« 「笑い」評その3 | トップページ | 「ひとり」評その1 »

2004.05.27

< 「笑い」終了、次のお題発表 >

 枡野浩一のデビュー短歌集『てのりくじら』(実業之日本社)の4刷が出来ました!
 4刷なんて大したことないと皆さんは思うかもしれませんが、詩歌の作品集が(自費出版ではなく)商業出版されて、少しずつ売れて在庫がなくなり、ちゃんと増刷を重ねているというのは希有なことなのです。関係者一同でお祝いの席を設けたくらい。
 それから「週刊朝日」のコラム連載、当初は3ヵ月で完了する予定でスタートしたのですが、好評につき1年は続くことになりました。早くも単行本化のお話をいただき、気をひきしめて毎週書いています。
 この『枡野浩一のかんたん短歌blog』も、3ヵ月で終わらず、淡々と続いていくといいですね。
 というわけで今週は「笑い」の最終回。

warai04.jpg絵・武山忠司


 今週は「219」の投稿を拝読しました。
 まずは、改作の投稿から見ていきます。


なんとなくわたしのことを思い出し苦笑いするあなたがみたい (緒川景子)

 これは枡野浩一からの改善案をそのまま反映した形になりますが、念のため、再度ご紹介しておきますね。
 将来、『枡野浩一のかんたん短歌blog』をもとに単行本を出すとしたら、「短歌入門書」というよりは、「短歌作品集」みたいなノリのものにしたいと目論んでいます。
 なので、掲載作の完成度は、できるかぎり高めておきたいのです。皆さんも、過去の投稿作の推敲案が生まれたら、面倒がらずに何度でも再投稿してくださいね。


窓ガラス見上げた一瞬 心から笑うわたしと初めて会った (紫月美夜)

 これも先週紹介した作品の改善案ですが、うーん、これで伝わるような気もするし、まだ駄目な気もします。
 皆さんのご意見が聞きたい。紫月美夜さんのblogにコメントを寄せてください。

 ここからが新作。


笑ったら死ぬと宣告されたけど松尾スズキの芝居が観たい (青木麦生)

 ヤラレタ。
 枡野浩一が松尾スズキ狂だということをふまえ(今週の「週刊朝日」参照)、見事な攻撃をしかけてくれました。
 松尾スズキの芝居の宣伝文句として、これは100点満点。(ただし、満点の作品が必ずしも魅力的とは限らないのが短歌ですが)
 さっそく松尾スズキさんご本人にも、お知らせしようと思います。


ゴールだけ見ても泣けるしオチだけを見ても笑える世渡り上手  (伊勢谷小枝子)

 なるほど。
 「世渡り上手」の定義として、必要充分で面白い。川柳ふうに、よく出来ています。


浴室で少し笑って来ますので坐禅のままでお待ち下さい (辻一郎)

 「ますの」という言葉を巧みに詠み込んでくれました。(ただの偶然かも、とも思う)
 現在制作中の枡野浩一公式サイトの名前が「ますので」なのです。坐禅のままで楽しみにお待ち下さい。


体からはみでた笑い いつだって余りものしかあげないわたし (野上 由)

 けちんぼ!


もう一生ここにいれたらいいねって笑うあなたと一生いたい (オカザキなを)

 ……ここらへんから、改善の余地のある作品になります。
 この作品は「一生」という単語を2度出すことで、短歌らしいまとまりを獲得しているわけですが、今となっては同じ単語を2度以上出すという手法は、たいへんありふれたものになってしまいました。(枡野浩一もさんざんつかいました。現在制作中の単行本『もう頬づえをついてもいいですか?』の中でも多用……)
 禁じ手と言うほどではないけれど、「これは安易な手法だ」という自覚は持っていてくださいね。皆様も要注意。


そのほかに解決策を示せない笑うことならできる人々 (志井一)

 この短歌は、なんとなく上から物を言っているような印象の仕上がりになってしまっています。
 たとえば、文末を変えてみましょう。

そのほかに解決策を示せない笑うことならできる僕たち

 ね、「当事者感」が出たでしょ?
 こういうふうに、角度を変えて推敲していってください。


えがおからひろいそこねたしんじつが 映画のようにふるぼけていく (安藤三弥)

 これは「映画のようにふるぼけていく」という比喩が、よくあるようで、意外と新鮮、という気がして選びました。
 が、ひらがなをたようすると、もうそれだけでなんとなく詩てきなふんいきをかもしだすことができるので、ずるいといえばずるい。
 〈笑顔から拾い損ねた真実が映画のように古ぼけていく〉と表記することの猥雑さに、耐えることも時には大切です。


その口と同じ形で笑います もはや十分可笑しい二人 (柴田有理)

 「もはや十分可笑しい二人」がいい意味で気になった。十分は「じっぷん」ではなく「じゅうぶん」と読ませるのですよね。
 この前半はまだ動かせるのでは? このままでもわるくはないけど。


アイシンクそうだそうだとうなずいて人類以外に笑うおさんぽ (木村比呂)

 ……。
 木村比呂さんの作品は、単なるひとりよがりにも見えるし、面白い個性にも見える。
 『枡野浩一のかんたん短歌blog』の中では相対的に目立つけれど、歌壇の中に置かれたら凡庸に見えるかもしれない。


どんな日に離婚したいのあしたぼく笑いかえして油断をしない (木村比呂)

 ここまでくると、離婚を経て前よりは我慢強くなったと評判の枡野浩一も切れる寸前。
 もうちょっとわかる言葉で話してよ。弁護士ぬきで。日本の文字で。(57577)


路地裏でにやりと笑う黒猫に僕の行為をすべて見られた (佐々木あらら)

 あららさん。
 黒澤あららっていうAV監督がいるんですね。どんな変な名前でもだれかとかぶるって、人生はつらく悲しいものですね。紫月美夜さんもきっと、同じ名字の人がアラスカあたりにはたくさんいるのでしょう。
 冗談はさておき。
 私は昔々、ある短歌コンテストで、「この人の短歌は、短歌が面白いというより、この人が面白いのでは」「作者の若さの魅力なのか、作品自体の魅力なのか、読めば読むほどわからなくなる」といった意味の批評をされて、憮然としたことがあります。けれど今、佐々木あららさんに対して同じことを言いたくなる私をゆるして。
 ともあれ、面白いのはいいことです。今はただ、つくりつづけてください。

 二十歳のとき某コンテストに応募した私の短歌に、熱く的確な批評をくださった歌人の春日井建さんが亡くなりました。ご冥福をお祈りします。
 「笑い」は以上で終了。ただし、今後も「笑い」の短歌が生まれたら、遠慮がちに投稿してもOKです。
 来月のお題を発表します。「ひとり」。一人、1人、独り……表記はおまかせします。
 枡野浩一の「ひとり」短歌は、次週紹介します。皆さん、1冊くらいは短歌集、買ってやってね!
 ではでは。また来週。

2004 05 27 11:25 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/666036

この記事へのトラックバック一覧です: 「笑い」終了、次のお題発表:

» ひとりお題1 [ちっちゃなうーた から]
一人でも言葉は発せるけど君がいないと言えない言葉があるから(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/05/28 13:23:37

