« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.26

< サイン会の記事/「啄木」報告 >

 人気blogランキングはカテゴリーを「ギャンブル」とか「芸能人」とかにしてみた。「詩」とかより断然面白いね、「恋」のblog。

 このあいだやったサイン会に関する記事が出ました。
http://cbn.cocolog-nifty.com/news/2005/02/post_11.html
 あと「週刊朝日」にも報告書いたのでよろしく。

 啄木のメンバーを発表します。

枡野浩一(MC)
松陽(ボーカル)
佐々木あらら(三味線)
緒川景子(フルート)
森文月(キーボード)
石原行雄(ギター)

河井克夫(プロデュース)
篠田算(衣装)

 予約受付中です。来てください。MC(トーク)が99%の、さだまさしもびっくりのライブだと思うけど。
http://www.loft-prj.co.jp/LPO/masuno/
 飛び入りで歌ったり演奏したりしたい人は、枡野浩一(ii@masuno.de)までメールでお問い合わせください。

2005 02 26 05:37 午後 | 固定リンク

2005.02.23

< 3月のお題は「一番」 >

人気blogランキング、まあ!
「一番」短歌のトラックバック:http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3047158



 きょうは春一番が爽やかだったので、3月のお題は「一番」にします。この言葉を短歌に必ずいれてね。「いちばん」「イチバン」「1番」なども可。でも「ナンバーワン」はチョットご遠慮ください。
 昔書いた俳句を載せておきます。

春一番 盗んだバイクで走り出す   (浩一)

2005 02 23 04:05 午後 | 固定リンク | トラックバック

2005.02.22

< 「眞鍋かをり短歌」終了 >

人気blogランキング、んー。
「眞鍋かをり短歌」のトラックバック:http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035599



 「枡野浩一は、Sなのか?」と言われて、そうかもしれないと思い始めている枡野浩一です。こんな仕事やってます。「啄木」のライブツアーも予約受付スタートです。ぜひ覗きにきて、私のSぶりを見つめてください。苦しい恋をしたい人は私に弄ばれてください。
 眞鍋かをりさんの短歌は相変わらず苦しい。眞鍋かをりさんに『かんたん短歌blog』を見られていない感じも苦しいです。今週は209の投稿を拝読しました。

鍋4絵・武山忠司

 苦しい恋をしている人が多いですね、『かんたん短歌blog』。私のS体質が、Mの投稿者を引き寄せるのでしょうか。

明日もまた私の弱音を聞き出してあなたは安心して眠るだろう (古内よう子)

 そんな男、やめときなよ……。

待たされることはすっぱい 二時間も待たせる人とゆくいちご狩り (英田柚有子)

 そこまで待たせたことないよ、さすがの僕も……。

明日死ぬとすでにわかっているならばしないがまんを今日もしている (古川亜希)

 がまんするから、調子にのるんでは……。

 たまに幸福な恋があると、ほっとしますね。

冬の夜 君と歩いた 手袋をなくしたことは気づかずにいた (松陽)

 んー、ユニクロのCMコピーにつかえそうです。

アルコール濃度が空より濃い朝に電話が鳴って君からだった (春日刈)

 前半が少し気分に流れてるかな。改作案をいくつか、ここで募集してる「ケータイ短歌」のほうに応募してくれると嬉しい。

 さて、めぼしい眞鍋かをり短歌です。

いま眞鍋かをりになってたとしても生涯つめをかじっていそう (笹本奈緒)

あす眞鍋かをりになってたとしても一生つめをかじっていそう (笹本奈緒)

 くらべると、前者のほうが、整理されてないけど魅力的な気がする。どう?

