかなしみ [The evening star から]
 思い出に 背比べして 笑うしかなし あなたの知らない わたしはかなし (花梨) 続きを読む

受信 2004/04/17 10:04:40

» ありふれたかなしみ [The evening star から]
 思い出と 背比べして 笑ってる あなたの知らない わたしはかなし (花梨) 続きを読む

受信 2004/04/17 10:56:23

» かなしみ6 [仮操業 から]
飲み込んだこの悲しみであと三日くらいは生きていられるだろう(辻郎) 白黒のマークシートのようにしか答えを探せなくてかなしい(辻郎) 気弱さを気難しさ... 続きを読む

受信 2004/04/17 12:44:40

» 今度もか僕はうなだれ 寄りかかる壁の向こうに歌が聞こえる (広海広志) [管理人ひろしの成長日記Blogバージョン から]
うわーー。枡野さんのレスがついてる。超感激☆。しかも、ちょっ とほめられた?しかも宿題まで出されてる?緊張しちゃうな?って いうか超うれしいわけですよ。で、枡... 続きを読む

受信 2004/04/17 13:50:49

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「かなしみ」その4 [PurpleMoon - Online Diary から]
泣けたのは条件反射 悲しみを経験するたび条件が増える (紫月美夜) 枡野浩一のかんたん短歌blogへまたまた投稿。 前回の「かなしみ」評その2では選外。「... 続きを読む

受信 2004/04/17 15:38:58

» 短歌6(TB) [気まぐれ通信 から]
この道は君ときた嗚呼ピンぼけの夢を笑顔で聴けた悲しみ(秋野道子) 推敲中の身な 続きを読む

受信 2004/04/17 16:11:36

» 短歌ってむすかしいよなあ。 [■私設伏魔殿■ から]
「枡野浩一のかんたん短歌blog」の「かなしみ」評その2でもとりあげられた。 悲しみは個人のものだ 続きを読む

受信 2004/04/17 17:03:21

» ほんとでうそ [ゆらゆらでい から]
さっきまで泣いてたカラスがもう笑う 悲しみなんてほんとでウソだ(オカザキなを) 続きを読む

受信 2004/04/17 19:33:15

» かんたん短歌 かなしみ投稿5 [世間知らずが行く から]
降りる駅知らなくていい 悲しみが薄れた所で降りるからいい  あきつよう子 続きを読む

受信 2004/04/17 20:03:24

» [歌]短歌日記「かなしみ」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-明け方に交した温度悲しくて今朝もカンパリオレンジを飲む(出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))へ投稿。 続きを読む

受信 2004/04/17 21:41:23

» 短歌投稿 [96296PANDA から]
ツンとする 涙のみこむ かなしみに のんでのまれる いまは泣かない(きよせなつの) 枡野浩一さんの「かんたん短歌blog」にトラバ。  皆さんのつくった短歌を募... 続きを読む

受信 2004/04/17 21:43:12

» 短歌 [Hasta_luegoの日記 から]
花中葬 今は悲しいまま進み いつか追い抜くつもりの二十歳(木村比呂) 短歌です。 きっかけは桝野浩一のかんたん短歌のために。 でも悲しいなんてそのまんまの言葉は難しいね。 続きを読む