» 一人1 [eigo から]
“僕”という一人称を変えてみて 笑い転げた僕だった俺(英語) コメント:女の子が 続きを読む

受信 2004/05/28 13:27:28

» 一人2 [eigo から]
前置きに「笑うなよ」って「慰めて」 奥歯につまるヒトリが痛い(英語) コメント: 続きを読む

受信 2004/05/28 13:30:53

» 一人3 [eigo から]
一人でももしかしたらさ例えばね タイムマシンは燃えないゴミへ(英語) コメント: 続きを読む

受信 2004/05/28 13:31:54

» 一人4 [eigo から]
よるよなか睡眠薬に奪われた一人の時間 いつ泣きゃいいの(英語) コメント:夢の中 続きを読む

受信 2004/05/28 13:32:54

» 一人5 [eigo から]
独りきり また一人切り二人切りいくら殺せば二人きりなの(英語) コメント:世界が 続きを読む

受信 2004/05/28 13:59:34

» 一人6 [eigo から]
「独りだ」と独り言なら絶望で誰かに言えば下手な懇願(英語) コメント:ナルシズム 続きを読む

受信 2004/05/28 14:11:52

» 一人7 [eigo から]
正論と独り善がりが区別されそれなら僕は独りでヨガる(英語) コメント:時間がたっ 続きを読む

受信 2004/05/28 14:18:26

» ひとり1 [シウマイ から]
絶対にひとりが好きな僕だけど君がいないとしぼんでしまう(松下知永) 『てのりくじら』のご増刷おめでとうございます。 続きを読む

受信 2004/05/28 16:43:14

» 枡野浩一さんへの投稿4 [和ちゃんブログ から]
てめーでさ独りでやるの馬鹿みたい毎日のこと独りきっりで 枡野さんの「かんたん短歌 続きを読む

受信 2004/05/28 20:41:34

» 枡野浩一さんへの投稿5 [和ちゃんブログ から]
てめーでさ一人満足ナルかもね俺って人はオナニストかも 国学院の国文科の先生の和歌 続きを読む

受信 2004/05/28 20:47:49

» 枡野浩一さんへの投稿4 [和ちゃんブログ から]
てめーでさ独りでやるの馬鹿みたい毎日のこと独りきっりで(和ちゃん) 枡野さんの「 続きを読む

受信 2004/05/28 20:55:58

» 枡野浩一さんへの投稿5 [和ちゃんブログ から]
てめーでさ一人満足ナルかもね俺って人はオナニストかも(和ちゃん) 国学院の国文科 続きを読む

受信 2004/05/28 20:57:33

» 拝啓 枡野浩一 様 [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
生喜怒哀楽死また戻って生  決して独りでできぬ事だ(PDP)  今回は、何もコメ 続きを読む

受信 2004/05/28 20:59:43

» http://Kazutyan.blog.ocn.ne.jp/blog/2004/05/post_72.html [和ちゃんブログ から]
一人でさ熱くなってむきになって馬鹿みてー俺って人(和ちゃん) 加藤千恵さんの短歌 続きを読む

受信 2004/05/28 21:05:18

» <短歌> [僕の腎臓が大変なことに! から]
一人では見つけられない幸せを見つけられずに君といる部屋(佐々木あらら) 続きを読む

受信 2004/05/28 21:07:11

» 枡野浩一さんへの投稿6 [和ちゃんブログ から]
一人でさ熱くなってむきになって馬鹿みてー俺って人(和ちゃん) 加藤千恵さんの短歌 続きを読む

受信 2004/05/28 21:07:30

» ひとり [仮操業 から]
生きるのも死ぬのも一人という君に歌う言葉は贈られている(辻一郎)  この人生で何一つ得られなかった、とあなたは言うかもしれない。  でもその言葉は確かに... 続きを読む

受信 2004/05/28 23:25:13

» ひとりのうた [★Proton's Prizm★ から]
気楽だし自由だなんて、なだめても寂しさ隠すただのつよがり。(ぷろとん) ★短歌の 続きを読む

受信 2004/05/28 23:45:36

» 2004-05-29 [柴田有理 から]
百人も集まっちゃうとかさむから一人力で何とかします(柴田有理) 続きを読む

受信 2004/05/29 8:17:23

» 2004-05-30 [柴田有理 から]
観客が一人いるのでもう少し生き物っぽい顔をしましょう(柴田有理) 続きを読む

受信 2004/05/29 8:17:55

» 「ひとり」1 [海色炭酸水 から]
真夜中にひとり目覚める割り切ったはずの思いが悲鳴を上げる(平賀谷友里) という歌を昔作りました。 これをなんとかしたいので1週間考えることにします。 続きを読む

受信 2004/05/29 10:50:30

» カンタンタンカ16 [りんぐりんく から]
たくさんの一人になって眠るより僕と朝までSEXしよう (ナシノ) 一人より二人がマシと思ったらつける 続きを読む

受信 2004/05/29 11:42:16

» 短歌を作ること、考えること [さよなら言葉 から]
一人きりサーティーワンの横で泣き ふるさとにする吉祥寺駅 (木村比呂) どんなに引っ越してもぜったい捨てない本は今、5冊 『かんたん短歌の作り方』はそれで、も... 続きを読む

受信 2004/05/29 12:55:15

» ひとり その1 [翡翠色 から]
一度くらい10割増しで言いてえよ いつものセリフ「大人1枚」(映美) 続きを読む

受信 2004/05/29 13:04:57

» ひとり その2 [翡翠色 から]
大きいという字は一人と書くんですなんて独りで金八ごっこ(映美) 続きを読む

受信 2004/05/29 13:08:22

» ひとり その3 [翡翠色 から]
税金の百万分の一でいい分けて下さい斉藤一人(映美) 続きを読む

受信 2004/05/29 13:10:35

» ひとり その4 [翡翠色 から]
世界中たった一人でいいからさ私の全てを肯定してよ(映美) 続きを読む

受信 2004/05/29 13:13:19

» ひとり その5 [翡翠色 から]
一人前どころか半人前にさえなれずにいまだ四半人前(映美) 続きを読む

受信 2004/05/29 13:16:33

» ひとり その6 [翡翠色 から]
あくまでもカレーライスを一人分つくれるようになりたくはない(映美) 続きを読む

受信 2004/05/29 13:20:24

» ひとり その7 [翡翠色 から]
御一人様一点限りとなってます故に私は私なのです(映美) 続きを読む

受信 2004/05/29 13:23:25

» ひとりお題2 [ちっちゃなうーた から]
一人より二人がいいね二人より三人だよね 友達呼ばれた(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/05/29 13:25:51

» ひとり その8 [翡翠色 から]
一人でも生きてけるようになったなら会いに行くから二人でいよう(映美) 続きを読む

受信 2004/05/29 13:26:02

» 枡野浩一さんへの投稿7 [和ちゃんブログ から]
一人きり暗闇の中ただずっと君と僕との未来を思う(和ちゃん) またも枡野さんへの短 続きを読む

受信 2004/05/29 13:39:38

» ひとり [仮操業 から]
1人より2人がいいという嘘は歴史とともに繰り返される(辻一郎)  前半、ナシノさんの作品とバッティングしてしまった。 http://ringlink.n... 続きを読む