2本目の道を左に曲がったら 眞鍋かをりが恋をしていた (松陽)

 眞鍋かをりデビューCDのコピーにつかえそうです。 

真夜中に凍えた部屋で君を待つ 再放送の眞鍋かをりと (榊 千奈津)

 日常の中の眞鍋かをりを捉えてくれました。「再放送の眞鍋かをり」というフレーズは秀逸。

霧雨がつぶつぶ染みて銀色の眞鍋かをりと散歩をしたい (木村比呂)

止まぬまま射すひかり差す傘を上げ眞鍋かをりがゆっくり歩く (木村比呂)

 眞鍋かをりを「説明」でなく「描写」しようとする木村比呂の挑戦。
 破門破門は取り消します。

 以上です。
 お題「眞鍋かをり」はとりあえず終了。眞鍋かをりさん、心に残った歌はあったでしょうか?
 次回のお題をまだ決めてないので、しばらくは「眞鍋かをり短歌」も受け付けますね。

2005 02 22 11:19 午後 | 固定リンク | トラックバック

2005.02.21

< ラジオ出演/ライブツアー予約 >

人気blogランキング、おお……。



 あと1時間ほどで最初の放送なんだけど、2月21日(月)から24日(木)までの4日間、ラジオに出ます。J−WAVE「PRIME ANGLE」(14:00〜17:00)の中の、『WEIDER POWER STORY』(15:20〜15:30)というコーナー。
 新刊『かなしーおもちゃ』(インフォバーン)の話をしてるからね。皆さんの短歌も朗読される予定です。
  http://www.j-wave.co.jp/original/prime
 

 
 啄木のかなしーライブツアーの予約がスタートしました!

 ↓ここから予約できます。
 http://www.loft-prj.co.jp/LPO/masuno/

 きのうのサイン会は、お客さんがあと5人、来てくれたら格好がついたのにな……。
 かなしーライブツアーは、枡野浩一の結婚式(滅多にない晴れ舞台)のようなものだと思って、来てください……どちらか1日なら、初日に。飛び入りで歌ったり演奏したりできる人も歓迎。
 芥川賞をとった阿部和重と生年月日が同じ枡野浩一に、いいことがありますように。

2005 02 21 12:29 午後 | 固定リンク

2005.02.19

< トーク&サイン会 >

人気blogランキング、ええ……。



 あしたは午後1時から、紀伊國屋書店の新宿南店で金紙&銀紙のトーク&サイン会です。
 東京の人はぜひ来てください。
 きのうは芥川賞・直木賞パーティに潜り込んで、朝まで角田光代さんたちと過ごしていました。阿部和重さんとも初めて言葉を交わし、「エッセイのこといろいろ(悪く)言ってすみません」と謝りました。そんな裏話も聞けるかもしれないトーク! 聞き逃せません。
 あ、バレンタインのチョコは事務所から転送されてきて、ほんとは合計6個でした。豪華なのでまだ3個しか食べてない。1個、ワニのチョコがあったので、これは佐々木あららにお裾分けしろという意味だと解釈させていただきます。ご了解を!
 では、あした新宿で!!

2005 02 19 10:04 午後 | 固定リンク

2005.02.15

< 「眞鍋かをり短歌」評4 >

人気blogランキング、いっそ落ちるところまで落ちてしまうがよい!
「眞鍋かをり短歌」のトラックバック:http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2943364



 皆さんお元気ですか、私は風邪、長引いてます。チョコは4つでした、ありがとう。
 次の日曜日には新宿でトーク&サイン会をやります。詳細はここです。「啄木」のライブも予約受付スタートです。ぜひ来てください。
 眞鍋かをりさんの短歌は相変わらず苦戦……って感じ。今週は231の投稿を拝読しました。

鍋3絵・武山忠司

うずくまる私の上にも平等にほこりのような夢がつもった (あきつよう子)

 まずは、あきつよう子さん。昔のお題「夢」でつくってくれました。
 でもあなたは、こういう短歌なら百もつくれるでしょう? そしてそれでは意味がないと、そろそろ自分でも気づき始めているでしょう?

