« トラックバックのお約束 | トップページ | 「かなしみ」終了、次のお題発表 »

2004.04.22

< 「かなしみ」評その3 >

 今週は「174」の投稿をかなしく拝読しました。
 この連載を引き受けたときはこんなに投稿があるとは思っていなかったので、毎週1首か2首とりあげてコメントすれば充分だろう、楽々な仕事だ……とタカをくくっていました。
 甘かった。今やってる仕事の中で一番大変。だまされた気分でいっぱいです。
 ……という言い方で嬉しさを表現してみました。
 この連載はとりあえず3ヵ月は続きます(あと2ヵ月と1週間)。その先は未定です。そのうち投稿しよう、とか思っていると投稿できなくなってしまうかもしれないので、気になった人は今すぐ参加してくださいね。
 本当は、細く長く淡々とタメ息のように続けたい連載なんですけどね……ままならない。


 皆さんのレベルがなんとなくわかってきたので、だんだん短歌を見る目が厳しくなっています。
 私は今までいろんな場所(テレビやラジオや雑誌やトークライブ)で投稿短歌を見てきましたが、ココログの投稿のアベレージは高いと思います。ふだんから言葉で何かを伝えようとしてきた人々が集まっているからなのでしょうか。
 ただ、全体的に「読める」作品は多いけれども、その反面「こ、これは!」と唖然とするような作品はあまりありません。
 『かんたん短歌の作り方』(筑摩書房)の元になった連載は、今はなき「キューティ・コミック」という女性漫画誌に載っていたのです。短歌どころか活字にも興味がないというキューティな読者たちから、それはそれは変テコな作品が次々と届いていました。
 もし、あなたのまわりに短歌なんか一生つくらなそうで、でも飛び抜けて面白いやつがいたら、ココログに呼んでやってください。(そういうやつは、パソコンやってないのかなあ……)
 見たこともないような短歌が見たいです。

 というわけで評です。
 今週は投稿順ではなく、恣意的にとりあげる順番を決めました。

 まず、おわびがあります。
 前回、「字足らずで頑固」だと指摘した、

教室の机に顔を埋め込み泣いていたのを思い出したよ (緒川景子)

 ……は、じつは字足らずではありませんでした。おわびして訂正します。
 詳細は、こちらをご覧ください。ただし、「頑固」というのはどうも当たってる気がしてならず、訂正しないでおきます。
 そういえば今週、別の人が「擦れ合う」という言葉をつかった短歌を投稿していましたが、これも「こすれあう」「すれあう」の2通りの読み方があります。誤読されないように、工夫してみてください。


悪いわね覚えてたのよ君の顔 悲しみがまだあった頃には (緒川景子)

 以前の投稿作の改訂版ですね。一応、まとまったと思います。
 緒川景子さんのblogをさかのぼって読むと、元の歌がどういう推敲を経てここにたどりついたのかがわかって面白いです。私もコメントを寄せています。必読。


アラステキ 大作なのね泣けたのね 泣けるのなんか悲しみじゃない (オカザキなを)

 これも以前の投稿作の改訂版。オカザキなをさんのblogも、さかのぼって読んでみてください。
 アドバイスしたのが同じ人(枡野浩一)なので、緒川景子さんの短歌とオカザキなをさんの短歌の文体が、それぞれ少し似てしまったのはちょっと残念。この文体はピアノでいえばバイエルみたいなもの(……ちがうかな)。こういう基本の書き方もできる、と知った上で、どんどん逸脱していってください。
 オカザキなをさんの「泣けるのなんか悲しみじゃない」は、一番最初に投稿した案も、捨てなくていいですよ。


 ここでちょっと講義。
 べつに枡野浩一ひとりで確立した文体ではないと思いますが、昔こんな短歌をつくりました。

冗談はさておきという一言で気づきましたよ 冗談ですか (枡野浩一)

 ……で、佐藤真由美さんがその文体を引き継いで、こんな傑作をつくりました。

この煙草あくまであなたが吸ったのね そのとき口紅つけていたのね (佐藤真由美)

 この傑作をわざと失敗作につくりかえると、こうなります。

口紅のついた煙草をあくまでも俺が吸ったと言い張る男 (失敗作)

 ね、駄目でしょう? この失敗作を私は「あらすじ短歌」と呼んでいます。
 新聞歌壇なんかには、「あらすじ短歌」と呼びたい作品がたくさん掲載されています。皆さんはぜひ、「あらすじ短歌」からの脱却をめざしてください。


さっきまで泣いてたカラスがもう笑う 悲しみなんてほんとでウソだ (オカザキなを)

 オカザキなをさんの新作。
 「悲しみなんてほんとでウソだ」というフレーズはいいのですが、前半が単なる説明になってしまいました。もうひと工夫!


花中葬 今は悲しいまま進み いつか追い抜くつもりの二十歳 (木村比呂)

 これは面白い。
 「今は悲しいまま進み いつか追い抜くつもりの二十歳」……なんというか、すでに名作みたいな颯爽とした佇まいを持った短歌です。
 描かれているシチュエーションは正直わかりにくい。でも言葉のリズムの説得力が強いから、心が釘づけになってしまいます。
 「花中葬」といった、それ自体で過剰なほどの「物語」「詩」を感じさせてしまう言葉をいれるのは私の好みではないのですが、これはこれで完成してるのかも。
 でも、あなたの中に具体的に伝えたいイメージがあって、本当はそれを的確に伝えたいのにうまくいってない気がする、という場合は、また推敲して投稿してみてください。


右足で踏みぬいていく悲しみのスローモーション深夜トラック (木村比呂)

 同じく木村比呂さんの作品。
 「深夜トラック」という言葉が、ただの説明になってるというか、正しくハマってない部品に見えてしまうというか。
 でも「右足で踏みぬいていく悲しみのスローモーション」というところは、なんかいい感じ。
 そうだな……やや雰囲気重視かな。作詞だったら、こういうの通用するんだけど。
 あなたはきっとセンスがいい。ほかの新作を拝読してみると、今後そのセンスに溺れてしまいそうな予感がするところが気になるけれど、今は着々と1首ずつ投稿してみてください。


悲しみは私語を慎み腕を組み少し離れて眺めるものだ (伊勢悟史)

 悲しみを客観視しよう、という姿勢にひかれました。「私語を慎み」のところがいいですね。
 無駄も無理もない1首です。


吐くくらい弾きたくなかったピアノでもトロイメライを弾ける悲しみ (辻郎)

 これは微妙。
 私は大嫌いなピアノを習っていた経験があるし、じつはバイオリンまで習っていました。街でふとクラシックを耳にして、「この曲、弾いたことある……下手だったけど」と、悲しみにひたることがよくあります。
 なので、この短歌に描かれていることに共鳴してしまうのですが、うーん、表現はもっと工夫できるでしょう。
 前半の「吐くくらい」はやや言葉がナマすぎる感じ。後半も、たとえば「トロイメライが弾けて悲しい」とするだけでも印象ちがいます。
 ご検討を。


低血糖 独りで倒れて床を這い 猫に餌やる私はかなしい (焼野原グリコ)

 ……すごい筆名ですね。ライバルは辛酸なめ子さん?
 あなたのような書き方をしている人がとても多かったので、一例として取り上げました。内容だけ見れば、あなたの作品は比較的面白いほうだったので。
 でもこれは、実際に経験したことの「あらすじ」ですよね。添えられているエッセイのほうが、かなしさをいきいきと伝えています。
 『かんたん短歌の作り方』(筑摩書房)でも書きましたが、エッセイや小説にしたほうがより面白く表現できることは、短歌にしないで。エッセイや小説にしてください。
 「低血糖」といった説明的な一語があるだけで、短歌は台なしになってしまいます。説明をいれてもいいのですが、それが説明に見えない書き方(「説明」でなく「描写」になってる書き方)を考えてみてください。もしくは、説明なら説明ばかりで徹底させれば、それはそれでまた別の完成度のある短歌になります。
 焼野原グリコさん以外の皆さんも、これは「あらすじ短歌」になっていないか? と、常に自問してみましょう。