受信 2004/04/17 22:36:16

» 短歌02 [Hasta_luegoの日記 から]
さよならとかわすつもりの悲しみを どうしてこんな 横隔膜が (木村比呂) 続きを読む

受信 2004/04/17 22:38:56

» かなしみ [いもむしにっき から]
曖昧な笑顔のあなたくらいしか残っていないあの頃の恋(imomushi) 道路沿 続きを読む

受信 2004/04/17 23:01:14

» 短歌 [幸福の樹だよ から]
ひるやすみおこのみやきをたべたけどうまくやけずにとてもかなしい(松井鶴月) 続きを読む

受信 2004/04/17 23:05:01

» オトナのいろいろ [katan から]
かなしみとかなしみをかけあわせたら わかんないけどはだかのふたり (佐々木なふみ 続きを読む

受信 2004/04/17 23:38:23

» といめん [katan から]
真横より突き刺さるのは 対面(といめん)でほんとう話すひとの悲しみ (佐々木なふ 続きを読む

受信 2004/04/17 23:54:50

» カナシミ?! [杜花人 から]
洗っては 探しつづけた 洗っても 消えることない たばこの匂い    ( 続きを読む

受信 2004/04/18 0:10:35

» かなしみ。 [ハゴロモアンテナ から]
悲しみもアイツもいつも突然でずぶずぶくるし痛いからイヤ(緒川景子)... 続きを読む

受信 2004/04/18 1:11:33

» [tanka]「かなしみ」ってやつ [D R Y D R Y D A Y S から]
>| お互いに舐めあうための傷を付け合って満たされるから寂しい|< 自分の中ではいつも「かなしみ」≠「さみしさ・さびしさ」であるようで、今まで歌った... 続きを読む

受信 2004/04/18 10:10:27

» [歌]短歌日記「かなしみ」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-土曜日の夜なんて皆暇だよと思ってみてもやっぱ悲しい(出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))の2004. ... 続きを読む

受信 2004/04/18 10:12:03

» [tanka]「かなしみ」ってやつ [D R Y D R Y D A Y S から]
>| 涙など流すもんかと食いしばる奥歯ギリギリ虫歯の痛み|| お互いに舐めあうための傷を付け合って満たされるから寂しい|< 自分の中ではいつも「かな... 続きを読む

受信 2004/04/18 10:15:24

» 他のひと [杜花人 から]
届かない返信をまた待っている欲しい言葉は他の女に (杜花人) 続きを読む

受信 2004/04/18 12:24:03

» 三十路まで気づかないこと [杜花人 から]
分かることそのままやれば僕になる 誤魔化しつづけ気付けば三十路 (杜花人) 続きを読む

受信 2004/04/18 14:11:02

» やばいやばい2 [杜花人 から]
逃げていた短歌を書いて誤魔化した自分の心あるべき所 (杜花人) やばい、いくら 続きを読む

受信 2004/04/18 14:11:39

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_11.html [杜花人 から]
目の前で君はつぶやく落ちている ここにいるのに助けられない (杜花人) 救う 続きを読む

受信 2004/04/18 15:44:39

» 時代というもの [風のかけら から]
飢えはない でも幸せがわからない 私って誰 現代の悲しみ(翠風) 「現代」は、 続きを読む

受信 2004/04/18 17:03:09

» 悲しみにかわりばんこに冷えきってけふけふなんて咳きは知らない(木村比呂) [Hasta_luegoの日記 から]
  『枡野浩一のかんたん短歌blog』http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/ ですが、トラックバックがものすごいですね。いろんな人が詠んでいて面白いのであちこち ... 続きを読む

受信 2004/04/18 17:14:07

» 雨の風景 [ハルクの雑記帳 から]
雨にぬれ庭の草木がみずみずし流されて行く春が悲しい(久遠) 続きを読む

受信 2004/04/18 18:31:27

» 毛1 [仮操業 から]
あるだけの力でこの世恨んでも鼻毛はちゃんと伸びる哀しさ(辻郎)  そのままです。 続きを読む

受信 2004/04/18 21:46:53

» 毛2 [仮操業 から]
向き合った双子のように整えた眉毛が屈託なくてかなしい(辻郎)  女性を歌にするのは苦手だ。 続きを読む

受信 2004/04/18 21:47:29

» 毛3 [仮操業 から]
いつまでも忘れられない悲しみはさかさ睫毛のようにつっつく(辻郎)  わりといい出来だと思うのですが、どうでしょうか。 続きを読む

受信 2004/04/18 21:47:45

» 毛4 [仮操業 から]
悲しみやあらゆるものを処理しても耳毛のように老いるのだろう(辻郎)  耳毛ってなんか悲しい。 続きを読む

受信 2004/04/18 21:47:58

» 毛5 [仮操業 から]
伸びきったケツ毛をカットされに行く麻雀帰りいつも悲しい(辻郎)  「ケツの毛まで抜かれる」というフレーズは全国区ですか? 続きを読む

受信 2004/04/18 21:48:12

» せっかちに私の中に入り込み擦れ合うだけとてもかなしい [あずんのはなうた から]
せっかちに私の中に入り込み擦れ合うだけとてもかなしい(あず) 悲しいと感じる前は 続きを読む