休日に目覚めたら夜 あたたかいものはすべてわたしを避けてく (紫月美夜)

 前半が印象的でした。休日に目覚めたら夜、そういうことってあります。後半はリズムがわるい。

転ばない自信はないが靴ひもを結ぶっていう気分でもない (古内よう子)

 気分の問題ではなく、靴ひもは結んでください。
 「心臓を動かすっていう気分でもない」とか言ってたら死にます。


湿ってる落ち葉の裏にびっしりと いても許せる眞鍋かをりは (電池)

 ほめすぎですね。そこまで心にもないこと言われると、ひきます。

ドライカレー眞鍋かをりと食べたいな粉がいっぱい口のまわりに (PDP)

 へんな想像しないでください。


じゃあもしも私が眞鍋かをりでもおんなじことを言ったと言える? (平賀谷友里)

 だってあなたは眞鍋かをりじゃないもの。眞鍋かをりじゃないあなたに、そんなこと言われたくない。

 今週は、以上です。

2005 02 15 09:54 午後 | 固定リンク | トラックバック

2005.02.08

< 「眞鍋かをり短歌」評3 >

人気blogランキングの順位が少しでも下がると、枡野浩一は生きる気力を失い、風邪をこじらせ、『かなしーおもちゃ』の表紙を指でこすって白くし、記事を更新する気をなくすとの噂……。
「眞鍋かをり短歌」のトラックバックURL: http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2853763



 佐々木あららはバレンタインにチョコを20個もらう、という話を聞いたせいか、風邪をひいてしまいました。インフルエンザではなかったのですが、ずっと眠っています。
 220の投稿を拝読しました。なんか急に水準が低くなってますよ。私の体調がよくなるような面白い短歌を!

食べている 眞鍋かをりがいかめしを あんがい魔性の女かも (夏坂 夕)

 最後が7音になっていません。改作してください。「いかめし」のチョイスに1票。


僕のネコ すごくかわいい 大好きだ 眞鍋かをりに顔がそっくり (夏坂 夕)

 ネコをほめてると見せかけて、眞鍋かをりを持ち上げる。オーソドックスな手法ながら、効果的です。


可愛くて胸がでかくて頭がいい眞鍋かをりの髪型にする  (薮本あや)

 髪型を一緒にしても、どうせ頭や胸は変化しない……そんな諦観に心が震えました。


「眞鍋」って顔してるから結婚をしても眞鍋かをりでいてね (古内よう子)

 なにげなく夫婦別姓を主張? それとも婿養子……? かわいいふりして要求が難しげでよい。


水溜り 映った空を壊すよう君に踏みこむ覚悟はできた (古内よう子)

 こっちは踏みこまれる覚悟、まだできてません。

 
余談だが眞鍋かをりのあの眼鏡 光浦靖子とおんなじ形 (篠田算)

 「余談だが」はほかの言葉にも置き換えられる。まさか光浦靖子と並べられるとは想像もしていなかった眞鍋かをりの不覚! つい覗いてしまった人生の深淵に、私の風邪もひどくなるばかりです。

 以上です。

鍋2絵・武山忠司

2005 02 08 09:55 午後 | 固定リンク | トラックバック

2005.02.05

< 「眞鍋かをり短歌」評2 >

投稿する前に人気blogランキングも見てね!
「眞鍋かをり短歌」のトラックバックURL: http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2815054
 



 眞鍋かをりさんを詠み込んだ短歌、いつもより投稿数が多いので、こまめに評を書くことにします。
 この日曜日あたりからキヨスクとかに並び始める「週刊朝日」連載で、眞鍋かをり短歌について書きました。コラムとしてはやや平板な文章になってしまったのですが、眞鍋かをり短歌の魅力だけで成立させています。ぜひご一読ください。

 単行本関連の記事をあれこれ書いたせいか、トラックバックの場所が錯綜気味だったので、原則として短歌投稿以外の記事はトラックバックを受け付けない設定にしました。なので一部トラックバックが消えてしまっています、ごめんなさい。私はちゃんと拝読済みですが、消えてしまったやつをもういちどトラックバックしてもらえると嬉しいです。短歌投稿の合間に雑談が混じっている、という感じでOK。どうぞよろしくお願いします。