受信 2004/05/29 13:39:57

» 枡野浩一さんへの投稿8 [和ちゃんブログ から]
空き瓶 吸殻あふれる灰皿 音楽と映画 君と僕(作 和ちゃん) 空白を開けない方が 続きを読む

受信 2004/05/29 16:07:46

» 「ひとり」に投稿1 [そのための日記 から]
ハイヒール履いても死んだりしない人ばかり住んでる都会でひとり (鳴井 有葉) 続きを読む

受信 2004/05/29 17:45:50

» 独り暮らし・さえない男の休日の歌 [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
あんぐらどんぐらでんぐらぎゃははは 何やっても独りはつまらん(PDP) 拝啓 枡 続きを読む

受信 2004/05/29 18:42:02

» カンタンタンカ17 [りんぐりんく から]
一口と言われてすぐに気が付いたごめん君とは分かち合えない(ナシノ) ひとひとりかなしいことは何も無い 続きを読む

受信 2004/05/29 19:42:46

» カンタンタンカ16その2 [りんぐりんく から]
二人より一人がいいと言っただけ 母の涙の意味が不明だ(ナシノ) 「一人より二人」は鷲家正晃さんともか 続きを読む

受信 2004/05/29 20:09:26

» ひとり2 [シウマイ から]
もし明日地球最後の日が来てもひとりでいるしアルデンテだし(松下知永) 続きを読む

受信 2004/05/29 20:23:08

» 2004-05-28 [柴田有理 から]
「大衆を浴びる」みたいな「ここじゃない」的な孤独は飽きが来るから(柴田有理) 続きを読む

受信 2004/05/29 20:29:22

» カンタン短歌 [豆★Cafe から]
なにもかも二分の一で生きていく 気づいてたけどひとりぼっちだ(栗原あずさ) 続きを読む

受信 2004/05/29 20:46:19

» ひとり [くもりのち晴れろ から]
止まることできずに雑踏の一人もうスクランブルでぶつからない (小道) 続きを読む

受信 2004/05/29 21:35:35

» ひとり2 [くもりのち晴れろ から]
ああここにまだ僕一人一年中鳴ってる風鈴割れろ今すぐ (小道) 続きを読む

受信 2004/05/29 21:56:57

» きらわれてころされてまだいきのびるおれはアメリカシロヒトリかよ [■私設伏魔殿■ から]
きらわれてころされてまだいきのびるおれはアメリカシロヒトリかよ (詠人不死) 続きを読む

受信 2004/05/29 22:00:22

» 鬱陶しい?反応しちゃうよスキだからどんなちいさなひとりごとでも [るつ。の日記? から]
かんたん短歌 お題「ひとり」〓... 続きを読む

受信 2004/05/29 22:10:06

» かんたん短歌 お題「ひとり」〓 [るつ。の日記? から]
本当は構って欲しくて言ってんの。「ひとりになりたい」「すみっこがスキ」(るつ。) ... 続きを読む

受信 2004/05/29 22:53:07

» ひとりお題3 [ちっちゃなうーた から]
「少しだけ一人で居させて下さい」と俯いてああ俺が出るのね(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/05/29 22:59:57

» ひとりぴとり [杜花人 から]
ひとり好きひとり小鳥と住んでます檻の中なら安心に死ぬ (安藤三弥) 続きを読む

受信 2004/05/29 23:08:10

» ひとりぴとり [杜花人 から]
ひとり寝の淋しさなんて慣れるものそんな強さを望んで捨てた (安藤三弥) 続きを読む

受信 2004/05/29 23:23:29

» 独りを嗤え!(1) [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
ねばーねばーねばーなっとうだこりゃ ねばーねばーひとりやんおりゃ(PDP) 拝啓 続きを読む

受信 2004/05/30 1:28:28

» 独りを嗤え!(2) [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
はいはいはいはいもうのんじゃったの うぇっぷひとりはかなしいわい(PDP) 拝啓 続きを読む

受信 2004/05/30 1:44:36

» 「ひとり」に投稿2 [そのための日記 から]
帰り道ひとりになると君の名でいっぱいになってしまうたすけて (鳴井 有葉) 続きを読む

受信 2004/05/30 1:57:45

» 「ひとり」に投稿3 [そのための日記 から]
お一人様ばかりひしめくファミレスの孤独はいくら足しても孤独 (鳴井 有葉) 続きを読む

受信 2004/05/30 2:00:53

» 「ひとり」に投稿5 [そのための日記 から]
心から出ている糸につまづいて一人の人を壊してしまう (鳴井 有葉) 続きを読む

受信 2004/05/30 2:05:19

» 脇役のひとり。 [ハゴロモアンテナ から]
脇役の一人だという真実をそろそろ教えてくれませんか? (緒川景子)... 続きを読む

受信 2004/05/30 2:19:09

» お題とは関係ないけど1 [ちっちゃなうーた から]
お喋りと押し付けられた指先をそのままくわえて黙ってあげる(鷲家正晃) < 「かな 続きを読む

受信 2004/05/30 2:30:42

» 「ひとり」2 [海色炭酸水 から]
こんなのはただの大きな独り言 あなたは何も知らなくていい(平賀谷友里) 続きを読む

受信 2004/05/30 2:32:53

» 「ひとり」3 [海色炭酸水 から]
あしたには弟子のひとりに戻るからほんとのことを伝えてもいい?(平賀谷友里) マスノ師に向けたものではありませんが。 身動きできません。 身じろぎもできません。... 続きを読む

受信 2004/05/30 2:33:03

» 「ひとり」4 [海色炭酸水 から]
幸せはじゅうぶんなほどもらったしひとりぼっちの練習をする(平賀谷友里) 傷つかないように。 傷つけないように。 続きを読む

受信 2004/05/30 2:49:30

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「ひとり」その1 [PurpleMoon - Online Diary から]
ひとりご飯 おいしく食べられるようになったからもう大丈夫です (紫月美夜) 同じココログの「週刊!木村剛」は書籍化が決定したそうです。 枡野浩一のかんたん短... 続きを読む

受信 2004/05/30 2:56:04

» かんたん短歌 お題「ひとり」〓 [るつ。の日記? から]
ひとひとり ことり こけたら しんじゃって だれもそれには きがつかなくて(るつ。) 続きを読む

受信 2004/05/30 3:17:52

» かんたん短歌 お題「ひとり」〓 [るつ。の日記? から]
雨さらら 暗闇 風呂場 音 ぱらら 夜中贅沢なひとりあそび(るつ。) 続きを読む

受信 2004/05/30 3:19:34

» 自己陶酔短歌 [MULTIPLE_WEAKPOINT から]
ひとり身を鏡に映し見る俺はくゆらす煙に指を弾くよ (二階堂折児) 名前かえますわ、かぶるし。ひいじいさんの名前かりる。 続きを読む

受信 2004/05/30 5:04:02

» [さよなら言葉 から]
おとうさん一人で生きて 僕はもう見ない 振り上げられたこぶしを (木村比呂) 続きを読む

受信 2004/05/30 10:46:55

» 独りを嗤え!(3) [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
ひとりだけしかききとれないのよねぇ もぐもぐもんごぽりぽりぽりぽ(PDP) 拝啓 続きを読む

