« 「笑い」終了、次のお題発表 | トップページ | 「ひとり」評その2 »

2004.06.04

< 「ひとり」評その1 >

 今週は松尾スズキさんにくらべたら全然ヒマでした。
 という屈折した言い方で自らの多忙ぶりをアピールし、松尾さんと面識があることを遠まわしに自慢してみました。
 枡野浩一の「ひとり」短歌、いろいろ傑作があった気がするのですが、自分の短歌を記憶の片隅からピックアップしタイピングして念のため本で誤字がないかどうか確認するなんていう卑屈な行為ができないほどの慌ただしい日々だったため、また今度。にさせてください。っていうか、だれか代わりにやってくれませんか……枡野浩一の本たくさん持ってる人! ひとりくらいはいないの? 助けてください! 世界の中心でさけぶ僕を助けてください!! 映画も見たし原作も謎解き本も読みました『……愛をさけぶ』。
 あしたの土曜日、東京地方の人は朝日新聞夕刊を読んでね。連載コラムで謎解き本のこと書きました。
 そしてあさっての日曜日、毎日新聞で新連載が始まります。毎週です。全国で読んでください。
 連載のしめきりがこんなにも毎日のように訪れていいのかしら。ひとりになるとわいてくるそんなかなしい不安を頭から振り払い、今週も笑顔でお届けします、『枡野浩一のかんたん短歌blog』。

hitori02.jpg絵・武山忠司

 今週は「232」の投稿がありました。
 われながら、いいお題だったと思うけれど、難しかったかも。
 常連さんの作品は厳しめに選びました。


一人きりサーティーワンの横で泣き ふるさとにする吉祥寺駅 (木村比呂)

 「ふるさとにする」ということは、ふるさとではないのですね。
 転校生チルドレン(角川文庫『君の鳥は歌を歌える』参照)である私には気持ちがわかる歌です。サーティーワンのある吉祥寺在住だし。
 そうでない人の感想が知りたい。木村比呂さんのblogに書いてください。


ひとりでは出来ないことを考えて血液型をとりあえず聞く (木村比呂)

 似たテーマの作品は多かったけれど、この短歌のキーは「血液型をとりあえず聞く」です。
 こういう具体性があると、「あらすじ短歌」から遠ざかりますね。
 セックスしたくなったからナンパした、というあらすじなの? これって。ちなみに。


僕はまたひとりでいます 君の歌 好きだったけど今も好きです (木村比呂)

 「好きだった」ときて、「けど」でつないで、「今も好きです」と落としましたか。
 広告のコピーライターならよくやる手だけど、わりとすんなり楽しみました。
 「君のこと」ではなく「君の歌」としたのがよかった。「こと」だとストーカー呼ばわりされちゃうし。


百人も集まっちゃうとかさむから一人力で何とかします (柴田有理)

 「かさむから」という語彙がいい。手づかみで取りだした言葉という感じがして。


観客が一人いるのでもう少し生き物っぽい顔をしましょう (柴田有理)

 これも同様。「生き物っぽい」という言い方で、短歌が成立しています。


ハイヒール履いても死んだりしない人ばかり住んでる都会でひとり (鳴井 有葉)

 この短歌を見て佐藤真由美の作風を連想しました。読んだ? 


帰り道ひとりになると君の名でいっぱいになってしまうたすけて (鳴井 有葉)

 うまいんだけど、なんていうのかな……。
 NHKの短歌コンクールで佳作とかとりそうなうまさです。
 グランプリはとらない。
 あなたはきっと短歌をわりと本格的にやっている人ですね。
 もっと別の地点に行きたいと本気で思う人は、変われると思います。


ひとり好きひとり小鳥と住んでます檻の中なら安心に死ぬ (安藤三弥)

 これも同様。「檻の中なら安心に死ぬ」が、安心な鋭さというか。
 今後に期待。


思いきり傷つくような捨て台詞考えている 一人になって (山田あさひ)

 推敲で迷ったようですが(山田あさひさんのblog参照)、語尾は「一人のときは」より「一人になって」のほうが断然いいです。
 後者のほうが「動き」があるでしょ。相手との関係性が見えるというか。
 鳴井有葉さんの短歌も参照(かぶるかな?)。
 あと、加藤千恵の短歌に同案があった気もする……だれか調べて!


特別な2人じゃなくてありふれたひとりとひとりだったみたいだ (小島けいじ)

 これは模範回答的な正解。ここから、もっと遠くへ行けるといいですね。


なにもかも二分の一で生きていく 気づいてたけどひとりぼっちだ (栗原あずさ)

 これは「気づいてたけど」がいい。改めてまた気づいた感じがして。
 前半はふつう。


もう二度とひとりはいやと言う君はハルマゲドンとか信じるタイプ (松下知永)

 後半がよかったです。この前半はあまり後半をいかしてない。


二人より一人がいいと言っただけ 母の涙の意味が不明だ (ナシノ)

 「意味が不明だ」は「意味不明」という熟語を無理に七五調にハメたみたいに見えてマイナス。
 わざとかたい言葉にした、という気もするけど。
 あと、まだちょっと「あらすじ短歌」っぽいかな……。


街へ行くあの子のいない放課後にひとり足りない野球をしてる (出石正比古)

 前半は「あらすじ短歌」的だが、「ひとり足りない野球をしてる」という物語性にひかれました。
 よくある発想といえば、そうなのかな。ちょっと頭で考えないと読解できないところもある。
 推敲できるなら、試みてみてください。


一人ならいつものことだ だけど今テレビはつけっぱなしにしている  (辻一郎)

 こういうのが、模範回答をちょっと上回っている例。
 「一人」以上の孤独感が伝わってきます。


「ぼっち」とか「きり」とか「だけ」っていう尾っぽすら逃げちまい どうする? 「ひとり。」 (佐々木あらら)

 これはチャレンジ精神を買いました。

 今週は以上。
 ところで、他人の作品を利用してつくった短歌(パロディ、本歌どり)に関しては拙著『日本ゴロン』(毎日新聞社)に書いたことがあるので繰り返しませんが、こんなやりとりhttp://yuraku.tea-nifty.com/days/2004/05/post_42.htmlをしたので参照してみてください。
 というわけで、また来週。

2004 06 04 05:02 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/703632

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとり」評その1:

» 短歌短歌 [もうすぐ春ですね。 から]
この生命 悪魔にわたして死んでもいい あなたのたったひとりになれたら(文月) ト 続きを読む

受信 2004/06/04 18:31:43

» <報告>枡野短歌集で見つけた「ひとり」の入った歌について [僕の腎臓が大変なことに!ANNEX から]
 どうも、佐々木あららです。  今週はお忙しかったというマスノ師に代わりまして、表題の件につきまして、僭越ながら調査をいたしました。とはいえ、僕の持っているマ... 続きを読む

受信 2004/06/04 18:53:57

» 【2人目】「短歌ヴァーサス 1号」より「ひとり」短歌抜粋 [ゆらゆらでい から]
「短歌ヴァーサス 1号」P6より枡野さんの「ひとり短歌」抜粋 被害者が四人ゐる家 続きを読む

受信 2004/06/04 20:18:46

» [歌][選評][枡]短歌日記「ひとり4」 選評 [胡桃の中の航海日誌@はてな版 から]
先日詠んだ、 -街へ行くあの子のいない放課後にひとり足りない野球をしてる (出石正比古) が「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.c ... 続きを読む

受信 2004/06/04 20:21:05

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
やることが無い訳じゃない試験前出した答えがひとりしりとり(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/04 20:24:22

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
サクラチル命を散らすようだから一人はつらい桜並木は(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/04 20:26:25

» [枡]枡野浩一Wiki [胡桃の中の航海日誌@はてな版 から]
枡野センセの「ひとり」短歌集オカザキなをさんがTrackbackでという提案がありました。なんか、著作権が絡みそうな気がしますが、「枡野浩一Wiki」なんてのを... 続きを読む

受信 2004/06/04 20:36:08

» 「ひとり」 [海色炭酸水 から]
ひとりですあすもときどきひとりです 雨でも降ればいい気味でしょう(平賀谷友里) 続きを読む

受信 2004/06/05 0:40:55

» カンタンタンカ20 [りんぐりんく から]
君が今1人でいると知ったから携帯電話の電源をオフ (ナシノ) 特別なオンリーワンと言ったって結局みん 続きを読む

受信 2004/06/05 0:51:07

» ひとりじゃないってすてきなことね [katan から]
誰とでも仲間になってともだちになろう ひとりで歌ってたっけ(佐々木なふみ) いそ 続きを読む

受信 2004/06/05 1:11:14

» 【枡野浩一のかんたん短歌blog】「ひとり」その3 [PurpleMoon - Online Diary から]
「ひとりでは寂しいだろ?」だなんていうキミはふたりでも満足しない (紫月美夜)   マスノ師の新聞連載が増えるらしいです。 「ひとり」評その1<... 続きを読む

受信 2004/06/05 1:14:17

» ぬいじゃおっかな [katan から]
一人きり鏡に映すはだかんぼ 分け合ったならヌードとよぶの(佐々木なふみ) わらっ 続きを読む

受信 2004/06/05 1:20:52

» 酔ったままトラバしてみるテスト(2回目) [仮操業 から]
初めての挫折は4度跳躍で トロイメライが弾けてかなしい(辻一郎)  ものすごくとってつけた知識ですが、  シューマンは音階上の4度跳躍によって  「憧... 続きを読む

受信 2004/06/05 1:57:10

» [歌][選評][枡]短歌日記「ひとり4」 選評 [胡桃の中の航海日誌@はてな版 から]
先日詠んだ、 -街へ行くあの子のいない放課後にひとり足りない野球をしてる (出石正比古) が「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.c ... 続きを読む

受信 2004/06/05 4:47:11

» 加藤千恵さんの短歌   [HELLOW,HOW ARE YOU? から]
-傷つけるための言葉をさがしてる 絶対2度と忘れないやつ(加藤千恵) -思いきり傷つくような捨て台詞考えている 一人のときは (山田あさひ) -思いきり傷つく... 続きを読む

受信 2004/06/05 9:56:19

» [短歌][mass] [D R Y D R Y D A Y S から]
>| クリスマス街にどっからかわいてきた人、人、ひとりきりの人々|< 半年以上まえの作ですが。 「ひとり」というと、やはり佐藤真由美さんの「今朝のん... 続きを読む

受信 2004/06/05 14:35:29

» ひとり・一人・独り [やっとできた~ から]
クラスでもお前一人がわかんない天才なのか天然なのか(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/05 15:12:29

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
ドナルドとミッキーミニーが踊ってる舞台の袖に外人ひとり(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/05 15:14:31

» カンタンタンカ16その2改 [りんぐりんく から]
二人より一人がいいと言っただけ 母の涙にドロップキック! (ナシノ) 他の改作ボツ案は、もっとあらす 続きを読む

受信 2004/06/05 16:16:38

» ひとり [仮操業 から]
乳児にはおむつを鬼に金棒を森に緑を僕に一人を(辻一郎)  ぼくにひとりを、のリズムは、テクマクマヤコン、に似ている。(←何?) 続きを読む

受信 2004/06/05 16:25:33

» ひとり [仮操業 から]
乳児にはおむつを鬼に金棒を森に緑を僕に一人を(辻一郎)  ぼくにひとりを、のリズムは、テクマクマヤコン、に似ている。(←何?) 続きを読む

受信 2004/06/05 16:27:08

» 短歌(ひとり) [気まぐれ通信 から]
変声器になる扇風機に「アー」と一人遊びもエアコンじゃ無理(秋野道子) *子供のこ 続きを読む

受信 2004/06/05 16:34:25

» Macの電源 [ゆらゆらでい から]
ひとりじゃない この瞬間もつながってる Macの電源落とさなければ (オカザキな 続きを読む

受信 2004/06/05 17:50:39

» ウイスキーを飲みながら [ゆらゆらでい から]
透き通るような気がする ただ1人強いお酒を飲み干すときは (オカザキなを) 「枡 続きを読む

受信 2004/06/05 17:57:25

» [歌][選評][枡]短歌日記「ひとり4」 選評 [胡桃の中の航海日誌@はてな版 から]
先日詠んだ、 -街へ行くあの子のいない放課後にひとり足りない野球をしてる (出石正比古) を「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.c ... 続きを読む