 あれから187の投稿を拝見しました。別の場所にトラックバックされた短歌もなるべく読んでいるつもりですが、古い記事にいちいちさかのぼるのは大変なので、皆さん、トラックバックは常に最新記事にするようにしてくださいね。昔のお題で書いた短歌も、最新記事に……お願いします。

 こうして書いてるそばから投稿があるのですよ。ちょっと待ってくれ!
 きょうもある意味、ライブ更新かな。コメントがだんだん書き足されていくさまを観察してみてください。
 今、午後7時ちょっと前です。しばらく人気blogランキングでも見ててね。

万が一オナラをしてもオナラにはならないだろう眞鍋かをりは (日比野あゆ子)

 そこまでほめると何か裏がある感じ……。
 オナラはオナラでしょ、だれでも。
 あと「万が一」って……そんな確立低かったら死ぬ。

万が一オナラをしてもオナラにはならないだろう眞鍋かをりなら (改作案)

 にすれば「なら」が4箇所も韻を踏んで完璧だったのに。字余りになるけど。


たぶん「を」のところに秘密があるはずだ 眞鍋かをりも 相田みつをも (佐々木あらら)

 銀色夏生の読み仮名も「ぎんいろ・なつを」だしね。
 「マスノこをいち」に改名しようかな……。


「うわのそら」たまにおでこに書いてある眞鍋かをりは、だから可愛い。(みにごん)

 とってつけたように「可愛い」とほめてますね。
 「いい意味で馬鹿」と同じくらいの偽善を感じます。


良いボタン悪いボタンの識別を 眞鍋かをりに任せて眠る (秋月)

 あなたが識別しないで済んでラクちん。ほんとうによかった。


階段をチヨコレイトでのぼったら 眞鍋かをりを思い出す晴れ (木村比呂)

 階段をパイナツプルでのぼったら 室井佑月を思いだす雨


えほう巻き食べてる眞鍋かをりさえ眞鍋かをりと納得できる (木村比呂)
「鬼はー」の続きが聞こえて来ない日に眞鍋かをりも夕日を見てる (木村比呂)

 どんなお題でも木村比呂の波紋波紋ワールドだなあ……。破門破門にならぬよう注意。


眞鍋かをりくらいの胸があったなら許せていたのに 肩こりくらい (遠藤なお)

 「くらい」の連続は微妙。改作してまた投稿みて。


バッファロー吾郎のメガネの方は?って聞いたら悩むね眞鍋かをりは (薮本あや)

 馬鹿にしないで! それくらいわかるわ!! 右のほう。


明るくてスケベな眞鍋かをりはいい スケベは僕の予想ですけど (志井一)

 スケベなのは志井くんよ! ちょっと佐藤隆太に似たいい男だからって!!
 (※本当に少し雰囲気似てる)


俺やるよ。パンツは俺が洗うから(眞鍋かをりの夢をみたから) (飛火野なぎら)

 スケベ!!


居酒屋で鼻に枝豆詰めてても眞鍋かをりはスカウトされる (あみー)

 ……んー、されない気がする。
 されるとしたら「お笑い」ワクで?


自分より眞鍋かをりがウケるので太田光は陰で泣いてる (霧島かえで)

 泣いたりはしないと思う。呪いの手帖に書いてるだけで。


無人島何もってくと聞かれたら眞鍋かをりの妹かなあ? (九十九里鰯)

 姉のほうで我慢したら?