バナナ園シーズンオフに母と来る ワニは哀しい 父に似ている (佐々木あらら)

 これも前半は「あらすじ短歌」っぽい。
 でも後半の「ワニは哀しい 父に似ている」がいいと思いました。つまり、父が哀しいわけね。
 ここを活かして、「あらすじ短歌」でなくするにはどういう角度で書いたらいいか、苦しんでみてください。
 「バナナ園」は正しくは「バナナワニ園」ですよね。そういう省略は無理矢理するとキズに見えてしまいます。
 ご健闘を。


 次週、「かなしみ」の最終回です。
 ご参考までに、ここで枡野浩一のかなしみ短歌オールキャストを紹介しておきます。

かなしみはだれのものでもありがちでありふれていておもしろくない

他人への怒りは全部かなしみに変えて自分で癒してみせる

結婚はめでたいことだ 臨終はかなしいことだ まちがえるなよ

かなしみにもしも重みがあったならおまえ三匹程度かなしい

ただひとつ悲しいことがあるだけで私の中のすべてが黒い

神様というのは君のしたことを悲しんでいる誰かのことだ

 最後の1首は、『君の鳥は歌を歌える』(マガジンハウス/角川文庫)収録作で、村上龍の小説『ラブ&ポップ』(幻冬舎文庫)を「短歌化」したものです。(ただし、『ラブ&ポップ』を読んでこの短歌をつくれる人はほかにいないと思うので、枡野浩一のオリジナル度の高い「短歌化」ですが)
 調べてみると「かなしみ好き」ですねー、枡野浩一。皆さんも負けずに、思う存分、かなしんでください。

2004 04 22 11:28 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/479843

この記事へのトラックバック一覧です: 「かなしみ」評その3:

» 短歌日記:お題/かなしみ [来襲 から]
かなしみは自分の両手で押し流そう和式便所は膝で流そう(matterhorn) タイムリーすぎて全然笑えませんが。 続きを読む

受信 2004/04/23 13:33:56

» <詩歌>枡野さん、どうでしょうか……。 [べりべりばっどていすと から]
笑ったりすればいいのに熱川のワニは哀しい父に似ている (佐々木あらら)  改作してみた。その検討過程はこっそりとここに。 枡野浩一のかんたん短歌blogに再投稿。 続きを読む

受信 2004/04/23 15:29:44

» かなしみ(7) [タンタカタンカ から]
……で話って?悲しいことがあったって?うどんが煮えてきたからあとで(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/04/23 18:27:53

» 背中かなしい [katan から]
だめだこのひとは あたしを見ていない 無防備すぎる背中かなしい (佐々木なふみ) 続きを読む

受信 2004/04/23 18:39:50

» <詩歌>またなんですが枡野さん……。 [べりべりばっどていすと から]
見た目ほど怖くないのを知るほどにワニは哀しい 父に似ている(佐々木あらら) 枡野浩一のかんたん短歌blogに再々投稿。 ---- ※ けっして... 続きを読む

受信 2004/04/23 18:44:52

» かなしみの短歌 [てふろぐぽっぷこーん から]
彼消えた こころは何故か そのままで かなしめなくて それがかないしい (ペンネ 続きを読む

受信 2004/04/23 18:46:47

» かなしみの短歌 [てふろぐぽっぷこーん から]
彼消えた こころは何故か そのままで かなしめなくて それがかなしい (ペンネー 続きを読む

受信 2004/04/23 18:52:36

» かなしみお題4 [ちっちゃなうーた から]
嘘だから心配ないよ大丈夫 悲しいなんて嘘でしかない(鷲家正晃) 悲しいって嘘。 続きを読む

受信 2004/04/23 19:30:43

» かなしいのだ [てふろぐぽっぷこーん から]
みみず喰う 雀を食べる からす喰う 鷹をたべたら かなしいべさ(点天) 特にコ 続きを読む

受信 2004/04/23 19:38:26

» 投稿02・かなしみ [ことのは から]
寂しいな少し甘えて寄り添えば そっと離れるあなたが悲し(おうめ) 実際にはそう 続きを読む

受信 2004/04/23 20:53:26

» 投稿03・かなしみ [ことのは から]
しとしとと雨音だけを肴にし 悲しみ飲んでひとり味わう(おうめ) うーん、やっぱ 続きを読む

受信 2004/04/23 21:01:02

» 改作 [仮操業 から]
あんなにも弾きたくなかったピアノでもトロイメライを弾けて悲しい (辻郎) あんなにも従順だった夏の日のトロイメライを弾けて悲しい(辻郎)  「あの」... 続きを読む

受信 2004/04/23 21:10:00

» 言い訳 [仮操業 から]
一日に何十回も肺胞を壊している生きている 悲しい(辻郎) 言い訳はするな 私の歌なんだ私が愛せなくてどうする(辻郎)  でも言い訳って大事だったり... 続きを読む

受信 2004/04/23 21:10:55

» 信者と神 [仮操業 から]
「なぜですか?なぜ悲劇をも起こされる?」「ああすまん君、忘れとったわ」 信者「なぜこの世に悲劇起こされる?」神「ああすまん、忘れとったわ」 ... 続きを読む

受信 2004/04/23 21:12:40

» 朝起きて「かなしいかったのなんだろう」 思い出せない まあいいのかも [てふろぐぽっぷこーん から]
かなしいですよね。こういう場合って、悲しい事態だけが残されている訳ですね。眠ると 続きを読む

受信 2004/04/23 21:14:09

» 体位 [仮操業 から]
この体位試したことのない君と悲しんだりはしない六月(辻郎)  写真や絵にできなくて、短歌にできることは何か、  と考えたとき、それは「否定」ではないか。... 続きを読む

受信 2004/04/23 21:14:25

» 短歌らしくアレ [それ から]
かなしくて20分で焼きあがる ちとしょっぱい元気クッキー (うゐ) 短歌考えてるのに 5.7.5.7.7 にならないのは何でかなと ここを読みながら考える。 ... 続きを読む

受信 2004/04/23 22:48:39

» 墓もなく(かなしい光景) [てふろぐぽっぷこーん から]
墓もなく犬横たわる車道ぶち 抱き上げていた抱き上げていた(点天) 元歌は俳句で 続きを読む

受信 2004/04/23 22:48:47

» 悲しみを! [ハゴロモアンテナ から]
いつまでも語り継がれる悲しみを! 期待しながら遠くにいます(緒川景子) 最初浮かんだのはこれ。 いつまでも語り継がれる悲しみを残しあたしは伝説になる... 続きを読む

受信 2004/04/23 23:30:37

» だるま改訂 [block-notes から]
おじさんとだるまを投げて遊んだらだるまが割れてとてもかなしい(青木麦生) 続きを読む

受信 2004/04/24 0:18:42

» テーマ 「かなしみ」 短歌 [chercher から]
やわらかい光と花に満ち溢れ繰り返す春また一人去る(薫翠月萌) 心が痛む死に出遭うのは、どうして命が芽吹く春なのでしょう。。。 続きを読む

受信 2004/04/24 0:33:46

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「かなしみ」その8 [PurpleMoon - Online Diary から]
悲しみに痛むココロは幸せを喜ぶココロどうか無くさずに (紫月美夜) ここのところ、毎週金曜日の午前11時あたりが楽しみです。なぜって枡野浩一のかんたん短歌b... 続きを読む