受信 2004/06/05 20:41:04

» 一人で短歌改作 [日記ホプキンス から]
これからは一人で生きる そう決めたことをみんなに報告しよう (志井一) 続きを読む

受信 2004/06/05 21:06:49

» ひとり [叫ぶ前に大体の夏は終わる から]
ブログが何だか良く分かっていませんが・・・ 続きを読む

受信 2004/06/05 21:13:30

» ひとり [叫ぶ前に大体の夏は終わる から]
半分にちぎれたとばかり思ってた夏 ひとりに戻っただけだった(安藤友洋) ようやく本当にトラックバックできた気が・・・ 続きを読む

受信 2004/06/05 21:18:49

» ひとりです [叫ぶ前に大体の夏は終わる から]
引越すとだけ書き込まれた掲示板 どこに?誰と?は聞けないひとり(安藤友洋) 分かったところで続けて投稿してみます 続きを読む

受信 2004/06/05 21:22:39

» [歌][投稿][枡]短歌日記「ひとり5」 [胡桃の中の航海日誌@はてな版 から]
-ぱっくりと突然開く黒い穴 僕ひとりしか見えないらしい(出石正比古) なぜかうまくTrackbackされない「ひとり5」。「ひとり4」ばかり誤送してしまいました... 続きを読む

受信 2004/06/05 21:48:04

» 音楽が [もうすぐ春ですね。 から]
音楽が好きなんですよ 人間て だって鼓動は太鼓じゃなーい?(文月) はい。意味分 続きを読む

受信 2004/06/05 22:14:34

» [さよなら言葉 から]
君は唯一人の楽器 ため息は優しく続く夜の調弦 (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/06/05 22:22:47

» ひとり。その3 [ひみつけっしゃ。 から]
ひとりとは不便なものだ喜びも悲しみも持て余してしまう(小島けいじ) *** 枡野 続きを読む

受信 2004/06/05 23:12:43

» ひとりお題12 [ちっちゃなうーた から]
一人より二人がいいね二人より一つがいいね 肉屋で待ってる(鷲家正晃) 簡単に書け 続きを読む

受信 2004/06/05 23:21:10

» 短歌 ひとり4 [世間知らずが行く から]
はぐれても一人で生きていけるのは私がライオンじゃないからです  (あきつよう子) 続きを読む

受信 2004/06/05 23:57:39

» 短歌 ひとり5 [世間知らずが行く から]
防災の日でもないのにテーブルの下に一人でいることがある  (あきつよう子) 続きを読む

受信 2004/06/05 23:59:55

» ひとり(その3) [タンタカタンカ から]
ともだちがひとりはいないと遊べない遊具にひとりまたがっていた(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/06/06 0:37:05

» ひとり(その4) [タンタカタンカ から]
さびしさに拍車をかける格好でひとりでできることをしておく(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/06/06 0:38:58

» ひとり(その5) [タンタカタンカ から]
号外によると絶滅寸前の「ヒトリボッチ」が保護されたとか(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/06/06 1:01:23

» ひとりお題13 [ちっちゃなうーた から]
肉屋には分かり合えない僕たちを一人にさせる方法がある(鷲家正晃) 以前書いた「肉 続きを読む

受信 2004/06/06 3:10:45

» 願い [ありがちな気持ち から]
言ってくれ聞こえるように 「あなたってひとりぼっちでさみしい人ね」(中谷香木) 続きを読む

受信 2004/06/06 5:18:03

» いいわけ? [ありがちな気持ち から]
1人でもたくさんの人愛すため君との時間減らしてみたり(中谷香木) 続きを読む

受信 2004/06/06 5:18:36

» 白状 [ありがちな気持ち から]
ちょっとゴメン猫を探しにいってくる君は逃げたりできない1人(中谷香木) 続きを読む

受信 2004/06/06 5:18:54

» 一人 [一知全解 から]
一人じゃない僕は一人なんかじゃない一人なんかじゃないんだってば(一知全解) 枡野 続きを読む

受信 2004/06/06 6:21:18

» 一人・2 [一知全解 から]
一人じゃない僕は一人なんかじゃない一人じゃないんだママあっち行け(一知全解) イ 続きを読む

受信 2004/06/06 6:30:14

» 枡野さんへの投稿 [和ちゃんブログ から]
大勢で遊んでる時ものすごく感じてしまう自分は一人(作 和ちゃん) また枡野浩一の 続きを読む

受信 2004/06/06 7:09:17

» 枡野さんへの投稿 [和ちゃんブログ から]
小説読んでいられるこれくらい孤独だという普通の事実(作 和ちゃん) 枡野浩一のか 続きを読む

受信 2004/06/06 7:40:56

» ひとりだってば [叫ぶ前に大体の夏は終わる から]
友達がたくさんいるのは分かったよ ひとりがそんなにに寂しいんだね(安藤友洋) 分かったところで続けて投稿してみます 続きを読む

受信 2004/06/06 8:42:14

» ひとりだってば [叫ぶ前に大体の夏は終わる から]
友達がたくさんいるのは分かったよ ひとりがそんなにに寂しいんだね(安藤友洋) 続きを読む

受信 2004/06/06 8:49:27

» ひとりなんです [叫ぶ前に大体の夏は終わる から]
たくさんの短歌がつくれて凄いねえ ひとりが本当に寂しいんだね(安藤友洋) 続きます。 続きを読む

受信 2004/06/06 8:51:16

» ひとりなんですってよ [叫ぶ前に大体の夏は終わる から]
ひとりきり恥を忍んでやらかして やらかしで世界を少しだけ変えた(安藤友洋) 以上です。 続きを読む

受信 2004/06/06 8:55:47

» カンタンタンカ19改 [りんぐりんく から]
ケイタイの画面の向こうの人もまた1人でいるのよあなたのせいで (ナシノ) 来ないかもしれない君を1人 続きを読む

受信 2004/06/06 12:01:30

» [さよなら言葉 から]
家出してぶっ壊されたマンションの欠片を拾い一人で怒る (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/06/06 13:34:01

» あめふり短歌 [いい大人の日記 から]
ボーナスをひとりで使う寂しさは 妻子持ちには分からぬ世界(電池) 枡野浩一さんのブログに投稿する短歌。 6月のテーマは「ひとり」です。一人の私にはピッタリ。... 続きを読む

受信 2004/06/06 13:56:45

» 短歌:ひとり [+++cahier bleu+++ から]
☆ひとりってさみしい人と自由へとはばたく鳥が同居すること(小野伊都子) 続きを読む

受信 2004/06/06 15:13:22

» 短歌:ひとり1-a [+++cahier bleu+++ から]
☆ひとりには寂しい人とのびのびと自由楽しむ鳥が同棲(小野伊都子) 「ひとり」短歌 続きを読む