受信 2004/05/30 11:06:31

» 独りを嗤え!(4) [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
えんやーどっこいしょひゃーつかれた ひとりってのをおろすのつらい(PDP) 拝啓 続きを読む

受信 2004/05/30 11:12:00

» [さよなら言葉 から]
これは距離 目覚めたら会えると信じ起きない君は また一人だね (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/05/30 12:09:46

» [さよなら言葉 から]
これは距離 目覚めたら会えると信じ起きない君は また一人だね (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/05/30 12:11:14

» ひとりお題4 [ちっちゃなうーた から]
「一人では生きていけない」嘘いうなお前は生きてる なら銃を持て(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/05/30 12:30:29

» [歌][投稿][枡]短歌日記「ひとり1」 [胡桃の中の航海日誌@はてな版 から]
-ときめきが悲しみに変わるその前にベッドに伏してひとりで眠る(出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投 ... 続きを読む

受信 2004/05/30 13:04:13

» ひとり3 [シウマイ から]
キッチンでひとりぼっちをなめてたらマーマレードの味がしました(松下知永) 続きを読む

受信 2004/05/30 13:48:46

» [短歌] [とんかりり から]
口下手でも忘れっぽくてもアガっても 仙人願望は もー捨てます 徒党組み死んでる言葉吐けばいい 孤独を知らない鈍感な君 一人が好き 一人サイコー 一人ビバ 時... 続きを読む

受信 2004/05/30 15:12:10

» [短歌] [とんかりり から]
口下手でも忘れっぽくてもアガっても 仙人願望は もー捨てます (敦日りり) 徒党組み死んでる言葉吐けばいい 孤独を知らない鈍感な君 一人が好き 一人サイコー... 続きを読む

受信 2004/05/30 15:13:58

» [短歌] 口下手でも忘れっぽくてもアガっても 仙人願望は もー捨てます (敦日りり) [とんかりり から]
徒党組み死んでる言葉吐けばいい 孤独を知らない鈍感な君 一人が好き 一人サイコー 一人ビバ 時々君に話せりゃ素敵 続きを読む

受信 2004/05/30 15:16:07

» 短歌 ひとり [読書メモ から]
思いきり傷つくような捨て台詞考えている 一人になって (山田あさひ)  暗いなぁ……。 続きを読む

受信 2004/05/30 16:09:45

» ひとりお題5 [ちっちゃなうーた から]
「一人では生きていけない」嘘いうなお前は生きてる俺は生き抜け!(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/05/30 20:03:15

» カンタン短歌 [豆★Cafe から]
もう二度とひとりになるのいやだから ヌーにまみれて川さえ渡る(栗原あずさ) 続きを読む

受信 2004/05/30 22:13:48

» カンタン短歌 [豆★Cafe から]
もう二度とひとりなんかになり得ない ヌーの群れなら飛び込めるいま(栗原あずさ) 続きを読む

受信 2004/05/30 22:29:50

» ひとり3 [くもりのち晴れろ から]
いるようでいない君、僕、炭酸がペットボトルで音立てるドライブ (小道) 続きを読む

受信 2004/05/31 0:33:27

» お題とは関係ないけど2 [ちっちゃなうーた から]
意地悪な運命ならばいらないとビルの屋上投げ捨ててみる(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/05/31 2:17:12

» お題とは関係ないけど3 [ちっちゃなうーた から]
階段を一歩上がって振り向けばほら簡単にキスが出来るよ(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/05/31 2:19:20

» 足音 [ゆらゆらでい から]
颯爽と商店街を抜けたはず なのにヒトリヒトリと足音がして(オカザキなを) 「枡野 続きを読む

受信 2004/05/31 2:35:01

» ゴキがよく出る季節になりました [ゆらゆらでい から]
ゴキブリを殺せる強さがもてたのもこうして一人でやってきたから(オカザキなを) 「 続きを読む

受信 2004/05/31 2:54:34

» 短歌 :: ひとり [平凡なシナプス から]
喧嘩して別れて一人帰り道 意地っ張りだね謝るもんか 初投稿。短歌って難しいかもしんない‥‥!  投稿先 → 枡野浩一のかんたん短歌blog 続きを読む

受信 2004/05/31 4:47:14

» 短歌 :: ひとり [平凡なシナプス から]
喧嘩して別れて一人帰り道 意地っ張りだね謝るもんか(槙原由乃)  初投稿。短歌って難しいかもしんない‥‥!  投稿先 → 枡野浩一のかんたん短歌blog... 続きを読む

受信 2004/05/31 4:50:23

» ひとり。 [ひみつけっしゃ。 から]
特別な2人じゃなくてありふれたひとりとひとりだったみたいだ(小島けいじ) 続きを読む

受信 2004/05/31 8:04:40

» ひとり1 [あんまり堂 から]
肌は吸うすぐに剥がれてまたひとり繰り返してはかさぶためくる(あんまりあっこ) 続きを読む

受信 2004/05/31 9:06:51

» ひとり2 [あんまり堂 から]
ひとり道泣いた夜の日理由さえ言葉にできず雨蛙蹴った(あんまりあっこ) 続きを読む

受信 2004/05/31 9:10:16

» ひとり3 [あんまり堂 から]
にじみ出た孤独をかいで近寄ってく優しさだけが欲しかったずるさ(あんまりあっこ) 続きを読む

受信 2004/05/31 9:12:37

» ひとり4 [あんまり堂 から]
連れもなくカウンター席陣取るが孤独が椅子に収まりきらず(あんまりあっこ) 続きを読む

受信 2004/05/31 9:14:29

» ひとり5 [あんまり堂 から]
遺書書くが悲しいほどに勝手すぎてひとりで怒りアホクサと言う(あんまりあっこ) し 続きを読む

受信 2004/05/31 9:28:01

» カンタンタンカ18 [りんぐりんく から]
一人でも車がびゅんびゅん通っても赤信号を笑顔で渡れ それがロックだ。と思う。別に交通法規を無視しろ言 続きを読む

受信 2004/05/31 13:48:36

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
いつまでも鳴らないケータイ握り締め 自分につぶやくひとりじゃないよ(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/05/31 15:25:32

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
いつまでも鳴らないケータイ握り締め 自分につぶやくひとりじゃないよ(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/05/31 15:31:18

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
やるもんか 一人娘を馬鹿野郎 お前なんかに気持ちわかるか(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/05/31 15:38:33

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
ひとりだよ ひとりじゃないよ違うって ほらうっすらと写ってるでしょ(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/05/31 15:41:45

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
小学校 中学校と高校と 今も変わらず思い続ける(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/05/31 15:45:03

» ひとりお題6 [ちっちゃなうーた から]
一人でもこんなに遊べた笑ったり悲しんだりのかんたん短歌(鷲家正晃) まだ今月分は 続きを読む

受信 2004/05/31 17:22:17

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
できるはず灰皿前に今年こそ孤独な戦い目指せ禁煙(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/05/31 17:35:02

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
一人っ子いつでもそれは俺のもの ケーキの上のサンタさん(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/05/31 17:36:52