受信 2004/04/24 1:18:05

» 太郎 [雪心 から]
時差なんだ知るとかなしい留守電の返事ないけど「このうちいます!」  続きを読む

受信 2004/04/24 1:22:38

» せれくてぃぶなものだと思うので [GreGreGreenCafe から]
そんなには売れないだろうコンビニでかなしみ止めが売られていても(坂口犬) かな 続きを読む

受信 2004/04/24 1:23:09

» これはきびしい。 [■私設伏魔殿■ から]
枡野浩一のかんたん短歌blogの「かなしみ」評その3での指摘。  私は今までいろんな場所(テレビや 続きを読む

受信 2004/04/24 1:45:11

» きたないことば [雪心 から]
かなしくてきたないことばつかうのかつかうからかなしいのか不明 続きを読む

受信 2004/04/24 1:50:28

» かな [+++cahier bleu+++ から]
☆雨の日は動物園のヤブイヌの隣にできるカナシミの檻(小野伊都子) 雨の日の動物 続きを読む

受信 2004/04/24 2:45:12

» 焼野原短歌 [ああ、焼野原。 から]
かなしいね 遠くのあの子は車椅子 それが鏡と気付いてさらに(焼野原グリコ) 前のブログ、不幸系TPO 病院での検査外来ファッションで書きましたように、バリ... 続きを読む

受信 2004/04/24 5:25:42

» 太くて長くて熱いのが好きなの [ゆらゆらでい から]
って思うのだけれど、ダメですか?枡野浩一さん。だってその方がきっと素敵。 でも毎 続きを読む

受信 2004/04/24 5:29:16

» かなしさを詠みて思う [てふろぐぽっぷこーん から]
かなしさは詠めば詠むほど蟻地獄 枡野選者にはめられちゃった(点天) 枡野さん、 続きを読む

受信 2004/04/24 7:05:35

» かなしみ(その8) [タンタカタンカ から]
伊勢さんの伊勢さんによる伊勢さんのための悲しみだから滑稽(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/04/24 9:30:58

» 少し「寝かせる」べきでしょうか。。 [仮操業 から]
好きだった優しい歌から拒まれた トロイメライを弾けて悲しい 鍵盤はいつも私を拒んでた トロイメライを弾けて悲しい 五線紙の檻が私を閉じ込めた トロイ... 続きを読む

受信 2004/04/24 15:11:16

» かなしみ習作1 [てふろぐぽっぷこーん から]
かなしみをこらえつづけて歩む道 何か不思議に照らされていた(点天) 第1稿とい 続きを読む

受信 2004/04/24 17:08:43

» お題「かなしみ」 [仮想円形温室 から]
こんなのはどこにでもある話だからみんなとおなじように悲しい(佐野水美) 枡野浩 続きを読む

受信 2004/04/24 18:32:20

» <詩歌>ワニはどこ行った。 [べりべりばっどていすと から]
元彼を笑い話にできたとき目じりにしみるあれが悲しさ(佐々木あらら) くどいようだが枡野浩一のかんたん短歌blogにまたまた投稿。 ---- <「べりべり」... 続きを読む

受信 2004/04/24 19:12:43

» [短歌]かんたん短歌投稿 かなしみ10 [Hasta_luegoの日記 から]
悪夢なら見たよフルーツライスにはミルクを注ぎいつも悲しい (木村比呂) 続きを読む

受信 2004/04/24 19:51:52

» [短歌]かんたん短歌投稿 かなしみ11 [Hasta_luegoの日記 から]
「悲しいよ!」あの煙にはわからないそれでもいいさこんな骨より (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/04/24 19:52:26

» <詩歌>ワニ、覚えてますか? [べりべりばっどていすと から]
春の池 のたりのたりのナイルワニどこか哀しい 父に似ている(佐々木あらら) もう勘弁してくれ、という声も聞こえるが懲りずに「枡野浩一のかんたん短歌blog」に... 続きを読む

受信 2004/04/24 21:51:34

» かんたん短歌 [Ideal Break から]
バブル組と蔑むなら蔑め無視されるともっと悲しんだ (牛兵) なんか、やっと「<a href="http://masuno-tanka.cocolog-nifty... 続きを読む

受信 2004/04/24 22:13:02

» てっぺんに見える見えないタケコプターどちらか捨てる悲しまぬため [あずんのはなうた から]
てっぺんに見える見えないタケコプターどちらか捨てる悲しまぬため(あず) てっぺん 続きを読む

受信 2004/04/24 22:17:58

» 短歌作りに参加です #08 [お天道様は許しても から]
かなしみは僕の知らない君のこと君の知らない僕のことすべて (天国ななお) 歌人 続きを読む

受信 2004/04/24 22:21:46

» かなしみ初投稿 [花の雫 から]
「かなしみはアポもとらずに押しかけて滞在期間も告げやしない」(児玉かずら) む 続きを読む

受信 2004/04/24 22:23:42

» また・悲しみ [のけぞる猫背 から]
そこじゃない さっき触ってくれたとこ あっちのほうが 悲しかったよ (林野つみき)... 続きを読む

受信 2004/04/24 23:16:43

» カンタンタンカブログ! [りんぐりんく から]
かなしみは いったいどこにあるのかな しみみたいに ぼくのなかに (ナシノ) 枡 続きを読む

受信 2004/04/24 23:35:40

» カンタンタンカブログ! [りんぐりんく から]
かなしみは いったいどこにあるのかな しみみたいに ぼくのなかに (ナシノ) 枡 続きを読む

受信 2004/04/24 23:39:40

» かなしみ短歌 [クジラの日々 から]
愛人にさえもなれない恋でした 歌にしたってかなり悲しい (藤本洋子) 続きを読む

受信 2004/04/24 23:49:14

» かんたん短歌 悲しみ7 [世間知らずが行く から]
あんなにも子供が泣くのは生きてても解決しない悲しみだから  あきつよう子 続きを読む

受信 2004/04/25 0:15:40

» かなしみ(8)−改作− [タンタカタンカ から]
伊勢さんの伊勢さんによる伊勢さんのための悲しみなのに悲しい(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/04/25 0:37:36

» かんたん短歌 悲しみ7改作バージョン [世間知らずが行く から]
あんなにもガキが泣くのは生きてても解決しない悲しみだから  あきつよう子 うー 続きを読む

受信 2004/04/25 0:38:52

» 必要のない漢字への変換が平気なんだね 悲しい手紙  (丹生谷歩美) [幸せな歌 から]
続きを読む

受信 2004/04/25 0:43:12

» 送り直し [のけぞる猫背 から]
そこじゃない さっき触ってくれたとこ あっちのほうが悲しかったよ (林野つみき) 前の投稿を1行表記に直してみました。... 続きを読む

受信 2004/04/25 1:25:46

» かっこの事情 [雪心 から]
バツイチと括弧でくくるきみならば悲しくはないよくある人生 (新矢史記)     続きを読む

受信 2004/04/25 2:49:31

» しるしぢゃ。 [雪心 から]
バツじるしつけて悲しみ刻むのは夕日のガンマンだけにしておけ。 (新矢史記)   続きを読む

受信 2004/04/25 2:50:06

» ね。 [雪心 から]
バツイチステッカー貼るのやめようよ悲しい男人口5万 (新矢史記)       ★ 続きを読む

受信 2004/04/25 2:50:35

» 気にしなくてよい。 [雪心 から]
悲しいが一般的に履歴書にバツの数書く欄などはない (新矢史記)       ★ 続きを読む

受信 2004/04/25 2:51:02

» <詩歌>ワニよさらば。 [べりべりばっどていすと から]
椰子の木の木陰をのたりのたり行くワニは哀しい 父に似ている(佐々木あらら) もうワニは勘弁してくれ、という声にも負けず 「枡野浩一のかんたん短歌blog」に... 続きを読む