受信 2004/06/06 15:17:33

» 短歌:ひとり2 [+++cahier bleu+++ から]
☆終点に行くのは私ひとりだけ運転手さん夏の底まで(小野伊都子) バスって不思議な 続きを読む

受信 2004/06/06 15:21:30

» 短歌:ひとり3 [+++cahier bleu+++ から]
☆白い朝ひとり迎えたあたしには白い月しか残らなかった(小野伊都子) パソコンが壊 続きを読む

受信 2004/06/06 15:26:06

» 短歌:ひとり4 [+++cahier bleu+++ から]
☆ひとりにはぽっちとぼっちがあるけれど今なんとなくぽっちのほうだ(小野伊都子) 続きを読む

受信 2004/06/06 15:27:35

» [歌][投稿][枡]短歌日記「ひとり6」 [胡桃の中の航海日誌@はてな版 から]
-ぬくもりを感じるほどに抱きしめて ひとりで愛の自給自足だ 。「枡野浩一のかんたん短歌blog」への投稿歌。どうぞよろしくお願いします。 「2004.06.0... 続きを読む

受信 2004/06/06 15:37:31

» ひとりお題14 [ちっちゃなうーた から]
肉体を有する一人の僕として精肉店のラベルは「僕」で(鷲家正晃) 以前書いた「肉屋 続きを読む

受信 2004/06/06 16:13:29

» [月下推敲][投稿][枡]「ひとり4.*」ひとり足りない野球 [胡桃の中の航海日誌@はてな版 から]
枡野先生に選評頂いた歌を推敲しよう。下のは元の歌 -街へ行くあの子のいない放課後にひとり足りない野球をしてる 下の句はそのままが良いかな。メンバーが足りないと困... 続きを読む

受信 2004/06/06 16:16:13

» [さよなら言葉 から]
一人食む背筋を伸ばす朝食にママンの作るジャムはおいしい (木村比呂)   続きを読む

受信 2004/06/06 16:20:11

» ひとりお題15 [ちっちゃなうーた から]
一人より二人がいいね二人より一つがいいね ハンバーグこねる(鷲家正晃) 以前書い 続きを読む

受信 2004/06/06 16:59:34

» ひとりお題16 [ちっちゃなうーた から]
一人と書き「かずと」と読ます人達のあだ名はきっと「かずとぼっち」だ(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/06 19:17:01

» Einsatz [もうすぐ春ですね。 から]
君からの アインザッツが来ないから 一人出遅れちゃったじゃないかっ(森乃 文月) 続きを読む

受信 2004/06/06 19:47:15

» 誰ひとり  [もうすぐ春ですね。 から]
誰ひとり わかってくれないわからない 涙こらえて眠るしかない(文月) 親も友達も 続きを読む

受信 2004/06/06 19:53:34

» ひとり改作 [シウマイ から]
ひとりでもいただきますを言える君ハルマゲドンとか信じるタイプ(松下知永) <改作別案> ●寄せ書きにひとり愛とかしたためたハルマゲドンを信じるタイプ ... 続きを読む

受信 2004/06/06 20:13:45

» Einmal bitte!! [もうすぐ春ですね。 から]
大切なチケットんぎゅって握ったら 半券切れて1万パーだよ(森乃 文月) 楽しみな 続きを読む

受信 2004/06/06 20:20:00

» とかみたいなひとり [P+P  から]
孤独とか意味不明とかとかなんかまあとりあえずついついみたいな (安藤三弥) 孤独 続きを読む

受信 2004/06/06 21:23:55

» とかみたいなひとり [P+P  から]
孤独とか意味不明とかとかなんかまあとりあえずついついみたいな (安藤三弥) 孤独 続きを読む

受信 2004/06/06 21:25:01

» ひとりとかふたりとか [P+P  から]
孤独とか意味不明とかとかとかと親指隠すような台詞で (安藤三弥) 続きを読む

受信 2004/06/06 21:28:30

» とかみたいなひとり [P+P  から]
孤独とか意味不明とかとかなんかまあとりあえずついついみたいな (安藤三弥) 孤独 続きを読む

受信 2004/06/06 21:31:47

» とかみたいなひとり [P+P  から]
孤独とか意味不明とかとかなんかまあとりあえずついついみたいな (安藤三弥) 孤独 続きを読む

受信 2004/06/06 21:35:46

» <報告>更新:枡野短歌集で見つけた「ひとり」の入った歌について [僕の腎臓が大変なことに!ANNEX から]
 どうも、佐々木あららです。  今週はお忙しかったというマスノ師に代わりまして、表題の件につきまして、僭越ながら調査をいたしました。とはいえ、僕の持っているマ... 続きを読む

受信 2004/06/06 21:58:23

» ひとりお題17 [ちっちゃなうーた から]
一人ならあなたの分も食べられる不幸だけれど太ってしまう(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/06 22:14:12

» ひとり。その4 [ひみつけっしゃ。 から]
ひとりとは思うことでも思い出すことでもなくて思い知ること(小島けいじ) 続きを読む

受信 2004/06/06 22:38:41

» 1人短歌・4 [クジラの日々 から]
どんなにか強い助言をもらってもたったひとりで決める決めてく (藤本洋子) 最後の 続きを読む

受信 2004/06/06 23:52:10

» 一人で短歌改作 [日記ホプキンス から]
これからは一人で生きる ただしこの決意を君に伝えてからだ 続きを読む

受信 2004/06/07 0:00:29

» 1人短歌・5 [クジラの日々 から]
唯一の私ひとりの言葉など無いかもしれない だから探す (藤本洋子) 気合で根気で 続きを読む

受信 2004/06/07 0:23:45

» ひとり7 [シウマイ から]
ハーモニカひとりぼっちで吹いてみる強くなってる気はしないけど(松下知永) 続きを読む

受信 2004/06/07 0:27:55

» ひとり8 [シウマイ から]
一匹か一頭なのか知らないがうちあげられた人魚はひとり(松下知永) 続きを読む

受信 2004/06/07 1:25:39

» 独りを嗤え!(6)−改 [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
独りで壊した貴方への想いは いつかのベンチで寝てるだろう(PDP) 拝啓 枡野浩 続きを読む