受信 2004/04/18 21:51:28

» 合コン [なんでもほっけぇ~ から]
悲しいは 合コン誘えと 言っといて 奥さん怖くて 行けぬ性格(魚花) 奥さんに 続きを読む

受信 2004/04/18 21:58:22

» 1日で楽しみなのはお弁当 [杜花人 から]
仕事場でしたたるほどに汗流しやっと昼飯からあげ落とす (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/18 22:35:05

» かなしみ [仮操業 から]
にせものの愛にせものの物語だからほんとの歌をうたおう(辻郎)  ちょっと俗かな。  一首ごとにトラックバック変えた方がよい、  とのことでしたので... 続きを読む

受信 2004/04/18 23:13:48

» かなしみ [仮操業 から]
吐くほどに弾きたくなかったピアノでも指はショパンを覚えて悲しい(辻郎)  10年くらいピアノを習いました。  才能がなかった。絶対音感どころか相対音感さ... 続きを読む

受信 2004/04/18 23:16:58

» かなしみ(R指定) [仮操業 から]
石けんを使っていいか訊ねられ悲喜劇思いつつ使われる  不快に思う方すみません。 続きを読む

受信 2004/04/18 23:21:32

» コメント多謝です。 [うたうぶろぐ。 から]
桝野浩一のかんたん短歌Blogの「かなしみ」評その2で、トラックバックした短歌にコメントを頂いちゃいました。 うわー!すげー!マスノだよ!コメント欲しくて... 続きを読む

受信 2004/04/18 23:35:17

» [歌][投稿]短歌日記「かなしみ」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-寒いので食パン食べて怒られた褒めらたれってやっぱ悲しい(出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))の2004 ... 続きを読む

受信 2004/04/18 23:45:28

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_2.html [杜花人 から]
かなしみはかなしみのまま放置する触らないでねそのままでいい (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/19 0:08:08

» [歌][投稿]短歌日記「かなしみ」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-寒いので食パン食べて怒られた褒められたってやっぱ悲しい(出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))へ投稿。何 ... 続きを読む

受信 2004/04/19 0:55:14

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_3.html [杜花人 から]
僕たちはあんなにも恋焦れたがねるねるね~るねみたいなまずさ 続きを読む

受信 2004/04/19 0:55:32

» [短歌]かんたん短歌投稿 かなしみ04 [Hasta_luegoの日記 から]
「距離なんて想う気持ちの強さから決めるだけ」「でも悲しい声ね」 (木村比呂)    ウェブログがちょっとずつわかってきた…。  ふと思った…「桝野さんの丁寧なコ... 続きを読む

受信 2004/04/19 0:56:59

» だって難しい [杜花人 から]
コメントを誰もよこしてくれないのあららいつもの独り善がりね  (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/19 1:16:18

» ごめんね [杜花人 から]
夢の中死んだ犬から説教あの散歩コース嫌いなんだよ (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/19 1:29:42

» [短歌]短歌日記 [カキトメル から]
屋上のペットショップで気狂いのハツカネズミを眺めかなしむ(オカヤイヅミ) 続きを読む

受信 2004/04/19 2:06:07

» ひかりひかり [ゆらゆらでい から]
かなしくて腫れたまぶたを見開いた 外はもう春 ひかり ひかりだ(オカザキなを) 続きを読む

受信 2004/04/19 5:51:32

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_7.html [杜花人 から]
猫が見たつき返された花束を抱えてるぼく捨てられたぼく  続きを読む

受信 2004/04/19 12:50:30

» 裏切られても [杜花人 から]
ほんとはねきっとあのひといいひとよ君の口癖僕は好きだよ (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/19 13:34:20

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_10.html [杜花人 から]
こんなにも嫌いなのにさ不覚にも見つけてしまう君のかなしみ  (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/19 13:59:20

» かなしみ短歌 [クジラの日々 から]
かなしみに淋しさ溶いてふたをして一晩置けば甘く仕上がる (藤本)  投稿される短 続きを読む

受信 2004/04/19 17:00:52

» お題:かなしみ その5 [IS LIFE DELICIOUS? から]
うつしたいひとに見せたらかなしみがうつるのならばまよわず見せる(おざわなぎざ) 続きを読む

受信 2004/04/19 18:02:27

» お題:かなしみ その6 [IS LIFE DELICIOUS? から]
-かんたんに見透かされてしまうようなかなしみだった思えばぜんぶ(おざわなぎざ) 句またがり。それもかなり無理がありますね、、 続きを読む