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
寝れないといつも必ず考える 一人旅立つ君の姿を(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/05/31 17:41:14

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
二人だと狭いと感じたこの部屋に 今残るのは一人の寂しさ (降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/05/31 17:44:26

» [歌][投稿][枡]短歌日記「ひとり2」 [胡桃の中の航海日誌@はてな版 から]
-高ぶって感情的になったってひとりはひとり結局そうだ 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿歌。どうぞよろしくお ... 続きを読む

受信 2004/05/31 17:51:59

» ひとり(その1) [タンタカタンカ から]
ニョロニョロの群れに囲まれただじっとみつめられてるようなひとりだ(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/05/31 19:22:06

» ひとりお題7 [ちっちゃなうーた から]
一人でも楽しめますの笑ったり悲しんだりのかんたん短歌(鷲家正晃) >一人でもこん 続きを読む

受信 2004/05/31 19:33:32

» カンタンタンカ19 [りんぐりんく から]
君が今視線落としたケータイの向こう側にも一人がいそう (ナシノ) 午後六時山手線の三両目 みんな孤独 続きを読む

受信 2004/05/31 19:43:37

» 短歌 ひとり3 [世間知らずが行く から]
観客が一人もいないムービーのように始まり終われたらいい  (あきつよう子) 続きを読む

受信 2004/05/31 20:46:39

» 短歌ひとり 1 [世間知らずが行く から]
さみしいのがよく分かるからどちらかといえばひとりのほうが好きです  (あきつよう 続きを読む

受信 2004/05/31 20:50:18

» 短歌 ひとり 2 [世間知らずが行く から]
もう一度ひとりぼっちになるためにあなたと一緒にいていいですか?  (あきつよう子 続きを読む

受信 2004/05/31 20:52:48

» [さよなら言葉 から]
ひとりでは出来ないことを考えて血液型をとりあえず聞く (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/05/31 21:28:36

» 「ひとり」5 [海色炭酸水 から]
私ひとり君の世界にいなくても休符ひとつの意味も持たない(平賀谷友里) 続きを読む

受信 2004/05/31 21:53:27

» ひとりたんか [アリさん日記 から]
君なしでひとりでするの オナニーは ふたりでしたら自慰じゃないもの(爺候) ひと 続きを読む

受信 2004/05/31 21:56:44

» お題とは関係ないけど4 [ちっちゃなうーた から]
誰よりも優しい君は責めるのも傷付けるのも自分を選ぶ(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/05/31 22:06:02

» お題とは関係ないけど5 [ちっちゃなうーた から]
好きならば好きだと言ってもいいのかな分からないから「好きかもしんない」(鷲家正晃 続きを読む

受信 2004/05/31 22:09:00

» 一人 [仮操業 から]
一人ならいつものことだ だけど今テレビはつけっぱなしにしている  無防備過ぎる気が。 人ごみに目眩をおこし一人きりにも耐えられず 不便な実存 痛ま... 続きを読む

受信 2004/05/31 23:03:24

» ひとり(その2) [タンタカタンカ から]
何ひとつ不自由のないひとりです 人恋しいと思う以外は(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/05/31 23:51:08

» お題 ひとり0601 [幸せな歌 から]
給食をひとりで食べるかよちゃんになりたくなくて買った筆箱  (丹生谷歩美) 続きを読む

受信 2004/06/01 0:17:58

» お題 ひとり0601-2 [幸せな歌 から]
ひとり勝ちしてるあなたを追いかけていくほど遠くなる場所もある  (丹生谷歩美) 続きを読む

受信 2004/06/01 0:25:53

» [短歌日記]短歌日記久しぶり編。 [おためしの日々 から]
二歳児が乳房に吸い付く午前二時 ひとりひとりがひとかたまりに(伊織はるか) 忙しかったのと飽きたのと(?)の相乗効果によりお久しぶりです。 最近自分の短歌を... 続きを読む

受信 2004/06/01 1:24:35

» ひとり [杜花人 から]
なんでかな喧嘩をしても笑ってもあなた独りでひんやりしてる (安藤三弥) 続きを読む

受信 2004/06/01 1:27:52

» ひとり [杜花人 から]
何もかも譲らないのね悲しみも1人占めして欲張りなのよ (安藤三弥) 続きを読む

受信 2004/06/01 1:38:00

» ひとり [杜花人 から]
独りだと君は公然と笑った其れ言わないと笑えないのね (安藤三弥) ちょっときつい 続きを読む

受信 2004/06/01 1:43:17

» いのき [杜花人 から]
このやろう君の悲しみ孤独ごと根こそぎ俺が引き受けるから (安藤三弥) まあ、こう 続きを読む

受信 2004/06/01 2:01:53

» 独りを嗤え!(5) [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
ポッキリ折れたままの俺のプライド 癒し続けてヌクヌク独り(PDP) 拝啓 枡野浩 続きを読む

受信 2004/06/01 7:06:07

» 独りを嗤え!(6) [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
独りで壊した貴方への想いは 駅のベンチで寝てるだろうか(PDP) 拝啓 枡野浩一 続きを読む

受信 2004/06/01 7:08:00

» 1人 短歌0601 [嘘つきな記憶 から]
1人きりわたしは変な顔をして鏡に向かって賭けをしている (小栗響子) 続きを読む

受信 2004/06/01 10:08:56

» 元気でいればいいけどね。 [ハゴロモアンテナ から]
生きてるか死んでるかすらわからない北と南の一人同士だ (緒川景子) 続きを読む

受信 2004/06/01 12:44:37

» 飛んで火にいる夏の虫(火取り虫) [やっとできた~ から]
山の中キャンプファイヤー始めるといつも集まるひとり虫たち(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/01 13:08:24

» 二人静もありますよ。 [やっとできた~ から]
山歩き一人静とつぶやいた君 その先に花見てホッとす(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/01 13:12:29

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
一人旅 行こうと思ったきっかけはさみしくさせた君のせいだよ(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/01 13:15:57

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
今日もまた家に帰るとほっとする唯一の友達わんと一鳴き(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/01 13:17:02

» いっせいに探してしまうぼくたちのひとりひとりの個性は遠く [■私設伏魔殿■ から]
いっせいに探してしまうぼくたちのひとりひとりの個性は遠く (詠人不死) 続きを読む

受信 2004/06/01 13:58:17

» ひとり その9 [翡翠色 から]
一人ならおやつも全部独り占めバイバイだってしなくてもいい(映美) 続きを読む

受信 2004/06/01 15:37:57

» ひとり その10 [翡翠色 から]
一人だとさよならさえも言えないの一緒にいてはもらえませんか(映美) 続きを読む

受信 2004/06/01 15:43:46

» ひとりウタ① [モエのウタ から]
1人だけうなずかなかった人こそがあたしのすきな人だったりする (緒野 萌絵) 続きを読む

受信 2004/06/01 15:44:22

» ひとりウタ② [モエのウタ から]
どうせなら一夫多妻の国へ行き ひとりで過ごす術まなびたい (緒野 萌絵) 続きを読む

受信 2004/06/01 15:47:13

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
一人だけかなえてしまいつまらないあのときの夢忘れたのかよ(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/01 17:29:12

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
金もある時間もあるが相手なし知人はいるが親友はなし(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/01 17:31:35