受信 2004/06/07 1:34:59

» ひとりなんですよね [叫ぶ前に大体の夏は終わる から]
いくらでもチャンスはあると言う君がひとり闘ってるのを見ている(安藤友洋) 短歌、楽しいです。まだまだ下手の横好きですが。 続きを読む

受信 2004/06/07 1:49:25

» 1人 短歌04 [豆電球 から]
よく似てる二人がケンカしないのは同じ理由で傷付く1人(中谷香木)... 続きを読む

受信 2004/06/07 5:30:26

» [僕の腎臓が大変なことに!ANNEX から]
メル友が一人無料でついてくるとかあるんならDocomoに替える(佐々木あらら) 続きを読む

受信 2004/06/07 6:28:39

» 短歌『ひとり』 [山姥的摩天楼生活 から]
本日の目玉コーナー我ひとり 来るんじゃなかった高級デパート kate松島 お題目 枡野浩一のかんたん短歌blogより。 続きを読む

受信 2004/06/07 11:14:01

» ひとり(改作・人魚) [シウマイ から]
一頭か一尾なのかは謎のままうちあげられた人魚がひとり(松下知永) <元歌> 一匹か一頭なのか知らないがうちあげられた人魚はひとり(松下知永) 続きを読む

受信 2004/06/07 12:19:40

» ひとりより・・ [The evening star から]
 それぞれの 日常ひとり 戦いて されど心は いつでもふたり (花梨)  久しぶ 続きを読む

受信 2004/06/07 12:30:46

» ひとり その11 [翡翠色 から]
僕と君一人と一人が一緒なら二人になれるはずだったのに(映美) 続きを読む

受信 2004/06/07 15:43:54

» ひとり その12 [翡翠色 から]
僕と君1+1の正解は2じゃなかったの なのに1人だ(映美) 続きを読む

受信 2004/06/07 15:46:12

» ひとり その13 [翡翠色 から]
ひとりでも困ることなど何も無いただつなぐ手がないだけのこと(映美) 続きを読む

受信 2004/06/07 15:48:18

» ひとり その14 [翡翠色 から]
さよならと何度言ってもついてくと言うんだ僕は一人の僕に(映美) 続きを読む

受信 2004/06/07 15:50:56

» http://lovo.cocolog-nifty.com/lovo/2004/06/post.html [○△□ から]
午後9時の選択肢 いち、ドラマ見る に、スタバに行く さん、寝てしまう (松陽) 午後9時のスターバ 続きを読む

受信 2004/06/07 16:56:06

» 午後9時 [○△□ から]
午後9時の選択肢 いち、ドラマ見る に、スタバに行く さん、寝てしまう (松陽) 午後9時のスターバ 続きを読む

受信 2004/06/07 16:57:09

» 短歌 ひとり6 [世間知らずが行く から]
差し出したつもりもない手をつかまれる前に一人で生きてしまおう  (あきつよう子) 続きを読む

受信 2004/06/07 17:04:51

» 短歌『ひとり』part2 [山姥的摩天楼生活 から]
「おまえってひとりよがり」とつっこむも ひとりよたるは腰痛夫 (kate松島) 別に説明するほどの歌でもない。そのままである。 http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/703632 続きを読む

受信 2004/06/07 17:35:55

» ひとりお題18 [ちっちゃなうーた から]
手を伸ばし「ウルトラ怪獣ペスター」と叫んでみてもやっぱ一人だ(鷲家正晃) ペスタ 続きを読む

受信 2004/06/07 17:56:03

» お題「ひとり」2号 [雑草ノート から]
ひとりきり相手のこころ想像し自分のためにひとり涙す (尾渡)   反省したんでも 続きを読む

受信 2004/06/07 18:10:34

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
わからない 近代国家は意地をはる悪はホントにひとりなのかな(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/07 18:11:21

» 一人・ひとり・独り [やっとできた~ から]
いつまでもやってんじゃねーよ ひとりでも助かることが重要なはず(降矢亜呂晴) 続きを読む

受信 2004/06/07 18:13:10

» お題「ひとり」2号 [雑草ノート から]
ひとりきり相手のこころ想像し自分のためにひとり涙す (尾渡)   「枡野浩一のか 続きを読む

受信 2004/06/07 18:15:02

» ひとりお題19 [ちっちゃなうーた から]
無理をして歩幅合わせる奴らには一人二脚(いちにんにきゃく)ダッシュ力(りょく)見 続きを読む

受信 2004/06/07 18:36:37

» ひとり・二案 [仮操業 から]
割り切れぬ思いは暗算したりせず余る一人を味わっている(辻一郎) 割り切れぬ思いは今もそのままで余る一人を味わっている  掛け算はマスノ教祖が既に使っ... 続きを読む

受信 2004/06/07 18:38:09

» ひとり [仮操業 から]
一人きりだからといって僕の骨そんなにかきまぜないでください(辻一郎) 続きを読む

受信 2004/06/07 19:55:44

» 短歌 ひとり [HELLOW,HOW ARE YOU? から]
・ほらここが夜と朝との境界線 明日はひとりで海にも行ける 海ってどうかな。カッコつけすぎかもしれません。 ・ほらここが夜と朝との境界線 明日はひとりでコミケ... 続きを読む

受信 2004/06/07 20:29:42

» ひとり [魚石 から]
「ひとりだ」と泣く友人の横に居る私は一体何者だろうか (古川あき) はじめての挑戦です。 続きを読む

受信 2004/06/07 20:51:59

» [歌][月下推敲][投稿]短歌日記「ひとり4.2」ひとり足りない野球 [ミクロコスモス譜(旧胡桃日誌はてな版) から]
「ちっちゃなうーた」の鷲家さんと枡野先生からアドバイスいただきました。ありがとうございます。 鷲家さんのご指摘は「下駄箱にあの子の靴がもうなくて」では、では転校... 続きを読む