受信 2004/04/19 18:03:04

» うつぎのはな [杜花人 から]
空木からこぼれる種を拾っては道しるべをね作っているの (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/19 18:28:50

» かなしみお題1 [ちっちゃなうーた から]
悲しくて流れ出てきた涙なら流れ流れて消えてけばいい(鷲家正晃) 涙の中にはスト 続きを読む

受信 2004/04/19 18:31:13

» 人の涙を溜め込む紫陽花 [杜花人 から]
たっぷりと雨を吸いこむ花手毬この街に住む人の数だけ (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/19 18:37:58

» かなしみお題2 [ちっちゃなうーた から]
何かその息苦しくて辛くってどうしたんだろう 何か悲しい(鷲家正晃) 理由はよく 続きを読む

受信 2004/04/19 18:44:26

» 戻り方がわからないよ [杜花人 から]
ぬけがらがぼくを探して叫んでるぼくを返して元に戻して (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/19 18:48:18

» 泣いたって同情なんかするもんかかなしいのなら勝手に泣けよ [■私設伏魔殿■ から]
泣いたって同情なんかするもんかかなしいのなら勝手に泣けよ (詠人不死) 続きを読む

受信 2004/04/19 19:01:35

» 泣いている君の寝顔はセクシーだ明日もきっと悲しませるよ [■私設伏魔殿■ から]
泣いている君の寝顔はセクシーだ明日もきっと悲しませるよ (詠人不死) 続きを読む

受信 2004/04/19 19:07:58

» 夜の悲しみ [仮操業 から]
影として寄り添っている悲しみと夜ごと1つになって寝ている(辻郎)  夜ごとって多分サザンの語彙だな。  最近は落ち着いてしまったんだけど、  高校の時... 続きを読む

受信 2004/04/19 19:14:58

» 守ったもの [仮操業 から]
悲しみを入れないためのバリケード 中に守ったものまだ有るか?(辻郎)  「城壁の中に守ったものまだあるか?」というフレーズは  ずっと前から頭の中にあっ... 続きを読む

受信 2004/04/19 19:15:33

» 自棄酒 [仮操業 から]
自棄酒の様に言葉を飲み下し嘔吐の様に紡ぐ悲しみ(辻郎)  なんか自傷系だな。 続きを読む

受信 2004/04/19 19:15:58

» 君からのメールは全て保護してる何度読んでも増えず悲しい [あずんのはなうた から]
君からのメールは全て保護してる何度読んでも増えず悲しい(あず) 読み返して増える 続きを読む

受信 2004/04/19 19:18:48

» 短歌作りに参加です #06 [お天道様は許しても から]
個室から 嗚咽が聞こえてかなしいけど 知らん振りしてトイレから出た (天国ななお 続きを読む

受信 2004/04/19 19:29:52

» まだかなしい。 [ハゴロモアンテナ から]
曇り空なまぬるい風歩道橋見下ろす景色 まだ悲しいや(緒川景子) ... 続きを読む

受信 2004/04/19 19:37:06

» 悲しみ4。 [ハゴロモアンテナ から]
続きを読む

受信 2004/04/19 20:05:58

» 悲しみ4。 [ハゴロモアンテナ から]
悪いわね 覚えてたのよ君の顔 悲しみがまだあった頃には(緒川景子) すみません。↑のトラックバック上手くいかなかったようで変ですね。これと同じものです。 ... 続きを読む

受信 2004/04/19 20:11:47

» かなしみお題3 [ちっちゃなうーた から]
瞑っても涙は溢れ出てくのは目に見えるものに泣いてないから(鷲家正晃) 2ヶ月も 続きを読む

受信 2004/04/19 21:27:36

» 花粉症 [なんでもほっけぇ~ から]
かなしいと 気づかせちまった その日から この花粉症 調子乗りすぎ (魚花) 続きを読む

受信 2004/04/19 21:36:47

» 新聞がみ(一) [HIMAGINE SIDE2 から]
哀しくて新聞がみの手触りはいなかの便所の暗がりの中 続きを読む

受信 2004/04/19 22:12:41

» [短歌]かんたん短歌投稿 かなしみ05 [Hasta_luegoの日記 から]
右足で踏みぬいていく悲しみのスローモーション深夜トラック (木村比呂) 続きを読む