受信 2004/04/25 2:51:18

» 歌をうたおう [雪心 から]
バツの数申告しなくていいからさ悲しみ癒す歌をうたおう (新矢史記)       続きを読む

受信 2004/04/25 2:51:28

» トッピング [雪心 から]
バツイチは not アイスのトッピングひと粒だけでニガさバクハツ (新矢史記) 続きを読む

受信 2004/04/25 2:51:53

» 宿命ではない。 [雪心 から]
恋してる相手にばかり恋をする悲しい恋はただのくせかも (新矢史記)       続きを読む

受信 2004/04/25 2:52:18

» まだまだ。 [雪心 から]
何もかももう何もないだがしかし悲しいうたが君のとくいわざ (新矢史記)     続きを読む

受信 2004/04/25 2:52:45

» そうだった。 [雪心 から]
悲しみの経験値があがった! とか画面に出たりしない現実 (新矢史記)       続きを読む

受信 2004/04/25 2:53:11

» それだけではない。 [雪心 から]
胸をうつ悲しい歌の裏付けは悲しんだ数+悲しませた数 (新矢史記)       ★ 続きを読む

受信 2004/04/25 2:53:38

» [短歌]お題:かなしみ その7 [IS LIFE DELICIOUS? から]
-かなしみでできたジュースを飲み干せばカロリーオフでカラダにやさしい(おざわなぎさ) -甘味料プラスしましょうすこしずつすきだったものが減ってゆくから 続きを読む

受信 2004/04/25 3:54:52

» 掲示板で短歌 ver.0.9.1 [てふろぐぽっぷこーん から]
掲示板 花も嵐も超えてきた 書き込み止まりなんか悲しい(点天) 最近、方々の掲 続きを読む

受信 2004/04/25 9:28:41

» 小さな手(短歌) [てふろぐぽっぷこーん から]
小さな手パパよりピアノうまくなりかなしいけれど実はうれしい(点天) 何かそのま 続きを読む

受信 2004/04/25 10:17:19

» 悲しみお題5 [ちっちゃなうーた から]
嘘を付く君の瞳に映るのは僕の悲しみ 君の悲しみ?(鷲家正晃) 結局、悲しいのは 続きを読む

受信 2004/04/25 11:03:29

» もう一丁! [りんぐりんく から]
きっとまた立ち直れると分かってるそれがいちばんかなしいことも (ナシノ) あまり 続きを読む

受信 2004/04/25 11:27:04

» かなしみ(9) [タンタカタンカ から]
哀しいと可笑しいはほぼ同じ意味だからピエロの頬には涙(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/04/25 13:40:40

» かなしみ(7)−直しました− [タンタカタンカ から]
……で話って? 悲しいことがあったって? うどんが煮えてきたからあとで(伊勢悟史) 「?」のあとは1字空けることを、枡野さんに勧められたので、内容はそのま... 続きを読む

受信 2004/04/25 13:50:34

» 投稿04・かなしみ [ことのは から]
ドドンドン壊れた心染みわたる 太鼓の音色せつなく悲し (葉月おうめ) 和太鼓の 続きを読む

受信 2004/04/25 14:37:15

» 投稿05・かなしみ [ことのは から]
嘘ついてごめんなさいと振り向けば 悲しきその目心に痛し (葉月おうめ) 以前作 続きを読む

受信 2004/04/25 14:42:22

» ひどくかなしい。 [ハゴロモアンテナ から]
ただ単に日常だけを切り取った君の写真がひどく悲しい(緒川景子) 続きを読む

受信 2004/04/25 15:02:58

» かなしみを!2 [ハゴロモアンテナ から]
いつまでも語り継がれるカナシミを 眺めています遠くの方で(緒川景子) 続きを読む

受信 2004/04/25 15:03:54

» <詩歌>ワニを忘れたわけではないが。 [べにべにまぐろていすと から]
かなしみは靴箱に入れキッチンの戸棚の高い所にしまう(佐々木あらら) ワニはさておき、「枡野浩一のかんたん短歌blog」に投稿。 ---  ワニについて... 続きを読む

受信 2004/04/25 15:28:26

» かんたんたんか悲しみ8 [世間知らずが行く から]
君がいた夏はきれいに片づいて悲しみさえも残っていない  あきつよう子 この短 続きを読む

受信 2004/04/25 16:07:34

» かんたん短歌 かなしみ8改作バージョン [世間知らずが行く から]
君がいた机はきれいに片づいて悲しみさえも残っていない   あきつよう子 続きを読む

受信 2004/04/25 16:39:18

» 悲しみ剥がして(短歌) [てふろぐぽっぷこーん から]
悲しみが壊れてしまう時はなくその上辺だけ少し剥がして(鯣点天〜改名しました) 続きを読む

受信 2004/04/25 16:59:53

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「かなしみ」その9 [PurpleMoon - Online Diary から]
悲しみをなくす為にと悲しみを作り続ける戦争とキミ (紫月美夜) 割と最近気がついたんですけど、文章書くとき「為」を漢字にしちゃうのと、あと「えーと」とかって... 続きを読む

受信 2004/04/25 18:02:20

» <詩歌>ワニ/また。 [わにわにばっどていすと から]
ため息をつく僕を見て大あくび ワニは哀しい 父に似ている(佐々木あらら) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」のトラバにまた一匹ワニを増やす泥濘。 --- ... 続きを読む

受信 2004/04/25 18:23:22

» <詩歌>ワニなし歌 [わにわにばっどていすと から]
悲しみは忘れるために仕事とか片付けとかが進むから好き(佐々木あらら) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」に投稿。 ---  ×悲しみは→○〆切は ってのが... 続きを読む

受信 2004/04/25 18:38:35

» 悲しみ剥がして2(短歌) [てふろぐぽっぷこーん から]
悲しみを剥がす間も無く時が過ぎ知らず知らずにふたたび巡り(鯣点天) 推敲してみ 続きを読む

受信 2004/04/25 19:56:34

» 学校 [ひつじUP から]
いつまでも制服のしみ気にしてる いつかは消えるかなしみよりも (野上 由) 続きを読む

受信 2004/04/25 20:19:47

» 悲しみ剥がして3(短歌) [てふろぐぽっぷこーん から]
悲しみを剥がす間も無く生き延びて知らず知らずにふたたび巡る(鯣点天) 主題を明 続きを読む

受信 2004/04/25 20:47:01

» [歌][投稿][枡]短歌日記 「かなしみ2.1」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-悲しさはメープルシロップの味がした ホットケーキにしみをつくって(須永朝子) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))へ ... 続きを読む

受信 2004/04/25 21:52:45

» かなしみというもの [引っかかった破片+31 から]
怒りとか悲しみとかを刻みこめ 身体の奥に焼きつけておけ(峰尾拓海) 私の短歌作りの原点である枡野浩一がなんとBlogをはじめているではないか。というわけで早速参加。 続きを読む

受信 2004/04/25 22:32:18

» ひとりぼっち改作 [世間知らずが行く から]
幸せな一人暮らしをしていてもひとりぼっちは悲しいことだ  あきつよう子 続きを読む

受信 2004/04/25 23:39:47

» かんたん短歌悲しみ投稿9 [世間知らずが行く から]
まっすぐに涙がこぼれたとしても正しい悲しみとは限らない  あきつよう子 続きを読む

受信 2004/04/25 23:41:12

» いいじゃん [雪心 から]
エッジな人がたまに丸くなっても悲しんだりはしないよ別に (新矢史記)       続きを読む

受信 2004/04/25 23:44:37

» 約4:6 [雪心 から]
ウェットとドライのベストバランスは悲しい経験から学んだ (新矢史記)       続きを読む

受信 2004/04/25 23:45:16

» 声に出して読みたくない日本語 [雪心 から]
声に出して読みたくない日本語でときどきよばれるのは悲しい (新矢史記)     続きを読む

受信 2004/04/25 23:45:52

» どう言えばいいかわからなかった。 [雪心 から]
老人をわざわざシルバーシートまで歩かせている悲しいマナー (新矢史記)     続きを読む

受信 2004/04/25 23:46:18

» [短歌]かんたん短歌投稿 かなしみ05-2 [Hasta_luegoの日記 から]
アクセルを踏みぬけば今悲しみはスローモーション追いつくものか (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/04/25 23:55:36