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
えーっお前ひとりだったの でもえらいこの娘相手はボランティアだよ(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/01 17:37:18

» 携帯を着信拒否にされてから明け方のブラウン管がひとり優しい [■私設伏魔殿■ から]
携帯を着信拒否にされてから明け方のブラウン管がひとり優しい (詠人不死) 続きを読む

受信 2004/06/01 17:37:34

» ひとりお題8 [ちっちゃなうーた から]
一人では得られないものばかりある とても素敵なものばかりある(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/01 17:56:04

» ひとりいろ [P+P  から]
さみしくて青い絵の具を足しながらひとりの時間、水で溶いてる (安藤三弥) どのく 続きを読む

受信 2004/06/01 18:24:36

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/06/post_7.html [P+P  から]
あのひとに通じないこと話してはひとりのいたみ和らげている (安藤三弥) あのひと 続きを読む

受信 2004/06/01 19:36:46

» わらいお題2(改 [ちっちゃなうーた から]
笑ったり泣いたり出来る子供達 僕は中間 泣けずに笑う(鷲家正晃) >泣き顔と笑っ 続きを読む

受信 2004/06/01 21:23:52

» 1人短歌・1 [クジラの日々 から]
一人では乗れない電車だったからもう一度だけ誘ってみたの (藤本洋子) 続きを読む

受信 2004/06/01 21:47:39

» 1人短歌・2 [クジラの日々 から]
こんなにも長く1人でいるのには訳があるんだ だよね神様? (藤本洋子)  そうだ 続きを読む

受信 2004/06/01 21:51:30

» 再投稿 [クジラの日々 から]
約束がこの9月まで入ってて寂しいけれどそこまでは行く (藤本洋子) 悲しいではな 続きを読む

受信 2004/06/01 21:54:07

» 1人短歌・3 [クジラの日々 から]
僕いつも僕のことしかわからない 一人一人は一人ずつだよ (藤本洋子)  、、、分 続きを読む

受信 2004/06/01 21:56:46

» 再投稿 [クジラの日々 から]
何時だって嫌われるのは怖いけど 「お互い様だ」 と笑いましょう (藤本洋子)  続きを読む

受信 2004/06/01 22:02:01

» ひとり。その2 [ひみつけっしゃ。 から]
ふたりとは君のひとりを得ることか?僕のひとりを失うことか?(小島けいじ) 続きを読む

受信 2004/06/01 22:03:02

» <短歌>久しぶりに返歌テロル。 [僕の腎臓が大変なことに! から]
スナフキンふうに帽子をかぶったらひとりはさみしくないのだろうか(佐々木あらら) ---  伊勢さんのブログをのぞいてたらこんな歌を発見。ニョロニョロの群れに... 続きを読む

受信 2004/06/01 22:08:11

» カンタン短歌 [豆★Cafe から]
2千円札をいまだに大切に持ってるひとりですか?あなたも(栗原あずさ) 続きを読む

受信 2004/06/01 22:36:23

» 短歌(ひとり) [気まぐれ通信 から]
1人から1体になるその日まで素敵な嘘をつき続けたい(秋野道子) *「靴をなくした 続きを読む

受信 2004/06/01 22:36:57

» 短歌(ひとり) [気まぐれ通信 から]
一つ屋根の下にいても思います私一人がミスキャストです(秋野道子) *これは、枡野 続きを読む

受信 2004/06/01 22:44:33

» ひとり [仮操業 から]
ムーミンがカバではないと知ったとき僕は一人で穴に叫んだ(辻一郎)  便乗しました。飲みすぎました。 続きを読む

受信 2004/06/01 23:49:41

» お題とは関係ないけど6 [ちっちゃなうーた から]
ゆっくりと考えたなら分かることあなたが好きでそれでいいこと(鷲家正晃) ポシェッ 続きを読む

受信 2004/06/02 0:33:37

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「ひとり」その2 [PurpleMoon - Online Diary から]
水音の響く真夜中のお風呂でひとりの贅沢に気がついた (紫月美夜) 欧米式の、1回ずつお湯を張るお風呂だったら、ひとりじゃなくてもバブルバスとかハーブバスとか... 続きを読む

受信 2004/06/02 0:51:11

» あたしたちまだ [ゆらゆらでい から]
天上にいるみたいだねこの眺め あたしたちまだ戻れるのかな?(オカザキなを) 「枡 続きを読む

受信 2004/06/02 4:21:49

» <短歌>5月を振り返ってみる。 [僕の腎臓が大変なことに! から]
ゴルゴ13が仔犬を抱きしめてひとり涙を流すのを見た(佐々木あらら) ---  5月が終わった。  5月は短歌ばかり詠んでいた。「笑う」というテーマがし... 続きを読む

受信 2004/06/02 5:02:34

» 二人から一人と一人に [ゆらゆらでい から]
二人から一人と一人になれるってワクワクするね 十月十日後(オカザキなを) 「枡野 続きを読む

受信 2004/06/02 6:26:26

» [歌][投稿][枡]短歌日記「ひとり3」 [胡桃日誌@はてな版 The logbook in a walnut@hatena version から]
-夜が明ける時をひとりで待っている人がどれだけ多いか知らず(出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿 ... 続きを読む

受信 2004/06/02 9:50:09

» ひとり4(2の改作) [シウマイ から]
もう二度とひとりはいやと言う君はハルマゲドンとか信じるタイプ(松下知永) 続きを読む

受信 2004/06/02 12:56:01

» ひとり [ 短歌 から]
意味などはきっとないんだ大地・水・緑 たくさん どれもひとりだ (さとう) 続きを読む

受信 2004/06/02 13:56:34

» ひとり [ 短歌 から]
触れるならまんなかになかに壊さない独りと独りはじめて触れる (さとう) 続きを読む

受信 2004/06/02 13:58:03

» ひとり [ 短歌 から]
言葉からあふれる「ひとり」また「ひとり」用水のそば落としてあった (さとう) 続きを読む

受信 2004/06/02 13:58:47

» [歌][投稿][枡]短歌日記「ひとり3」 [胡桃日誌@はてな版 The logbook in a walnut@hatena version から]
-街へ行くあの子のいない放課後にひとり足りない野球をしてる(出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿 ... 続きを読む

受信 2004/06/02 17:29:12

» ひとりお題9 [ちっちゃなうーた から]
一人でも生きていけるね けどそれは一人で生きる理由にならない(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/02 20:46:37

» [さよなら言葉 から]
地べたにて待っている朝 君ひとり浮上してくる地下鉄の町 (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/06/02 20:49:07

» [さよなら言葉 から]
僕の死が僕のものでは無いような気持ちを伝い ひとりじゃあない (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/06/02 20:56:38

» 「ひとり」6 [海色炭酸水 から]
禁煙も止めたしひとりにつまずいて深夜のメールで君を呼ばない(平賀谷友里) 甘やかされてたのだと自覚しています。 「ひとり」1の改作のような違うような。 まだ、... 続きを読む

受信 2004/06/02 21:23:27

» [さよなら言葉 から]
僕はまたひとりでいます 君の歌 好きだったけど今も好きです (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/06/02 21:42:22