受信 2004/04/19 22:43:45

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「かなしみ」その5 [PurpleMoon - Online Diary から]
無表情 作文演技も無才能 うれしさ伝えきれずかなしい (紫月美夜) すっかりハマっちゃっても短歌しかり、絵なんかもそうなんですけど、どうして学校の勉強じゃな... 続きを読む

受信 2004/04/19 23:10:23

» 短歌 [幸福の樹だよ から]
いまおもうかなしいときはどんなときかのじょにおもいつうじないとき(松井鶴月) 続きを読む

受信 2004/04/19 23:31:01

» とりあえず探しにいこう牛丼を悲しくたって腹は減るだろ [■私設伏魔殿■ から]
とりあえず探しにいこう牛丼を 悲しくたって腹は減るだろ (詠人不死) 続きを読む

受信 2004/04/20 0:10:02

» ○ここで一句 [My Melancholy Blogs から]
かなしみかそんな感情あったかな無味乾燥なイッツマイライフ む、なんだかほんとに 続きを読む

受信 2004/04/20 1:40:20

» とりあえずツッコミをいれておく。 [■私設伏魔殿■ から]
短歌の場合は、一句じゃなくて一首と言います。 枡野浩一のかんたん短歌blogの「かなしみ」評その2 続きを読む

受信 2004/04/20 9:29:43

» 短歌TB7 [気まぐれ通信 から]
花接写「1つ間違うとジャポニカ学習帳ね」いわれ悲しい(秋野道子) *ジャポニカ 続きを読む

受信 2004/04/20 13:44:39

» 短歌TB8 [気まぐれ通信 から]
転校生えっと4回なりました別れだんどる癖は悲しい(秋野道子) 続きを読む

受信 2004/04/20 13:47:10

» 5作目。 [◆ My Handmade Life から]
「悲しい」と口に出したら出しただけ嘘っぽくなる気がしませんか (ゆん) 続きを読む

受信 2004/04/20 14:21:43

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_15.html [杜花人 から]
悲しみが重なりあってパタパタと羽を生やしてかえっていった (森三弥) 続きを読む

受信 2004/04/20 14:51:54

» 6作目。 [◆ My Handmade Life から]
かなしみが君の眉間に滲んでて条件反射で笑顔を作る (ゆん) 続きを読む

受信 2004/04/20 15:17:02

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_16.html [杜花人 から]
カナシミはジーパンの裾にくくりつけひきずってゆけ千切れてくまで (森三弥) 昔 続きを読む

受信 2004/04/20 15:19:05

» <詩歌>「返歌テロル」プロジェクトその1。 [とすいてどっばりべりべ から]
日曜の午後二時にふと思い出す割れただるまは今もかなしい(佐々木あらら) ※麦生さんの短歌、「友達とだるまを投げて遊んだらだるまが割れてとてもかなしい」... 続きを読む

受信 2004/04/20 20:33:55

» [短歌]かんたん短歌投稿 かなしみ06 [Hasta_luegoの日記 から]
悲しみをたくさん出してまだ生きて頭寒足熱あとは任せて (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/04/20 21:07:00

» 寒いから [仮操業 から]
寒いから着たまましよう布二枚隔てた肌の淡いぬくもり(辻郎)                  ↑ 寒いから着たまましよう布二枚隔てた肌の淡いかなしみ(辻郎)... 続きを読む

受信 2004/04/20 22:44:03

» かなしみ(その1) [タンタカタンカ から]
悲しみをわかろうとすることがまた悲しみを生むグルグルピエロ(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/04/20 23:24:39

» かなしみ(その2) [タンタカタンカ から]
誰かのと比べてみるまで気づけない相対的に僕はかなしい(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/04/20 23:31:29

» かなしみ(その3) [タンタカタンカ から]
悲しみは私語を慎み腕を組み少し離れて眺めるものだ(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/04/20 23:34:01