» はまってます [りんぐりんく から]
ちょっと待てその悲しみはお前のか 不法所持にて即刻逮捕 (ナシノ) 多分(かなり 続きを読む

受信 2004/04/26 0:20:56

» 悲しみ闇討ち返り討ち [引っかかった破片+31 から]
悲しみに闇討ちされた斬り伏せた 次の刺客は絶望だとか(峰尾拓海) 続きを読む

受信 2004/04/26 0:33:01

» かなしみのうた [★Proton's Prizm★ から]
ひとりでも、ふたりでいてもおなじこと、おきざりならば、その寂しさは。(ぷろとん) 続きを読む

受信 2004/04/26 1:11:21

» かなしーかなしー。 [ハゴロモアンテナ から]
「カナシミニキヅイテクレテアリガトウ」 泣け泣け乙女よくできました(緒川景子) 続きを読む

受信 2004/04/26 1:24:20

» 3度目のかなしさ [のけぞる猫背 から]
「悲しみが似合わない」より「泣き虫」と言われた頃が優しくされた (林野つみき)... 続きを読む

受信 2004/04/26 1:41:47

» こりない2 [だるだる日々不覚 から]
おみやげのまんじゅうばかり食いやがって悲しいのかよ早く言えバカ (田久保化石) 続きを読む

受信 2004/04/26 2:37:32

» かなしみ [kodomoso から]
どうしても。がつくのが悲しくてまたねの語尾は(笑)で (米光一成) 枡野浩一の 続きを読む

受信 2004/04/26 3:16:37

» ヤー・チャイカ [ゆらゆらでい から]
「ヤー・チャイカ」こちらはカモメ「応答を」 遠くの星が哀しく光る(オカザキなを) 続きを読む

受信 2004/04/26 7:46:34

» 自分では、お!、と思ったのですが [仮操業 から]
調教は土曜2時から始まった トロイメライが弾けて悲しい(辻郎)  どうでしょうか。。やっぱ生っぽいのかな。 ↓ここまでの流れ 善良な奴隷のように仕... 続きを読む

受信 2004/04/26 7:55:33

» 嗚呼短歌 [りんぐりんく から]
線上のただ一点にいるくせに無限に続くΠ(パイ)と悲しみ(ナシノ) 悲しみは洗濯す 続きを読む

受信 2004/04/26 8:46:46

» 女友達 [ひつじUP から]
わたしたちかなしいとよく食べたよね これは最後のケーキ入刀 (野上 由)  続きを読む

受信 2004/04/26 11:23:23

» <詩歌>お言葉に甘えて、ワニ。 [わにわにばっどていすと から]
図鑑見るのが最近の僕の趣味 ワニは哀しい 父に似ている(佐々木あらら) 迷惑も度を超えると笑うしかあるまい、 「枡野浩一のかんたん短歌blog」に投稿。 ... 続きを読む

受信 2004/04/26 14:02:23

» 短歌作りに参加です #09 [お天道様は許しても から]
悲しみは忍び足して近寄って全力疾走駆け抜けていく (天国ななお) 歌人/枡野浩 続きを読む

受信 2004/04/26 19:51:53

» [短歌]かんたん短歌投稿 かなしみ12 [Hasta_luegoの日記 から]
君のこと悲しい顔にさせたから さよなら言葉と僕は思った (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/04/26 20:29:53

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】修正して再々投稿 [PurpleMoon - Online Diary から]
「悲しみは時が癒す」と言う彼は たぶんとっても忘れやすいひと (紫月美夜) 「かなしみ」のお題は今週で最後なので、また修正してみました。 ----- 関... 続きを読む

受信 2004/04/26 21:34:18

» お題・かなしみ(2) [仮想円形温室 から]
怒ってると思ってたけどよく見ると涙こらえたへのへのもへじ(佐野水美) 小さい頃 続きを読む

受信 2004/04/26 22:09:35

» かなしみ短歌 [another pain から]
悲しみは洗濯物を取り込んでたたむときとはちがう痛みだ(伊勢谷小枝子) 続きを読む

受信 2004/04/26 22:36:47

» 段階的悲しみ [雪心 から]
別れまで 別れ 別れてからの歌  トリプル悲しいスペシャルエディション (新矢史 続きを読む

受信 2004/04/26 22:44:52

» いけない [雪心 から]
夢がこわれるからでなくこわしたら悲しいので行けない合コン (新矢史記)     続きを読む

受信 2004/04/26 22:45:27

» せりふ [雪心 から]
強い女の時代 「すてないで」とか言うのはゴミくらいで悲しい? (新矢史記)   続きを読む

受信 2004/04/26 22:46:09

» 悲しい約束 [雪心 から]
老後をお守りいたします 銀行に約束される悲しいことだ (新矢史記)       続きを読む

受信 2004/04/26 22:46:53

» かなしみ短歌(2) [another pain から]
事実とか結果じゃなくて色あせていくのがみんな悲しいのでしょう?(伊勢谷小枝子) 続きを読む

受信 2004/04/26 22:47:19

» 壁ではない [雪心 から]
フランス語を知らなくても涙がこぼれたらきっと悲しみの歌 (新矢史記)       続きを読む

受信 2004/04/26 22:47:42

» かなしみ短歌(3) [another pain から]
体内に葉緑体がないせいで地球を守れなくて悲しい(伊勢谷小枝子) 続きを読む

受信 2004/04/26 22:49:38

» かなしみ短歌(4) [another pain から]
地図上のすべての場所に行ったけどこことはちがう場所が悲しい(伊勢谷小枝子) 続きを読む

受信 2004/04/26 22:52:01

» 考えてみました(悲しみ・二回目) [幸せな歌 から]
悲しいよ 漢字の多い文章がエライだなんて思う気持ちは  (丹生谷歩美) 続きを読む

受信 2004/04/26 23:26:41

» [歌][投稿][枡]短歌日記 「かなしみ10」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-どこかわからないところにいます 今桜は散っているところです 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿歌。 続きを読む

受信 2004/04/26 23:38:01

» あのひとにあいたいきもちそのまんま もじにできないじぶんがかなし(広海広志) [蜘蛛’S ROOM−livedoorバージョン から]
え〜、なんか、夏休みに宿題をし忘れて 2学期はじまって、だいぶ経っちゃって でも、提出しなくちゃって気分です。 でもね、作成したいと思ったから作成したんで... 続きを読む

受信 2004/04/27 0:13:27

» <詩歌>ごめん。 [べりべりばっどていすと から]
その節は 指輪の形をした嘘が君を悲しませました ごめん(佐々木あらら) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」に投稿。 ---  投稿マニアとかが大嫌いだ... 続きを読む

受信 2004/04/27 2:07:55

» 悲しさを嗅ぎ取る [引っかかった破片+31 から]
気がつけば部屋に漂う悲しみを嗅ぎ分けられる鼻になってた(峰尾拓海) 続きを読む

受信 2004/04/27 3:06:35

» カナシミ [ことりみそひと から]
置いてきた心帰ってこないからカナシミと名づけ隙間を埋める 続きを読む

受信 2004/04/27 8:53:27

» 短歌9TB [気まぐれ通信 から]
この道はいつかきた道はれた道君きみ誰だれ悲しみエコー(秋野道子) *いつか見た 続きを読む

受信 2004/04/27 10:09:05

» 短歌10TB [気まぐれ通信 から]
弟よ写真があれば悲しもう誕生日兼命日だから(秋野道子) 続きを読む

受信 2004/04/27 10:11:29

» [歌][投稿][枡]短歌日記 「かなしみ11」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-ひとりでに送信されるE-mail悲しいんだろそこにいるのが 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿歌。 続きを読む