» ムーミンムーブメントはここですか [さよなら言葉 から]
ムーミンの世界に住んだヨーロッパ企画にひとり置いて行かれた (木村比呂)   ヨーロッパ企画『ムーミン』 続きを読む

受信 2004/06/02 22:09:55

» テーマ「ひとり」短歌に投稿します [di-no から]
ひとりより夫婦は寂しい2人きりそ知らぬ顔する今日も明日も(龍見元菜) 続きを読む

受信 2004/06/02 22:14:25

» テーマ「ひとり」短歌に投稿します [di-no から]
ひとりより夫婦は寂しい2人きりそ知らぬ顔する今日も明日も(龍見元菜) 続きを読む

受信 2004/06/02 22:15:21

» テーマ「ひとり」短歌に投稿します [di-no から]
ひとりより夫婦は寂しい2人きりそ知らぬ顔する今日も明日も(龍見元菜) 続きを読む

受信 2004/06/02 22:16:45

» テーマ「ひとり」短歌に投稿します [di-no から]
ひとりより夫婦は寂しい2人きりそ知らぬ顔する今日も明日も(龍見元菜) 続きを読む

受信 2004/06/02 22:17:54

» テーマ「ひとり」短歌に投稿します [di-no から]
ひとりより夫婦は寂しい2人きりそ知らぬ顔する今日も明日も(龍見元菜) 続きを読む

受信 2004/06/02 22:18:05

» テーマ「ひとり」短歌に投稿します [di-no から]
ひとりより夫婦は寂しい2人きりそ知らぬ顔する今日も明日も(龍見元菜) 続きを読む

受信 2004/06/02 22:21:24

» [さよなら言葉 から]
服装に気を使うのは(またひとりぼっちにならない)意志の固さだ (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/06/02 22:21:43

» 「ひとり」7 [海色炭酸水 から]
ひとりより君とふたりでするほうが気持ちいいのはなんでだろうね(平賀谷友里) 続きを読む

受信 2004/06/02 22:55:12

» テーマ「ひとり」短歌に投稿します [di-no から]
君と手に手を取り合うまであと1人フォークダンスに乙女の野望(龍見元菜) すみません!接続の調子が悪くて、同じ歌をいっぱい送信してしまったバカです。恥ずかしくて顔... 続きを読む

受信 2004/06/02 23:08:34

» <詩歌> [僕の腎臓が大変なことに! から]
「ぼっち」とか「きり」とか「だけ」という尾っぽすら逃げちまい とうとう「ひとり。」(佐々木あらら) ---  言葉の擬人化(擬尾っぽ化?)、という分かりにく... 続きを読む

受信 2004/06/02 23:16:38

» <詩歌> [僕の腎臓が大変なことに! から]
「ぼっち」とか「きり」とか「だけ」っていう尾っぽすら逃げちまい どうする? 「ひとり。」(佐々木あらら) ---  直前の投稿の、「下の案を投稿してくだ... 続きを読む

受信 2004/06/03 1:16:41

» ひとりぼっち 孤独 [嘘つきな記憶 から]
音もなくひとりぼっちが流れ出し鼻から胸へ通り抜けてく (小栗響子) 続きを読む

受信 2004/06/03 5:49:57

» ムーミンと孤独感って合うんですね [ゆらゆらでい から]
ねえムーミンこっち向いてと言えるような素直さがなくて今でも独り (オカザキなを) 続きを読む

受信 2004/06/03 6:41:14

» 夏のはじまり [ゆらゆらでい から]
公園でひかりがけけけと笑ったらクワガタくさい夏のはじまり (オカザキなを) 「枡 続きを読む

受信 2004/06/03 7:43:26

» ひとりを感じる。 [ハゴロモアンテナ から]
止まらない時計の音がうるさくて一人を感じる夜が来てます (緒川景子) 続きを読む

受信 2004/06/03 9:21:50

» フードバトル [あほ川柳。 から]
いみないよ ひとりぼっちの フードバトル そりゃそうだよね ひとりだもん... 続きを読む

受信 2004/06/03 10:58:18

» ひとり [ 短歌 から]
みつけてと声がするから繋げるのネットの中のひとり探しに (さとう) 続きを読む

受信 2004/06/03 14:13:18

» ひとり [ことりみそひと から]
喧騒の谷に溺れてしんとする人はつくづく つくづくひとり 青野ことり 続きを読む

受信 2004/06/03 14:17:57

» ひとり [ 短歌 から]
いつだって一人で立つし今だって歩いていける でも手繋ごっ (さとう) 続きを読む

受信 2004/06/03 14:25:08

» ひとり [ 短歌 から]
「本当にひとりだったらひとりをさ喜べないよ」「本当だねぇ」 (さとう) 続きを読む

受信 2004/06/03 14:31:39

» その名は『スキップ。』よろしくお願いいたします。 [スキップ。 から]
一生付き合える自己表現方法として、短歌を選びました。「自分の歌」を作れるようになりたいです。 続きを読む

受信 2004/06/03 15:40:35

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
思い出す カーテンを開け空を見るひとりぼっちの星をつなげて(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/03 15:55:51

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
冬の空星を見上げて思い出すひとりになったあの日のことを(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/03 15:56:56

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
お前もか俺もそうだよ奇遇だねひきつり笑う独身二人(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/03 16:03:56

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
ひとりでもやってできないことはないだけど来るまでずーっと待ってるよ(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/03 17:25:44

» ひとりお題10 [ちっちゃなうーた から]
街角で独りぼっちを決め込んでティッシュもくれないまずまずでしょう(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/03 18:37:59

» お題とは関係ないけど7 [ちっちゃなうーた から]
教室で二人となるまで席にいて座ったまんまでキスをしようよ(鷲家正晃) ポケットの 続きを読む

受信 2004/06/03 18:58:09

» [短歌日記]ひとり…。 [おためしの日々 から]
絶対に幸せなんだ ひとりよりふたりの方がスナネズミなら(伊織はるか) 二人と一人でいることの価値についての比較短歌を結構見かけるのですが なんか自分で考える... 続きを読む

受信 2004/06/03 19:29:43

» 04-0602 [block-notes から]
満員の最終電車にいる人よ一人残らず抱きしめてやる(青木麦生) 続きを読む

受信 2004/06/03 20:36:36

» 独りを嗤え!(7) [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
独りチャリンコで駆け上がっちまえ 絶叫そして悩み無用(PDP) 拝啓 枡野浩一  続きを読む

受信 2004/06/03 22:39:45

» 独りでは失踪癖がでますので2匹の猫は足枷代わり(井上なな) [スキップ。 から]
あー、失踪したい。 『居場所がない感じ』とか、『居場所を探したい』なんて思っているわけではない。 現実逃避には違いないか。 続きを読む

受信 2004/06/03 22:55:10

» [さよなら言葉 から]
あとひとりあとひとりきみ一人静か 最高のスローカーブを想う (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/06/03 22:55:46