» かなしみ(その4) [タンタカタンカ から]
悲しみの理由はみんなおんなじで悲しいことが悲しい理由 続きを読む

受信 2004/04/20 23:36:31

» ダッシュで逃げろ [ゆらゆらでい から]
悲しいと呼吸困難意気消沈 酔い果てちまうぞダッシュで 逃げろ!(オカザキなを) 続きを読む

受信 2004/04/20 23:39:47

» [雪心 から]
かくれてもまたかくれてもついてきて猫のようにはだませぬ悲しみ  (真夜)     続きを読む

受信 2004/04/20 23:51:00

» わすれないでね。 [雪心 から]
かなしみの心はこまめに水をやりいつも日なたに置いて下さい   (真夜)     続きを読む

受信 2004/04/20 23:52:46

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「かなしみ」その6 [PurpleMoon - Online Diary から]
ヒツジの数かぞえるみたいに「悲しい」と言い続けてなよいずれ飽きるよ (紫月美夜) 「言い続けなよ」で7文字に収めるかどうか悩んだのですが、こっちにしました。... 続きを読む

受信 2004/04/21 0:34:54

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_17.html [杜花人 から]
父親を励ます為のツッコミが悲しみになる豆腐屋の音 (三弥) 続きを読む

受信 2004/04/21 1:36:22

» かんたん短歌。その2。のまき。 [さすらい人、夏瑠の多忙な日常 から]
かなしさに なみだこらえて しごとする さみしいからだ にじんだせかい <夏瑠> 続きを読む

受信 2004/04/21 1:50:23

» かなしみ [kodomoso から]
どちらかがかなしい時はトンカツをおごる約束かわすゆびきり(米光一成) 実話。い 続きを読む

受信 2004/04/21 1:51:24

» 焼野原短歌 [ああ、焼野原。 から]
低血糖 独りで倒れて床を這い 猫に餌やる私はかなしい(焼野原グリコ) ひとりぐらし・27歳・骨皮スジコのわたくしが3日前、朝起きたときに体験した出来事を短... 続きを読む

受信 2004/04/21 2:06:15

» <詩歌>カンボジアのことを突然思い出した [→ここです!→べりべり。 から]
バナナ園シーズンオフに母と来る ワニは哀しい 父に似ている(佐々木あらら) 枡野浩一のかんたん短歌blogに投稿してしまいました、とさ。 続きを読む

受信 2004/04/21 3:35:13

» [短歌]かんたん短歌投稿 かなしみ07 [Hasta_luegoの日記 から]
絵を描いた日には悲しい青空も画布のあなたも透る群青 (木村比呂) 続きを読む

受信 2004/04/21 5:57:13

» 夏でした [月の砂漠 から]
あの夏のバイクは君を乗せたまま帰ってこないとてもかなしい(月波まさこ) こない 続きを読む

受信 2004/04/21 11:23:06

» [歌][投稿][枡]短歌日記 「かなしみ8」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-同時には思い出せない過去がある悲しい過去と幸せな過去 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿歌。 続きを読む

受信 2004/04/21 11:33:39

» かなしみはきみやぼくにも遺伝した遠いどこかのだれかの記憶 [■私設伏魔殿■ から]
かなしみはきみやぼくにも遺伝した遠いどこかのだれかの記憶 (詠人不死) 続きを読む