受信 2004/06/07 21:40:39

» 一人で短歌投稿 [日記ホプキンス から]
誰だってかけがえのない一人だといえる矛盾に救われている 続きを読む

受信 2004/06/07 21:48:02

» 「ひとり」 [蛙の惑星 から]
ひとりだと少しアクセル深くなるそんなに大事な命じゃないかも(棚田蛙) 続きを読む

受信 2004/06/07 22:31:58

» [海色炭酸水 から]
永遠に叶うことない恋であれ消せぬ私の灯火であれ(平賀谷友里) 続きを読む

受信 2004/06/07 23:29:05

» 携帯電話 [もうすぐ春ですね。 から]
ケータイで必死に呼び出ししてみても どうせ来るのは一人か二人(森乃文月) 経緯 続きを読む

受信 2004/06/08 0:09:23

» Grandmother [もうすぐ春ですね。 から]
大病に冒され床にふす祖母を一人残して病室を去る(森乃文月) 病院がうちのそばなら 続きを読む

受信 2004/06/08 0:17:59

» 独りを嗤え!(7)−改 [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
独りチャリンコで駆け上がっちまえ 絶叫だ!もう悩み無用(PDP) 拝啓 枡野浩一 続きを読む

受信 2004/06/08 0:37:22

» カンタンタンカ21 [りんぐりんく から]
自分しか存在しないと思い込む一人病に伏せっています (ナシノ) やまいってふりがなふるべきか?それよ 続きを読む

受信 2004/06/08 0:59:56

» 1人 短歌05 [豆電球 から]
クッションもヒトリの音を消すためにいつもと違う形をしてる (中谷香木) 続きを読む

受信 2004/06/08 5:23:51

» お題とは関係ないけど8 [ちっちゃなうーた から]
なめ茸の瓶にマイマイ閉じ込めて模型飛行機よりも回転(鷲家正晃) 飛んでいけ痛いの 続きを読む

受信 2004/06/08 6:44:24

» ひとりお題20 [ちっちゃなうーた から]
一人でも「行ってきます」と家を出る アムロにしても言いっぱなしさ(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/08 6:46:16

» カンタン短歌 [豆★Cafe から]
ひとりきりになりたいとか思うのはたいして不幸ではないひとだ(栗原あずさ) 続きを読む

受信 2004/06/08 8:22:03

» かなしみをもういちど [りんぐりんく から]
君は「ある!絶対!」と言い張るけれど月にさえ無い哀しの海は (ナシノ) くもりさえかなしみのような気 続きを読む

受信 2004/06/08 12:04:51

» かなしみをもういちど [りんぐりんく から]
君は「ある!絶対!」と言い張るけれど月にさえ無い哀しみの海 (ナシノ) くもりさえかなしみのような気 続きを読む

受信 2004/06/08 15:23:15

» 1人短歌・6 [クジラの日々 から]
片恋は一人相撲だ それなのにあなた無しには取り組めないんだ (藤本洋子)     続きを読む

受信 2004/06/08 18:42:30

» 1人短歌・7 [クジラの日々 から]
そして今私ひとりになる訳は放課後のない子供だから (藤本洋子)  字あまりになっ 続きを読む

受信 2004/06/08 18:53:58

» カンタン短歌 [豆★Cafe から]
ちょうどいい独り加減になった みんながいるし あなたがいない(栗原あずさ) 続きを読む

受信 2004/06/08 18:55:02

» ひとり [シウマイ から]
僕らってあなた様からくくられた僕らのひとり ふつつかですが(松下知永) 続きを読む

受信 2004/06/08 18:57:37

» 1人短歌・8 [クジラの日々 から]
孤独なら退治出来ると思ってた二人でいれば一人じゃないから (藤本洋子)  「一人 続きを読む

受信 2004/06/08 19:00:35

» ひとりお題21 [ちっちゃなうーた から]
ニンジンを持って「一人じゃ死にます」といってヒヒヒと泣いちゃいけない(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/08 19:20:21

» http://kasane.cocolog-nifty.com/reach/2004/06/post.html [reach から]
ひとりでも 生きてゆけるという悟り 38度の熱に立ち去り(水橋かさね) 続きを読む

受信 2004/06/08 19:30:15

» カンタン短歌 [豆★Cafe から]
ひとりきりでいると決めた 2分後の着信音でなかったことに(栗原あずさ) 続きを読む

受信 2004/06/08 19:51:37

» ひとりうたたね [P+P  から]
うたたねで寝過ごしたみたいな夏は夕陽に消えて浜辺でひとり  (安藤三弥) 続きを読む

受信 2004/06/08 19:59:28

» 「ひとり」短歌 [野田の短歌 から]
ひとりには慣れているから IKKIとかアフタヌーンを読んでいるから (野田修平) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」初トラックバック。存在は知っていたが、... 続きを読む

受信 2004/06/08 22:00:12

» [歌][投稿][枡]短歌日記「ひとり4.3」 [ミクロコスモス譜(旧胡桃日誌はてな版) から]
-下駄箱にあの子の名前がもうなくて ひとり足りない野球をしてる (出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))へ ... 続きを読む

受信 2004/06/08 22:01:19

» 「ひとり」短歌2 [野田の短歌 から]
手が二本 足が二本に口ひとつ みんな一人だ文句を言うな (野田修平) 以前TOKYO WALKERとnifty、東ハトのコラボ広告があった。そのうちのni... 続きを読む

受信 2004/06/08 22:07:51

» 「ひとり」短歌3 [野田の短歌 から]
手に入れた分だけ失う法則を教える名前 斎藤一人 (野田修平) 「ひとり」と聞いて最初に浮かんだのが「斎藤一人」と「劇団ひとり」でした。後者を詠み込んだ歌を現在思案中。 続きを読む

受信 2004/06/08 22:14:41

» ひとり短歌(1) [another pain から]
ひとりでも楽しめるっていうことを今すぐ誰かとわかちあいたい (伊勢谷小枝子) 続きを読む

受信 2004/06/08 22:24:38

» ひとり短歌(2) [another pain から]
軽すぎるリュックをひとりで背負ってた なにもかも入れたはずだったけど (伊勢谷小枝子) 続きを読む

受信 2004/06/08 22:25:26

» ひとり短歌(3) [another pain から]
このうちの誰かひとりに愛されて愛したままで別れるでしょう (伊勢谷小枝子) 続きを読む

受信 2004/06/08 22:26:23

» ひとり短歌(4) [another pain から]
もうひとり私がいたら今よりも2倍の深さで眠れるでしょう (伊勢谷小枝子) 続きを読む

受信 2004/06/08 22:27:24

» ひとり短歌(5) [another pain から]
初雪の最初につもる一粒をひとりで見てるような子だった (伊勢谷小枝子) 続きを読む

受信 2004/06/08 22:28:03

» 「ひとり」 [蛙の惑星 から]
ひとりにはさせないつもりの恋愛は孤独の味しかやれずに終えた(棚田蛙) 続きを読む

受信 2004/06/08 22:44:18

» ひとりと言えば [叫ぶ前に大体の夏は終わる から]
ひとりだけ忘れられない人がいる 忘れたいのは嘘って事か(安藤友洋) ありきたりかなあ。ありきたりですよね。 続きを読む