受信 2004/04/27 10:11:46

» その4 [のけぞる猫背 から]
泣き顔と笑顔どっちも私だよ 片方ばかり欲しがらないで (林野つみき)... 続きを読む

受信 2004/04/27 10:52:50

» 短歌作りに参加です #10 [お天道様は許しても から]
君が好き でも夫がいるのは悲しいね 僕の妻と換わればいいのに (天国ななお) 続きを読む

受信 2004/04/27 12:09:31

» 線路は続くよ [な〜んちゃって通信 から]
かなしいね線路は続く果てまでも二人の「ようするに」「ようするに」(高田駝鳥) 続きを読む

受信 2004/04/27 12:55:24

» 線路は続くよ2 [な〜んちゃって通信 から]
かなしいね線路は続くどこまでも二人の「要するに」「要するに」 続きを読む

受信 2004/04/27 13:41:39

» かなしみ [ から]
かなしいのわたしとってもかなしいのひとりよがりのゆみはかなしい 続きを読む

受信 2004/04/27 13:45:48

» かなしみ [ から]
夏がくるかなしみなんて蹴り上げて素足に真っ赤なペディキュアでしょう(佐藤千花) 続きを読む

受信 2004/04/27 13:46:55

» かなしみ(10) [タンタカタンカ から]
東には青を置くのがいいらしいから寝室に悲しみを置く(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/04/27 18:39:48

» 下手な短歌も数打ちゃ・・・? [りんぐりんく から]
悲しいと口に出したら消えちゃった 仕方ないからラーメン食べた  (ナシノ) ・ 続きを読む

受信 2004/04/27 20:46:35

» 短歌投稿 [クジラの日々 から]
 しんしんと持続しているかなしみが変に甘くて 手放せぬまま (藤本)  もう終わ 続きを読む

受信 2004/04/27 21:26:07

» 脱却 [○△□ から]
ポケットに隠したままで街へ出ろ  かなしみなんて笑ってみせろ (松陽) あらすじからの脱却を。でも 続きを読む

受信 2004/04/27 22:01:28

» 探る。 [○△□ から]
最近じゃかなしみさえも売っている100円ショップ5円足りない(松陽) 5円玉、集めてる人がいた。信心 続きを読む

受信 2004/04/27 22:13:38

» [○△□ から]
ダイブした/ビルの屋上/かなしみを/欲しいといった/ロックスターが (松陽) 続きを読む

受信 2004/04/27 22:47:04

» <詩歌>こういうことがいいたいのかもしれないってちょっと思った。 [べりべりばっどていすと から]
爬虫類とかすごく好きなんだけどワニだけは駄目 父に似てるの(佐々木あらら) --- <ひとりごと>  かなしい、という言葉を抜いた途端にものすごくかなしい... 続きを読む

受信 2004/04/27 23:01:18

» 大切なもの [雪心 から]
かなしみはお荷物でなく 大切な持ち物のひとつだと思った (新矢史記)       続きを読む

受信 2004/04/27 23:14:12

» 井戸 [雪心 から]
かなしみの井戸に落ちたらまず誰も気付かないから手で這い上がる (新矢史記)   続きを読む

受信 2004/04/27 23:14:44

» [○△□ から]
かなしいが笑ってほしい 別れより水曜の腕枕が欲しい (松陽) 続きを読む

受信 2004/04/27 23:41:59

» レイトショー [○△□ から]
かなしいが泣けない訳がわかるならひとりぼっちで映画は見ない (松陽) 続きを読む

受信 2004/04/27 23:49:06

» [○△□ から]
かなしいが笑ってほしいひとりよりふたりがすきであなたがきらい (松陽) 続きを読む

受信 2004/04/27 23:58:44

» [○△□ から]
当然に悲しむはずと思ってたあなたとわたし笑って別れ 続きを読む

受信 2004/04/28 0:05:50

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】修正して再々々投稿 [PurpleMoon - Online Diary から]
悲しみは時が癒すというひとはきっととっても忘れやすいひと (紫月美夜) いただいたアドバイスを元に、またまた修正して投稿です。 ----- 関連記事 【... 続きを読む

受信 2004/04/28 0:07:45

» [○△□ から]
あの子より私の方が悲しいの だけどあの子が上手に泣くの (松陽) 続きを読む

受信 2004/04/28 0:17:30

» ブレイク [○△□ から]
どうしてよ、かなしい?なんて聞くなんて 決まってるでしょ?泣いてるでしょう?  (松陽) 続きを読む

受信 2004/04/28 0:25:40

» またっすかの逆襲 [ゆらゆらでい から]
またっすか そんなに好きなの泣けるのが 泣けるのなんて悲しみじゃない(オカザキな 続きを読む

受信 2004/04/28 0:51:59

» お題「かなしみ」(3) [仮想円形温室 から]
鳴いたけどだれも拾わなかったのでワタシは箱を出てゆきました(佐野水美) 題詠っ 続きを読む

受信 2004/04/28 0:53:31

» 短歌と8拍子 [ゆらゆらでい から]
昨日あたりから、短歌を推敲する合間に3拍子と8拍子を同時にとる練習をしていました 続きを読む

受信 2004/04/28 1:33:01

» 悲しみ [杜花人 から]
痛いのが止まらないんだ悲しくてここにいれないそうそこもだめ (水牧三弥) 痛い 続きを読む

受信 2004/04/28 1:54:59

» かんたん短歌 かなしみ9 [世間知らずが行く から]
覚えててやるからおまえは今すぐに忘れたくない悲しみになれ  あきつよう子 続きを読む

受信 2004/04/28 2:07:33

» 悲しみ [杜花人 から]
あの人は大丈夫だ うんそうね悲しいなんてこれっぽっちも (水牧三弥) 素通りさ 続きを読む

受信 2004/04/28 2:33:50

» <詩歌>お前には応援されたくない [べりべりばっどていすと から]
悲しむな 泣くな へこむな なまはげが「泣ぐ子いねが」と夢を襲うぜ(佐々木あらら) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」に投稿。 ---  僕は、人をなぐさ... 続きを読む