厚着してさらにさみしいたぶんいま眞鍋かをりと対極にいる (笹本奈緒)

 前半がいい。さみしさにリアリティがあって。

厚着してさらにさみしい今たぶん眞鍋かをりと対極にいる (改作案)

 というふうにすると、流れがより自然かも。もしくは「たぶん」の前、1文字あきをいれて、

厚着してさらにさみしい たぶんいま眞鍋かをりと対極にいる (笹本奈緒)

 という感じかな。考えてみて。


目覚めたら眞鍋かをりになっていた 困った顔がまたカワイイな (日比野あゆ子)

 カフカ的SFに挑戦してくれた日比野あゆ子さん。
 鏡を見てる姿が目に浮かんだので1票。この後半の着地は見事だと思う。
 1文字あきは私が勝手にいれました。


冬なのにアイス下から食べながら「をいしー」という眞鍋かをりは (日比野あゆ子)

 流行の「を問題」を応用し新境地に。前出の佐々木あらら作品より座布団1枚多くあげて。


セクシーに「京都府警」のプリントT 着こなしそうだ眞鍋かをりは  (PDP)

 その思いこみの激しさとフェチ心に1票。

 というわけで、小島けいじさんの考察は面白い。そうなんだよね、俳句とかだと「言葉が動く」って言い方をするんだけど、眞鍋かをりを室井佑月に入れ替えても違和感ないような作品はほんとは失格。
 でも今はまあ、いろいろ試みてみて。そのうち、あなたならではの眞鍋かをり像が歌になるかもしれないし。

 ご質問にざっと答えておきます。

Q「枡野浩一の書いた改作案がまさに正解だと心から思えた場合、それを自分の作品として採用してもいいの?」(要約)

A「まあ、いいですよ。でも意地でも別案を考えるくらいの根性があると、もっと吉」


Q「下手な鉄砲を数撃ってもいいの?」(要約)

A「本当は、自作の善し悪しを自力で判断できないと駄目なんだけど、プロでもそういうのは難しい。
せっかくブログ投稿で皆に意見をきけるのだから、数を撃ってみて、反響を吸収しながら、推敲してみて」

 ……ほかにご質問あったっけ? 
 すみませんが私に無視された質問があったら、もういちどトラックバックしてください。

 そうだ、このあいだ、

真辺でも真鍋でもない眞鍋です かほりじゃなくて かをりなんです (梨野一)

 に「完成度が高い」とコメントしたけど、私だったら、こう仕上げるかな。

真鍋ではなく眞鍋です かおりでも かほりでもなく かをりなんです (改作案)

  実用性を重視して、特例で句読点もいれてみてもいいかも。

真鍋ではなく眞鍋です。かおりでも、かほりでもなく、かをりなんです。(改作案)

 「完成度の高さ」は、ひとつではありません。
 いつまでも思考停止せず、推敲を続けてくださいね。

 ここまで書き終えたら、9時ちょっと前。
 では、また近々。

2005 02 05 06:55 午後 | 固定リンク | トラックバック

2005.02.04

< 「ドラえもん短歌」結果発表&おわびと訂正/たずねびと >

 大切なお知らせがあります。
 素晴らしい出来と各方面から絶賛されている『かなしーおもちゃ 〜あるある短歌1〜』(インフォバーン)ですが、初版本には(初版本の宿命とも言うべき)残念な誤植が発見されつつあり、たとえば「拙著」が「拙者」になっているのはギター侍を意識して、わざとやったんですから! と言いわけできなくもないのですけれども(嘘です、ごめんなさい)、巻末の小さな字の「入選作品一覧」の中で、昨年9月の「ドラえもん短歌」がなかったことになっている……というのは、ドラえもんに助けてもらいたいほどの、かなしーミステイクでした(「ドラえもん短歌」を収録しなかったのはもちろん意図的なのですが、その旨どこかに明記すべきでした。そして「恋」は9月ではなく10月のお題でした)。ドラえもんおよびその関係者の皆様、そして短歌作者の皆様、読者の皆様に心よりおわび申しあげます。増刷がかかりましたら、訂正させていただきます。

 さて。「ぼく、ドラえもん」20号にも発表しましたが、『かんたん短歌blog』投稿作品のうち、以下の作品を「ドラえもん短歌」の優秀作品とさせていただきました(順不同)。