受信 2004/04/21 13:57:24

» かなしみ11 [+++cahier bleu+++ から]
☆予習した悲しみなのにすんなりと出ない答えに立ちつくしてる(小野伊都子) 続きを読む

受信 2004/04/21 14:32:21

» かなしみ12 [+++cahier bleu+++ から]
☆短歌って長いほう?とか聞かれると合ってはいてもちょっと悲しい(小野伊都子) 続きを読む

受信 2004/04/21 14:33:53

» かなしさ [のけぞる猫背 から]
着信を 拒否され気づく かなしみを 押し付けられた きみの重たさ (林野つみき)... 続きを読む

受信 2004/04/21 16:35:42

» かなしみ [ から]
さめざめと涙流して悲しめば鏡を覗く楽しみが ほら(佐藤千花) 続きを読む

受信 2004/04/21 18:56:25

» かなしみ [ から]
おとこでも悲しいのなら泣けばいい今日だけ私母になるから(佐藤千花) 続きを読む

受信 2004/04/21 18:58:36

» かなしみ [ から]
お手上げだ 悲しいくらい好きなこと気づかされたよあたしの負けだ(佐藤千花) 続きを読む

受信 2004/04/21 19:00:26

» かなしみ [ から]
いつの日も冷めた横顔見つめてた悲しかったな バイバイあんた(佐藤千花) 続きを読む

受信 2004/04/21 19:01:33

» かなしみ [ から]
「俺だって悲しかったよ」だから何 今さらわたし揺さぶらないで(佐藤千花) 続きを読む

受信 2004/04/21 19:02:46

» かなしみ [ から]
人生にかなしみ加え愉しめと 神よあなたは意地悪を言う(佐藤千花) 続きを読む

受信 2004/04/21 19:03:49

» かなしみ [ から]
わすれられポツンとなったかなしみはひとりでそっと風にとけこむ(佐藤千花) 続きを読む

受信 2004/04/21 19:52:23

» ごきぶりのうた [な〜んちゃって通信 から]
ママレモンかけようとするわれの手をじっと見ているごきぶりかなし(高田駝鳥) 続きを読む

受信 2004/04/21 19:53:54

» 朗読 [な〜んちゃって通信 から]
無言にて舞台去るとり影かなし岸田今日子のうたう朗読(高田駝鳥) 続きを読む

受信 2004/04/21 19:56:52

» 投稿01・かなしみ [ことのは から]
生きていく支えをなくし戸惑いて 悲しみだけが押しよせる(おうめ) さていよいよ 続きを読む

受信 2004/04/21 21:15:57

» 本望 [仮操業 から]
飽きるまで言い続けたい「悲しい」と 卒業できるのならば本望(辻郎)    紫月さんの歌に思うところあって。  感じ悪いかもしれないですが、  思いついて... 続きを読む

受信 2004/04/21 21:29:40

» かなしみ [ことりみそひと から]
かなしみを名づけてしまえあたらしいカテゴリーなら新規登録 続きを読む

受信 2004/04/21 21:48:05

» 行間が色褪せていく悲しさよ想いと距離を躊躇う親指 [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
ある僕の知り合いの「悲しい」状況を詠んでみました・・・。 状況が改善できればいい 続きを読む

受信 2004/04/21 22:38:13

» ふりむけば [杜花人 から]
ふりむいたかおにはなみずたれてても悲しいぐらいきみがすき (水牧三弥) 続きを読む

受信 2004/04/21 22:50:56

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_18.html [杜花人 から]
こちらから別れを告げたつもりでも悲しいほどに夢にでてきて (水牧三弥) 何でこ 続きを読む

受信 2004/04/21 23:09:17

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_19.html [杜花人 から]
問いかけた子どもの方が正解を知っていたんだ悲しいことに (水牧三弥) 昔、学校 続きを読む

受信 2004/04/21 23:43:48

» [歌][投稿][枡]短歌日記 「かなしみ9」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-安酒は悲しいのですしかしまた飲むより先に既に後悔 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿歌。 二重投稿は禁止と ... 続きを読む

受信 2004/04/21 23:53:35

» 陶芸編 [杜花人 から]
叩きつけ壊してみても悪いのは悲しいけれど器じゃない (水牧三弥) 特に、陶芸を 続きを読む

受信 2004/04/22 0:06:44

» かなしみトラバ(2) [96296PANDA から]
かなしみによく似たかたち そらの雲 ふわりと消えるいつかは消える(きよせなつの) 最初は、 かなしみのかたちによく似た ひこうき雲 いつか消えるさふわりと消える... 続きを読む

受信 2004/04/22 0:11:30

» かなしみトラバ(3) [96296PANDA から]
くらやみに ぽつりとどまるポリ袋 猫とまちがうなんてさみしい(きよせなつの) 野良でここ1年ぐらい会っていない猫が居るのです。 いつもその猫が居た場所付近、なん... 続きを読む

受信 2004/04/22 0:12:51

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「かなしみ」その7 [PurpleMoon - Online Diary から]
初夏の陽が焼いているのは目の奥の暗がりに住むかなしいわたし (紫月美夜) 最近すっかり「1日1首」状態です。 「春の陽」は優しいイメージだし、「夏の陽」じ... 続きを読む

受信 2004/04/22 0:41:42

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/04/post_21.html [杜花人 から]
わたしはねひとりが好きで悲しみはひとりが嫌い気づくとそばに (水牧三弥) もの 続きを読む