受信 2004/04/28 2:55:59

» 悲しみ [杜花人 から]
あのひとが悲しんでいる そうおもうこころがすべてやさしさになれ (水牧三弥) 続きを読む

受信 2004/04/28 3:02:20

» 悲しみ [杜花人 から]
悲しみが走り出せたらあの星で暮らせるぐらい遠くにいるよ (水牧三弥) 悲しみが 続きを読む

受信 2004/04/28 3:20:38

» かなしみ [ことりみそひと から]
声あげて笑えるほどにからっぽでしあわせの意味答えあぐねる 続きを読む

受信 2004/04/28 8:12:31

» かなしみ [ から]
凄惨な映像みてもこの国の悲しみ税込み1050円(さとう) 続きを読む

受信 2004/04/28 8:39:02

» もっともっとおいしいかなしい [ゆらゆらでい から]
石焼きいも ご飯 おしんこ 焼きざかな あの日のメニューだ おいしいかなしい 続きを読む

受信 2004/04/28 9:32:56

» 悲しみ 短歌 [嘘つきな記憶 から]
持ち主が 不明の涙 落ちてたら どうか私に 届けて下さい 続きを読む

受信 2004/04/28 9:51:08

» 悲しみ 短歌 [嘘つきな記憶 から]
あてもなく 泣いてた過去を 週末に 借りてその日に 返すこの頃(liv__) 続きを読む

受信 2004/04/28 11:13:53

» 短歌(かなしみ煮込み) [てふろぐぽっぷこーん から]
かなしみを5時間煮込んで食べようか それとも強火でいためてみるか(鯣点天) か 続きを読む

受信 2004/04/28 11:41:13

» 短歌(かなしみ煮込み2) [てふろぐぽっぷこーん から]
かなしみを5時間煮込んで食べようか それとも強火で炒めるか(鯣点天) 結局2文 続きを読む

受信 2004/04/28 15:47:42

» その5です [のけぞる猫背 から]
あのひとを最初に悲しませた時 ちゃんと反省すれば良かった (林野つみき)... 続きを読む

受信 2004/04/28 18:08:47

» かんたん短歌 覚えててやるから改作 [世間知らずが行く から]
覚えててやるからおまえは今すぐに忘れられない悲しみになれ  あきつよう子 続きを読む

受信 2004/04/28 20:47:06

» ひとりぼっち改作2 [世間知らずが行く から]
自分さえ始末をすればそれで済むひとりぼっちは悲しいことだ  あきつよう子 続きを読む

受信 2004/04/28 20:49:18

» かなしみのうた(2) [★Proton's Prizm★ から]
勘違いしたのは私、悪いのは、あなたではなく私ひとりだけ。(ぷろとん) ★まだか 続きを読む

受信 2004/04/28 22:12:24

» かなしみのうた(3) [★Proton's Prizm★ から]
やさしさを振舞うならば、心もどしてできないならば、なにもしないで。(ぷろとん) 続きを読む

受信 2004/04/28 22:46:36

» 左利き短歌に挑戦 [レフティやすおのお茶でっせ から]
悪い手としっぺされてた左の手今は昔の思い出の中 麗風亭康翁 この名は私のサイト 続きを読む

受信 2004/04/28 22:58:14

» かなしみのうた(3) [★Proton's Prizm★ から]
やさしさを振舞う心もどしてできないならば、なにもしないで。(ぷろとん) ★ホン 続きを読む

受信 2004/04/28 23:12:36

» 難しいですね。(かなしみ 三回目) [幸せな歌 から]
ひらがなのままでいいのに変換をされた漢字のように悲しい  (丹生谷歩美) 続きを読む

受信 2004/04/28 23:15:23

» カナシミ 短歌 [嘘つきな記憶 から]
痛み過剰 君との距離が 縮まらない 舌を出すから 白い錠剤(liv__) 続きを読む

受信 2004/04/28 23:50:21

» かなしみをもつひと。 [ハゴロモアンテナ から]
永遠を約束された悲しみをもつあの人はとても優しい(緒川景子) 続きを読む

受信 2004/04/29 0:02:00

» あらすじ短歌 [ハルクの雑記帳 から]
最後なの あと二ヶ月で終わりなの 悲しいお題 かんたん短歌(久遠) 悲しいお題 続きを読む

受信 2004/04/29 0:17:59

» 短歌作りに参加です #11 [お天道様は許しても から]
悲しみで理性なんぞは木っ端微塵 泣き叫びながら駆け抜ける商店街 (天国ななお) 続きを読む

受信 2004/04/29 1:11:09

» かなしみへのトラックバック [おさいふ から]
色かたち体温だけを連れ帰るあの子が欲しいはないちもんめ(くさかゆき)枡野浩一のかんたん短歌blogへのトラックバックです。… 続きを読む

受信 2004/04/29 1:32:18

» <詩歌>ある決意。 [べりべりべりべりべりべりべりばっどていすと から]
君達の詠んでいるカナシミとやら全部嘘だろオレもそうだぜ(佐々木あらら) ---  最後に皆様に毒を。失礼しやした。 続きを読む

受信 2004/04/29 1:38:26

» [歌][投稿][枡]短歌日記 「かなしみ13」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-砂浜にうちかえされた悲しみは十年前に捨てた悲しみ(出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿歌しまし ... 続きを読む

受信 2004/04/29 2:05:04

» 枡野浩一のかんたん短歌 お題「かなしみ」 [サルなしジャム から]
ひさびさにジャンプをしたら 両方のふくらはぎつる とてもかなしい (じゅん) 昨日あまりに暇すぎて短歌をひねった。 初心者は「とてもかなしい」という語尾... 続きを読む

受信 2004/04/29 3:28:52

» まだまだおいしいかなしい [ゆらゆらでい から]
石焼きいも ご飯 おしんこ 焼きざかな そうこの味だよ おいしいかなしい(オカザ 続きを読む

受信 2004/04/29 3:50:53

» かなしみお題6 [ちっちゃなうーた から]
幸せという名の色に染まりたい違う色には染まらぬくらい(鷲家正晃) 「幸せになり 続きを読む

受信 2004/04/29 4:56:29

» まだ間に合う? [風天 から]
川の字で眠る子の顔あなた似で私の遺伝子入る余地なし(椎名透子) 枡野浩一さんの 続きを読む

受信 2004/04/29 4:59:15

» カラスちゃん [ゆらゆらでい から]
笑ったね さっきは泣いてたカラスちゃん 悲しみなんてほんとでウソだ (オカザキな 続きを読む

受信 2004/04/29 6:11:14

» かなしみ14 [+++cahier bleu+++ から]
☆しあわせに終わりがあると気づいたら怖くてそしてとても悲しい(小野伊都子) 喜 続きを読む

受信 2004/04/29 6:17:32

» かなしみ15 [+++cahier bleu+++ から]
☆かなしみはマトリョーシカと同じように入れ子になって棚に並んだ(小野伊都子) 続きを読む

受信 2004/04/29 6:18:15

» (短歌)カニ? [てふろぐぽっぷこーん から]
新聞を切り抜くハサミ持っている カニは哀しい 父に似ている(鯣点天) ワニのさ 続きを読む

受信 2004/04/29 7:41:45

» またっすかの復讐 [ゆらゆらでい から]
またっすか ホントにお好きね泣けるのが 泣けるのなんて悲しみじゃない (オカザキ 続きを読む

受信 2004/04/29 8:14:32

» かなしみ16 [+++cahier bleu+++ から]
☆使うためじゃなく眺めるためだけにするコレクション 悲しくないの?(小野伊都子) 続きを読む

受信 2004/04/29 8:44:59

» 2004-04-29 [shibataariの日記 から]
悲しみがだだっ広くて最後まで充実しない映画こそ見れ(柴田有理) 続きを読む

受信 2004/04/29 11:16:12

» かなしみ短歌 かんたん短歌 [uraken blog から]
ほしいもの?ステキな夏って先のこと過ぎ哀しいなあ 続きを読む

受信 2004/04/29 11:38:30

» http://lovo.cocolog-nifty.com/lovo/2004/04/post_48.html [○△□ から]
教科書で「かなしむこと」を「懐かしい遊び」と学ぶ 未来の子供 (松陽) かなしい、なんて感情、信じ 続きを読む

受信 2004/04/29 15:13:00

» http://lovo.cocolog-nifty.com/lovo/2004/04/post_49.html [○△□ から]
悲しんだ時間はグラム計算で詩人に売るとよい、との噂 (松陽) それもまたエコロジー。かも。 続きを読む

受信 2004/04/29 15:17:19

» 叫びたい ただ叫びたいから こうしている 悲しき一つ覚え 道はまだ半ば [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
こんな感じかもしれないなぁ・・・。HP続けているのって(笑)。 最近HPの話をす 続きを読む