自転車で君を家まで送ってた どこでもドアがなくてよかった (伊勢悟史)

ジャイアンの統率力を持っているスネ夫みたいな金持ちがいい (丹生谷歩美)

失恋をグウで殴ってもう決めた 私今日からジャイアンになる (百田きりん)

ドラえもんどこから来るの本当に 未来はあるの確かにあるの (本所飛鳥)

負けないで。拳を握る母心いつしかドラえもんになってた (青野ことり)

あのひとの心をみせてドラえもん でもわたしのは隠しておいて (水橋かさね)

行きたいと思う気持ちが足りなくてどこでもドアを使えなかった (志井一)

ジャイアンの歌で目覚めたような朝 それでも起きて会社には行く (ごみたゆうこ)

 ……優秀作品の作者には小学館より、ドラえもん短歌オリジナル文庫カバーをプレゼントしました。
 凝った裏地をよく見るとドラ焼きが! その可愛さを、年甲斐もなく見せびらかす枡野浩一!(撮影=松田アキ)
 デザインを手がけたのは、あの新進気鋭ブランドstofで、限定50枚制作の超レアもの。辞書の表紙みたいな感じの素材です。
 ……大切につかってくださいね。この文庫カバーは市販されてません。どうしても欲しいという人は、もらった人と裏取り引きするか、小学館にメール等で「商品化してください!」と直訴しましょう。

 もうひとつ。
 完成した『かなしーおもちゃ 〜あるある短歌1〜』(インフォバーン)をプレゼントしたいのですが、以下の作者(順不同、敬称略)からのご連絡がまだありません。ご本人または消息をご存じのかたは、すみやかに枡野浩一(ii@masuno.de)までメールください。

龍見元菜 葉苗あつこ 鷲家正晃

 連絡がとれたかたのお名前は、随時消していきます。どうぞよろしくお願いします。

2005 02 04 05:45 午後 | 固定リンク

2005.02.03

< 『かなしーおもちゃ』拾い読み! >

 なんと!
 『かなしーおもちゃ 〜あるある短歌1〜』(インフォバーン)のフラッシュを、「ぷよぷよ」などで知られるゲームデザイナーで、「あるある短歌」の命名者でもある米光一成さんがつくってくださいました!!

あるあるフラッシュ!

 おお。素晴らしすぎる……。
 皆さんもこれを自分のブログにリンクし、本のPRにつとめてくださいね。
 どうぞよろしくお願いします。

2005 02 03 04:42 午後 | 固定リンク

< 「眞鍋かをり短歌」評その1 >

 118の投稿(短歌と雑談とりまぜて)を拝読して、今の段階で心にとまったものを発表します。
 眞鍋かをりさんには内緒と昨夜は書きましたが、気が変わったのでトラックバックも送りますね。
 ええ、 紫月さんおっしゃるとおりです。でもいいの。振り向いてもらおうなんて期待してないから。

真辺でも真鍋でもない眞鍋です かほりじゃなくて かをりなんです (梨野一)

 さっそく枡野浩一の代表作をぱくってくれました。ぱくりですが、これは完成度が高い。眞鍋かをりさんの名刺に印刷されてもおかしくない出来です。ただし眞鍋かをりが名刺を持つこと自体はおかしいかもしれません。

よしぎゅうで牛丼(並)を食ってても眞鍋かをりはスカウトされる (平賀谷友里)

 人生の縮図を眞鍋かをりという人物に託して歌ってくれました。ことわざのように愛唱したい。

どっちとか言う問題じゃないだろう 眞鍋かをりが好き 肉も好き (あみー)

 肉欲、という言葉を連想しました。

わがままを全て許せていたんです 眞鍋かをりに似ているだけで (天国ななお)

 きっと眼鏡もかけていたんですね。

男にははっきりわかるものなのか 眞鍋かをりとわたしの違い (丹生谷歩美)