受信 2004/04/22 1:09:55

» かなしみについて [ゆらゆらでい から]
今月、枡野浩一のかんたん短歌で「かなしみ」というお題をみかけたときからずっと、 続きを読む

受信 2004/04/22 1:42:08

» 朗読2 [な〜んちゃって通信 から]
無言にて舞台去るとり影かなし岸田今日子の素の朗読に 続きを読む

受信 2004/04/22 9:16:22

» 星のバザール [な〜んちゃって通信 から]
「歌えない」一言かなし去るとりの岸田今日子の「星のバザール」(高田駝鳥) 続きを読む

受信 2004/04/22 10:07:35

» こりない [だるだる日々不覚 から]
うつむいて肩を震わせる君を抱きしめられない俺がかなしい (田久保化石) 新しい 続きを読む

受信 2004/04/22 15:49:40

» 先週の金曜 [まるぴょん から]
プレゼンがうまくいった帰り道やたら空腹アンパンを喰う 丸山芳子 続きを読む

受信 2004/04/22 22:02:41

» 今週の木曜 [まるぴょん から]
成功と思ったプレゼン受注せず千円分の菓子をやけ喰い 丸山芳子 続きを読む

受信 2004/04/22 22:04:33

» かなしみ [きらきらひかる から]
悲しみを 食べていく君 人生の かけがえ 続きを読む

受信 2004/04/22 22:13:02

» 短歌作りに参加です #07 [お天道様は許しても から]
個室から漏れる嗚咽のかなしみを気付かぬふりしてトイレから出る (天国ななお) 続きを読む

受信 2004/04/22 22:35:49

» あてはまることばなし [katan から]
結婚も離婚もやってみたけれどかなしくないしうれしくもない (佐々木なふみ) あ 続きを読む

受信 2004/04/22 22:40:55

» かなしみ [ひつじUP から]
そばにあるやさしさよりもかなしみに惹かれていった犬を拾った ごめんなさい。 初 続きを読む

受信 2004/04/22 23:21:37

» 副詞をあつめよう [目をつぶる瞬間にブログ から]
自転車で帰る途中に気がついた どうやら結構かなしいらしい(古賀 及子) かんたん短歌blogはトラックバックの短歌を読んでいると面白い接続詞や副詞がいっぱいあ... 続きを読む

受信 2004/04/22 23:24:30

» かなしみ [ひつじUP から]
そばにあるやさしさよりもかなしみに惹かれていった犬を拾った (野上 由) ご 続きを読む

受信 2004/04/22 23:34:46

» [歌][投稿][枡]短歌日記 「かなしみ10」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-悲しいと胃が痛くなる 薬飲むその錠剤の軽さ悲しい 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿歌。 続きを読む

受信 2004/04/23 0:04:58

» かんたん短歌 「かなしみ」その5 [swing から]
どうしたの? 眉間にイライラ隠してる でも優しいね 少し悲しい(吉見マキ) 続きを読む

受信 2004/04/23 0:51:33

» [短歌]かんたん短歌投稿 かなしみ08 [Hasta_luegoの日記 から]
雑踏を見てるなんにも見ていない 夕方メール かなしいですか (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/04/23 1:06:35

» 悪い男 [距離感 から]
悲しんでいることにもう飽きたので悲しみの果て見に行って来た(ごみたゆうこ) 続きを読む

受信 2004/04/23 1:40:11

» かんたん短歌「かなしみ」 その4 [swing から]
バラードで泣いちゃう程度の悲しみで 死にたいなんて言わないでくれ(吉見マキ) 続きを読む

受信 2004/04/23 2:30:40

» [杜花人 から]
少しだけひたしてみたの悲しみに片手だけただ泣きたくて手のきおくだけ (水牧三弥) 続きを読む

受信 2004/04/23 2:39:08

» 31文字にこめるもの [swing から]
たまには短歌以外の投稿もしましょい。 短歌blogを始めたのは、確実に枡野さんの影響でございます。 一年ぐらい短歌をきちんとつくることから離れていたので... 続きを読む

受信 2004/04/23 9:52:22

» 笑について [サムニラクゥイ から]
・昼過ぎに起きていいともちょっと見る。許可はされても笑えないけど。 ・スマイルが0円なんてありますが、あなたの時給に含まれてない? ・腹筋が痛くて会社を休み... 続きを読む

受信 2004/05/05 2:31:15