» 短歌作りに参加です #17 [お天道様は許しても から]
独りでも生きていけると言った君 今は奥さんちょっと安心 (天国ななお) 歌人/枡 続きを読む

受信 2004/06/03 23:39:19

» 「ひとり」其の一 [コトバの旅 から]
泣かないで 人間なんてもともとは生まれたときから独りなんだし (菊千代)... 続きを読む

受信 2004/06/03 23:48:38

» 一人で短歌投稿 [日記ホプキンス から]
一人でも生きてみせるという決意だけはみんなに伝えておこう (志井一) 続きを読む

受信 2004/06/03 23:50:46

» 一人で短歌投稿 [日記ホプキンス から]
人生はともかく人生ゲームには最低一人相手がほしい 続きを読む

受信 2004/06/03 23:53:07

» ひとりでいるのはお好きですか。 [スキップ。 から]
独りでは失踪癖がでますので2匹の猫は足枷代わり(井上なな) あー、失踪したい。 『居場所がない感じ』とか、『居場所を探したい』なんて思っているわけではな... 続きを読む

受信 2004/06/03 23:55:57

» 短歌blog ひとり-1 [風信雲書 から]
この感じ 空を仰いで満月と見つめ合ってるフワフワひとり (佐藤 公) 今夜は、今 続きを読む

受信 2004/06/03 23:56:21

» 短歌作りに参加です #18 [お天道様は許しても から]
なぜ君は ひとりでなんでも抱え込む? 世界平和も晩のおかずも (天国ななお) 歌 続きを読む

受信 2004/06/03 23:57:07

» 「ひとり」其の二 [コトバの旅 から]
手をつなごう 一人はとてもさむいから 手をつなごう 手をつなごう (菊千代)... 続きを読む

受信 2004/06/04 0:01:01

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「笑い」その7 再修正 [PurpleMoon - Online Diary から]
心から笑うわたしと出会ったの 顔上げた先 窓ガラスの中 (紫月美夜) 枡野浩一のかんたん短歌blogで起きているムーミンムーブメント(震源地は... 続きを読む

受信 2004/06/04 0:07:21

» 短歌blog ひとり-2 [風信雲書 から]
自意識過剰のひとりがいっぱい あなたもわたしもその他大勢 (佐藤 公) そう笑い 続きを読む

受信 2004/06/04 0:18:08

» http://hanahito.way-nifty.com/temari/2004/06/post_4.html [P+P  から]
独り言雑踏の中に落としてたひゅんと消えてく君のほんとう (安藤三弥) あとひとり 続きを読む

受信 2004/06/04 0:23:01

» 短歌blog ひとり-3 [風信雲書 から]
あいさつは社会のルールだそうだから おやすみ自分おはよう自分 (佐藤 公) もう 続きを読む

受信 2004/06/04 0:31:05

» [さよなら言葉 から]
「フレア」夏の地表を駆けるダイバーに ひとりの空に憧れてゆく (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/06/04 0:51:56

» ひとり [P+P  から]
時間ギレひとりでしてるかくれんぼ溜め息ぜんぶ燃えないゴミに (安藤三弥) 自作自 続きを読む

受信 2004/06/04 0:58:38

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
百人のただの友達近くてもひとりの人が遠く悲しい(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/04 1:09:43

» 甘い砂 [P+P  から]
甘い砂埋もれたならばひとりきりもがもがしてるざらついた喉 (安藤三弥) 続、自作 続きを読む

受信 2004/06/04 1:10:20

» ひとりお題11 [ちっちゃなうーた から]
一人でも出来ることとか家でして二人で出来るキスをしようよ(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/04 1:10:46

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
サークルでお前以外は一人だろだから言ったじゃんカバディはないよ(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/04 1:13:33

» ひとり【1】 [on the 31 から]
いつだって基本は一人君と僕 いつかのためのそんなスタンス (高橋えっくす) 続きを読む

受信 2004/06/04 1:52:55

» ひとり【2】 [on the 31 から]
ツナ缶が微妙に多い寂しさとともににパスタを一人分ゆでる (高橋えっくす) 6年のひとり暮らしはダテじゃない 右手が覚えたパスタ一人分 (高橋えっくす) 続きを読む

受信 2004/06/04 1:54:02

» ひとり【4】改 [on the 31 から]
仕方ない僕はAB型だからひとりが好きで孤独がイヤで (高橋えっくす) ひとりが好きで孤独が嫌いっていうのは、 どっかで聞いたことがある気もする。陳腐だ。あー陳腐だ。 続きを読む

受信 2004/06/04 1:55:15

» ひとり【6】 [on the 31 から]
君が来るビフォア・アフター咳をする ひとりじゃないこと確かめてみる (高橋えっくす) 続きを読む

受信 2004/06/04 2:00:13

» ひとり【3】 [on the 31 から]
かけひきにセックス使う女にはひとりエッチを披露してやれ (高橋えっくす) 続きを読む

受信 2004/06/04 2:01:45

» ひとり [ひつじUP から]
生きるのもひとりひとつと限られて並び続ける精算のレジ (野上由) 続きを読む

受信 2004/06/04 9:06:01

» カンタン短歌 [豆★Cafe から]
秒針と君の寝息がハモってる うるさくて僕ひとりしあわせ(栗原あずさ) 続きを読む

受信 2004/06/04 9:14:06

» ひとりだちした日の朝もひとりたちあてもないのに街を歩いた [■私設伏魔殿■ から]
ひとりだちした日の朝もひとりたちあてもないのに街を歩いた (詠人不死) 続きを読む

受信 2004/06/04 11:36:13

» ひとりぼっちの深呼吸 [嘘つきな記憶 から]
ひとりって好きじゃなくても楽しめる空気を吸って更新するぞ (小栗響子) 続きを読む

受信 2004/06/04 16:36:35

» ひとりお題 [ゆっちい’s Pub から]
雑踏で初めて判るひとり(ゆっちい) 続きを読む

受信 2004/06/07 3:36:38

» ひとりお題 [ゆっちい’s Pub から]
雑踏で初めて判るひとり(ゆっちい) 続きを読む

受信 2004/06/07 3:38:14

» ひとりお題 [ゆっちい’s Pub から]
雑踏で初めて判るひとり(ゆっちい) トラックバックの練習に(苦笑) 続きを読む

受信 2004/06/07 3:45:56

» お題「ひとり」 [雑草ノート から]
代休日集中豪雨に遮られ愚痴もいえないひとり下校 (尾渡)     いつもは土日に 続きを読む

受信 2004/06/07 10:11:01

» ひとりお題 [徒然ぺんぺん草 から]
ひとりきり 遠慮いらない へへへのへ 唸る爆音 天地を揺らす(徒然ぺんぺん草) 続きを読む

受信 2004/06/08 0:22:24

» ひとりお題 [徒然ぺんぺん草 から]
ひとりきり 遠慮いらない へへへのへ 唸る爆音 天までとどけ(徒然ぺんぺん草) 続きを読む

受信 2004/06/08 0:24:43

» 短歌(ひとり) [気まぐれ通信 から]
一つ屋根の下にいても思います私一人がミスキャストです(秋野道子) *これは、枡野 続きを読む

受信 2004/06/08 14:53:48

» ひとりお題 [徒然ぺんぺん草 から]
ひとりきり 今がチャンスだ へへへのへ 地の果てまでも 響け爆音 (徒然ぺんぺん 続きを読む

受信 2004/06/08 16:19:14