受信 2004/06/09 0:44:44

» おひとりさま。 [ハ ゴ ロ モ ア ン テ ナ から]
今日もまたお一人様ですみませんガムシロは2ヶお願いします (緒川景子)... 続きを読む

受信 2004/06/09 0:52:56

» おんなひとり。 [ハ ゴ ロ モ ア ン テ ナ から]
居酒屋に女が一人文句ある? 中身は水だだまされるなよ (緒川景子)... 続きを読む

受信 2004/06/09 0:56:32

» 今日はひとりで。 [ハ ゴ ロ モ ア ン テ ナ から]
お母さん 怖いものなどもうなくて今日はひとりで飲んできたんだ (緒川景子)... 続きを読む

受信 2004/06/09 0:57:52

» 1人 短歌01 改作 [豆電球 から]
唇が同時に動く 「あなたってひとりぼっちでさみしい人ね」(中谷香木) 続きを読む

受信 2004/06/09 1:42:41

» 1人 短歌02 改作 [豆電球 から]
あの事を笑い話しにするために1人で君とネタ合わせ中 (中谷香木) 続きを読む

受信 2004/06/09 1:44:00

» 1人 短歌06 [豆電球 から]
イジワルな気持ちが透けて見えたけど冴えてる時は1人きりだな (中谷香木) 続きを読む

受信 2004/06/09 1:44:42

» 1人 短歌07 [豆電球 から]
溜息で君の心に1人ずつ埋め込まれてく窒息しそう(中谷香木) 続きを読む

受信 2004/06/09 1:45:36

» ひとり。 [ハ ゴ ロ モ ア ン テ ナ から]
一匹と一人ですけどそれなりに幸せなので邪魔しにゃいでね (おがわけいこ) 続きを読む

受信 2004/06/09 1:51:50

» [歌][投稿][枡]短歌日記「ひとり1.1」 [ミクロコスモス譜(旧胡桃日誌はてな版) から]
-妄想がひとりで歩き出す前にベッドに伏してひとりで眠る(出石正比古) 「枡野浩一のかんたん短歌blog」((http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/))への投稿歌 ... 続きを読む

受信 2004/06/09 2:04:17

» ひとり(1) [ほおずり練習帳 から]
意地悪で口が悪くてわがままなあなたは独りだけど可愛い(田丸まひる) 初投稿になります。 ココログじゃなくても枡野さんのblogに参加できると知って、 早速お邪... 続きを読む

受信 2004/06/09 2:27:17

» あなたとあ [もうすぐ春ですね。 から]
あなたとあなた 間に私がいる ひとり入り込めるこの隙間(森乃文月) 邪魔する気は 続きを読む

受信 2004/06/09 8:39:25

» <あらら短歌> [僕の腎臓が大変なことに!ANNEX から]
ジョナサンのバイトの人よ今日だけは「おひとりですか」と訊かないでくれ(佐々木あらら) 続きを読む

受信 2004/06/09 9:30:11

» テーマ「ひとり」短歌 [di-no から]
ともに泣き食べたり飽きるほど寝てもひとりきりより夫婦は寂しい(龍見元菜) 先週投稿した歌の推敲です 続きを読む

受信 2004/06/09 15:58:01

» テーマ「ひとり」短歌 [di-no から]
私はその他大勢のひとりでも私のあなたはたったひとり(龍見元菜) 続きを読む

受信 2004/06/09 16:00:19

» 「枡野浩一のかんたん短歌blog」への投稿です。 [サルが出たからアタシはシアワセ?! から]
ひとりってさみしいけれどだからってあなたといたい訳でもないし 終電に駆け込んだん 続きを読む

受信 2004/06/09 16:02:42

» ひとり手 [P+P  から]
一人では気づかないこと書いてある手のひらに添うあなたの温度 (安藤三弥) 手を繋 続きを読む

受信 2004/06/09 16:25:29

» ひとり温度 [P+P  から]
うすい膜が張られている体温が伝わるほどにひとりにされる (安藤三弥) ここ最近、 続きを読む

受信 2004/06/09 16:26:12

» ひとり [ことりみそひと から]
何だってひとりでやれたはずだった一人になって何もできない 続きを読む

受信 2004/06/09 18:08:10

» ひとりお題22 [ちっちゃなうーた から]
一人だと死んでしまうと兎さん けれど死ぬまで鳴かない強いコ(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/09 18:17:38

» ひとり掃除 [P+P  から]
ひとりだと逃避する場所ありすぎて掃除ばかりしていたあの頃 (安藤三弥) 続きを読む

受信 2004/06/09 20:20:02

» ひとり [仮操業 から]
首の皮一枚だけで世の中とつながっているような一人だ(辻一郎) 続きを読む

受信 2004/06/09 20:53:38

» ひとりお題23 [ちっちゃなうーた から]
一人なら一緒に歩いてみませんか 二人だったら真ん中を希望(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/09 22:03:42

» 一人で短歌改作 [日記ホプキンス から]
これからは一人で生きる ただしこの決意は君に伝えてからだ (志井一) 続きを読む

受信 2004/06/09 22:46:06

» ひとり(その5改) [タンタカタンカ から]
あまりにもつながりすぎた世界から「最後のヒトリボッチ」が消えた(伊勢悟史) ※「ひとり(その5)」を改めました。 続きを読む

受信 2004/06/09 23:05:19

» ひとり(その6) [タンタカタンカ から]
二人とか三人とかを知る僕の一人はかなりの一人と思う(伊勢悟史) 続きを読む

受信 2004/06/09 23:32:10

» ひとり(2) [ほおずり練習帳 から]
君だけがわたしに優しいわけじゃない 泣き虫もわたし一人じゃないよ(田丸まひる) あなたにふさわしいのは、もうわたしじゃない。 早く気づけ、よ。 続きを読む

受信 2004/06/10 0:07:51

» ひとり(2) [ほおずり練習帳 から]
君だけがわたしに優しいわけじゃない 泣き虫もわたし一人じゃないよ(田丸まひる) あなたにふさわしいのは、もうわたしじゃない。 早く気づけ、よ。 続きを読む