受信 2004/04/29 16:18:16

» かなしみたんか [砂漠オンナの艶色慕情 から]
男って正直すぎるいきものねやりたいことがすぐにばれちゃう 続きを読む

受信 2004/04/29 16:55:50

» かなしみたんか [砂漠オンナの艶色慕情 から]
男って正直すぎるいきものねやりたいことがすぐにばれちゃう(加茂乃悠子) 続きを読む

受信 2004/04/29 17:07:44

» かなしいのが好き [HIBIKI から]
徹夜したからって剥げたマニキュアのままでいるのはちょっと悲しい (永吉リエ) 続きを読む

受信 2004/04/29 20:15:44

» かなしいのが好き2 [HIBIKI から]
悲しくて泣きわめきたい時がある 会わない方がいい時がある 続きを読む

受信 2004/04/29 20:27:40

» かなしいのが好き3 [HIBIKI から]
真心を部屋に忘れてしまったの 悲しい思いさせてごめんね 続きを読む

受信 2004/04/29 20:30:30

» かなしみの共有 [引っかかった破片+31 から]
かなしみの数億分の一をいま僕は世界とわかちあってる(峰尾拓海) 続きを読む

受信 2004/04/29 21:46:35

» かなしみから浮上 [引っかかった破片+31 から]
かなしみに取り込まれそう飛ばなくちゃ 涙ながして身軽になって(峰尾拓海) 上の姉妹編として かなしみに追いつかれそう逃げなくちゃ 涙捨て去り身軽になって 続きを読む

受信 2004/04/29 21:47:29

» かなりかなしい [引っかかった破片+31 から]
夢の中アンパンマンに馬鹿にされ なんか悔しいかなり悲しい(峰尾拓海) 続きを読む

受信 2004/04/29 21:47:50

» 投稿06・かなしみ [ことのは から]
嘘つきね悲しくなんかないくせに あなたのその目笑っているわ (葉月おうめ) わ 続きを読む

受信 2004/04/29 22:34:55

» かなしみ17 [+++cahier bleu+++ から]
☆たまねぎの薄皮に似た悲しみをむいたら中はからっぽの日々(小野伊都子) はじめ 続きを読む

受信 2004/04/29 22:36:17

» 投稿07・かなしみ [ことのは から]
悲しみをたっぷり詰めて贈ります  憎しみというスパイス入れて (葉月おうめ) 続きを読む

受信 2004/04/29 22:39:20

» かなしかった [HIBIKI から]
まだ彼がブラックのまま飲むことを知らないでいたことが悲しい (永吉リエ) 続きを読む

受信 2004/04/29 23:20:11

» [歌][投稿][枡]短歌日記 「かなしみ14」 [胡桃日誌はてな版(仮) から]
-エイプリル 悲しいことは無かったよ ただ「かなしみ」を詠っていたよ 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿歌。 ... 続きを読む

受信 2004/04/29 23:42:17

» かんたん短歌 悲しみ投稿11 [世間知らずが行く から]
最後だけ優しくするな 悪者にできなくなったら悲しいだけだ   あきつよう子 続きを読む

受信 2004/04/29 23:45:59

» かなしいとき [HIBIKI から]
水面で揺れるネオンがきれいとか思えるときはいつも悲しい (永吉リエ) 続きを読む

受信 2004/04/29 23:51:04

» かんたん短歌blogへ投稿 お題は「かなしみ」 [日記ホプキンス から]
   悲しいか悲しくないか 今ここで決めろと言うのですかあなたは (志井一) 続きを読む

受信 2004/04/29 23:57:41

» かんたん短歌blogへ投稿 お題は「かなしみ」 [日記ホプキンス から]
   悲しいか悲しくないか 今ここで決めろと言うのですかあなたは (志井一) 続きを読む

受信 2004/04/29 23:57:50

» かなしみ短歌 かんたん短歌 其の弐 [uraken blog から]
田んぼでしたテニスのボール消えちゃって哀しかったね (千脇良子) 続きを読む

受信 2004/04/30 0:19:58

» 二重投稿歴有り、すみません。短歌投稿ふたつ目 [日記ホプキンス から]
悲しいが あなたと同じポイントで 悲しくなったことはなかった (志井一) 続きを読む

受信 2004/04/30 6:50:18

» 「かなしい」短歌no.3 [日記ホプキンス から]
「悲しい」は口にするほど軽薄になるので できるだけ口にする 続きを読む

受信 2004/04/30 8:11:00

» お題はかなしみ [むしめづる から]
かなしみは 父母の仲より 流れ出し   絆というもの どれも儚し 短歌は以前か 続きを読む

受信 2004/04/30 8:42:17

» 2004-04-28 [emi0421の日記 から]
悲しくて泣いていたんじゃないよただ悲しめなくて泣けてきただけ(映美) やっとblogに参加できました。いくつか投稿させて頂こうと思いますので、コメントするに値す... 続きを読む

受信 2004/04/30 15:42:04

» 2004-04-28 [emi0421の日記 から]
悲しくて泣いていたんじゃないよただ悲しめなくて泣けてきただけ(映美) やっとblogに参加できました。いくつか投稿させて頂こうと思いますので、コメントするに値す... 続きを読む

受信 2004/04/30 15:42:06

» かなしみ その2 [emi0421の日記 から]
一人きりただ淋しくて寒くってそのあたたかいかなしみを着た(映美) すいません、さっきはつい同じのを2回も送信しちゃいました。 しかも、最新のURLがいまだに分か... 続きを読む

受信 2004/04/30 15:49:41

» かなしみ その2 [emi0421の日記 から]
一人きりただ淋しくて寒くってそのあたたかいかなしみを着た(映美) すいません、さっきはつい同じのを2回も送信しちゃいました。 しかも、最新のURLがいまだに分か... 続きを読む

受信 2004/04/30 15:54:13

» 悲しみをオブラートで包み込み飲んだことにも気づかないといい [megumiiwasakiの日記 から]
悲しみを噛みしめるのではなくて、さらっと飲み込めちゃったらな、と思って作りました。 続きを読む

受信 2004/04/30 19:17:48

» 悲しみをオブラートで包み込み飲んだことにも気づかないといい(岩崎 [megumiiwasakiの日記 から]
悲しみを噛みしめるのではなくて、さらっと飲み込めちゃったらな、と思って作りました。 続きを読む

受信 2004/04/30 19:19:56

» かなしみ その3 [emi0421の日記 から]
遠くから小さな光伸びた手をつかみそこねたようなかなしさ(映美) かなしさ 悲しさ 哀しさ 考え出すとどれが一番会うのか分からなくなってしまいます。 続きを読む

受信 2004/05/01 15:25:14

» かなしみ その3 [emi0421の日記 から]
遠くから小さな光伸びた手をつかみそこねたようなかなしさ(映美) かなしさ 悲しさ 哀しさ 考え出すとどれが一番会うのか分からなくなってしまいます。 続きを読む

受信 2004/05/01 15:25:16

» かなしみ その4 [emi0421の日記 から]
気付かない振りしてたからあの時の悲しみはもう汚れちゃったよ(映美) 続きを読む

受信 2004/05/01 15:31:54

» かなしみ その5 [emi0421の日記 から]
「悲しい」と言ってみたって悲しみが減る訳じゃないと知っていたけど(映美) カッコ付はどうかなあ。と、思いつつ。 続きを読む

受信 2004/05/01 15:35:53

» かなしみ その6 [emi0421の日記 から]
何となく優しいことを言うのなら私のこのかなしみもらってよ(映美) 続きを読む

受信 2004/05/01 15:38:50

» かなしみ その7 [emi0421の日記 から]
悲しみが多いほど優しくなれるのならそろそろマザーテレサか(映美) しつこく悲しみ続けてすいません。もうこれで終わりにします。 次からは【笑い】ますから。 続きを読む

受信 2004/05/01 15:44:42

» 2004-05-02 [shibataariの日記 から]
フィンランド辺りで会った年長の女性は薄ら笑えばいいな(柴田有理) 続きを読む

受信 2004/05/02 17:04:08

» <詩歌>くどいのはわかってるんだが。 [僕の腎臓が大変なことに! から]
寒い日はうまく笑えないのだろう ワニは哀しい 父に似ている(佐々木あらら) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」に投稿。 ---  わりといい着地点だと思え... 続きを読む

受信 2004/05/02 23:47:05