受信 2004/06/10 0:09:11

» カンタン短歌 [豆★Cafe から]
マンネリはカレーライスできみじゃない 気づいてたけどひとりぼっちだ(栗原あずさ) 改作です。 元歌はコチラ↓ なにもかも二分の一で生きていく ... 続きを読む

受信 2004/06/10 0:09:19

» 1人短歌・9 [クジラの日々 から]
悪いのが君1人なら決着はとっくのとうについていたって (藤本洋子) 漢字が分から 続きを読む

受信 2004/06/10 0:23:46

» 「ひとり」 [蛙の惑星 から]
血の味がするほど駆けてもよみがえる独りの無垢を突き放す罪(棚田蛙) 続きを読む

受信 2004/06/10 0:50:33

» 短歌blog ひとり-4 [風信雲書 から]
きみ用に45センチあけたまま洋服ダンスと傘の右側 (佐藤 公) 居場所はまだある 続きを読む

受信 2004/06/10 1:12:51

» 1人 短歌08 [豆電球 から]
この悩み冷凍保存したほうが丸くおさまるそういう1人(中谷香木)... 続きを読む

受信 2004/06/10 6:20:18

» ひとり(再改作・ハルマゲドン) [シウマイ から]
人ひとり殺せぬような顔をしてハルマゲドンとか信じるタイプ(松下知永) 片時もひとりになれぬさっちゃんはハルマゲドンとか信じるタイプ(松下知永) 続きを読む

受信 2004/06/10 8:11:19

» ひとり [シウマイ から]
ひとりでは幸せ太りと言われない私ひとりに出戻りました(松下知永) 続きを読む

受信 2004/06/10 8:12:34

» ひとり(先ほどの改作) [シウマイ から]
ふたりなら幸せ太りですんだのに私ひとりに出戻りました(松下知永) 続きを読む

受信 2004/06/10 12:13:27

» 指輪 [もうすぐ春ですね。 から]
気になるのあなたが独り者なのか ついつい 続きを読む

受信 2004/06/10 12:44:19

» ハタチ [もうすぐ春ですね。 から]
独り立ち ハタチになればできますか 年金 続きを読む

受信 2004/06/10 13:08:54

» 短歌(ひとり) [気まぐれ通信 から]
歯のために診察台に1人寝てドラキュラの夢醒めると終る(秋野道子) *妄想短歌って 続きを読む

受信 2004/06/10 19:55:10

» ひとりお題24 [ちっちゃなうーた から]
一人だけ仲間はずれがいますので僕は含まず探して下さい(鷲家正晃) 続きを読む

受信 2004/06/10 20:11:21

» ひとり歩く [P+P  から]
止まらずにひとりで歩くその先に君がいるなら夢見通りだ (安藤三弥) 止まれない夢 続きを読む

受信 2004/06/10 20:12:33

» スローロリス [P+P  から]
スローロリスという名のさる肩に乗せナウシカ気分でひとり旅立つ (安藤三弥) 続きを読む

受信 2004/06/10 20:13:15

» テーマ「ひとり」短歌 [di-no から]
帰り待つ人がいるのといないのと違う意味持つひとりの孤独(龍見元菜) 続きを読む

受信 2004/06/10 22:23:06

» ひとり。その5 [ひみつけっしゃ。 から]
許されることのない上ひとりとは許すことすら許されぬのか(小島けいじ) 続きを読む

受信 2004/06/10 22:38:17

» ただひとり。 [ハ ゴ ロ モ ア ン テ ナ から]
ただひとりわたしのために作られたものは貴い それが嘘でも(緒川景子)... 続きを読む

受信 2004/06/10 23:00:43

» お題 ひとり0610 [幸せな歌 から]
一兆のお金あげると言われても一人ぼっちになるんはいやよ  (丹生谷歩美) 続きを読む

受信 2004/06/10 23:24:11

» お題 ひとり0610-2 [幸せな歌 から]
かっこええもんなんやろと思ってた一人暮らしの正体見たり  (丹生谷歩美) 続きを読む

受信 2004/06/10 23:28:47

» 「ひとり」 [蛙の惑星 から]
雨の海水着で無理にはしゃぐ君ひとりの予感をかき消すように(棚田蛙) 続きを読む

受信 2004/06/10 23:37:02

» 「ひとり」 [蛙の惑星 から]
ひとりだとあんまり子供は生まれない先祖の皆様、ここで終了(棚田蛙) 続きを読む

受信 2004/06/10 23:38:00

» ひとり 短歌 [サルが出たからアタシはシアワセ?! から]
二十八 ワタシは今もひとりです 三年前もひとりでしたし (加々見 アンジー) ワ 続きを読む

受信 2004/06/10 23:44:43

» ひとり 短歌 [サルが出たからアタシはシアワセ?! から]
二十八 ワタシは今もひとりです 三年前もひとりでしたし (加々見 アンジー) ワ 続きを読む

受信 2004/06/10 23:47:12

» 仮復活 [引っかかった破片+31 から]
ひとりではジャンケンすらもできなくて にぎりしめてたこぶしはグーだ(峰尾拓海) 続きを読む

受信 2004/06/11 7:22:08

» 短歌作りに参加です #19 [お天道様は許しても から]
いいんだよ ひとりで抱え込まなくて 世界平和も晩のおかずも (天国ななお) 歌人 続きを読む

受信 2004/06/11 9:40:55

» お題目は「ひとり」 [一番風呂 から]
仮に今あなたと私が一緒でも「二人」じゃなくて「ひとり」と「ひとり」(益眠) マスノさんのかんたん短歌blogへの投稿でございます、懲りずに(笑) 続きを読む

受信 2004/06/11 9:47:37

» 2号改改 [雑草ノート から]
この位置はヒトのかたちも見えなくてむしゃくしゃするから独りでいる (尾渡) 餓鬼 続きを読む

受信 2004/06/12 0:07:05

» 携帯電話 [もうすぐ春ですね。 から]
ケータイで必死に呼び出ししてみても どうせ来るのは一人か二人(森乃文月) 経緯 続きを読む

受信 2004/07/11 22:59:46

» Grandmother [もうすぐ春ですね。 から]
大病に冒され床にふす祖母を一人残して病室を去る(森乃文月) 病院がうちのそばなら 続きを読む

受信 2004/07/11 23:01:29