 女にもはっきりわかるものですよ 眞鍋かをりとあなたの違い

拍手なら正しく2回できるのに 眞鍋かをりの笑顔は5回 (PDP)

 どんな素材もPDP味にしてしまう、『かんたん短歌blog』のルーと呼ばせてください。

 新人さんたちの投稿、内容はいい線いってるのもあるけど、もっと五七五七七ぴったりにする工夫をしてみてくださいね。
 スタンダードな狙いどころはさっそく歌われてしまい、今後が大変ですが、皆様ご健闘を!
 あないさんのほかに、かなしーTシャツあったら買うって人いる? 篠田算がデザインしてくれるそうです。

人気blogランキング、えーっ▲位かあ……?

2005 02 03 03:01 午前 | 固定リンク | トラックバック

2005.02.01

< お題発表(ライブ更新の試み) >

人気blogランキング、今は何位かな?

鍋1絵・武山忠司

 この絵は2月1日の夕方には、用意されていたもの。
 珍しく絵を最初にアップしてみました。

 まだトラックバックは受け付けてません。
 お気づきでしょうが、今夜は少しずつ記事をアップしていこうと思います。
 ライブ更新の試みです。

 今、2月2日になったところ。
 なんかココログ、メンテナンスで更新ができなかったみたいですね。
 私はきのう下北沢で、ヴィレッジ・ヴァンガードのケータイ店(?)の店長さんとお話してきました。そのへんの詳細は、また今度ご報告します。

 あ、今検索してみたら、「モバイル店」だった。アドレスはhttp://www.vvvnet.com/です。リンクはあとで貼っておきます。

 帰ってきたら、大好きな正岡豊さんという歌人からメールが届いていました。そして正岡さんの書いた『かなしーおもちゃ 〜あるある短歌1〜』(インフォバーン)の感想を読みながら少し涙ぐんでしまいました。どんな感想だったかは内緒です。本をつくってきてよかったと思いました。

 今月のお題は、バレンタイン・デーにちなんで「チョコレート」……にしようかとも思いましたが、それだと、だれかの予想どおりみたいでシャクです。チョコが欲しいと催促してるみたいだし……。
 なお、チョコやプレゼントは、枡野浩一公式サイトの近況ページ(http://masuno.de/kinkyou/)一番下にリンクしてる、事務所の住所宛に送ってくださいね。

 やっぱりトラックバックは、もう受け付けようかな。そのほうがライブっぽいし。
 でも短歌投稿はまだ待ってください。

 ここらへんで人気blogランキングでも見てみましょう。ああ、まだ「お笑い」の2位か……。
 「新着」というのだと3位。まだまだだなあ、『かんたん短歌blog』。

枡野さま

こんばんは。●●●●です。

ライブ更新、やめてくださーーーい。
うち、まだ、ダイアルアップなんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というメールが今、届いた。
 ごめん。
 ダイヤルアップの人は、1時間後に見てください。

 あ、せっかく伏せ字にしたのに、本多響乃さんからトラックバックも来てる。

 あっ、男前のPDPさんがへんなトラックバックしてる……。
 金紙&銀紙をさがしにきた人もいる……。金紙&銀紙のサイトはここhttp://www.matsuosuzuki.com/kinginですよ。リンクはあとで貼ります。ほんと、皆さんタグとかよく打てますよね。私は自分でやると失敗ばかりです。

 ……たったこれだけ書くのに1時間かかってしまった。
 コーヒーいれてきます。
 朝までに毎日新聞のコラムも仕上げなくちゃならないし、そろそろ本題に入ります。

 コーヒーはやめて、「おすまし最中」にした。お湯をかけると、おおすましができる最中「暫」。
 うまい!
 しばらく、と読む。歌舞伎みたいだね。

 あした試験の人がいるんだね。がんばって。私もがんばって原稿書きます。

 そうそう、一度トラックバックした短歌を修正したい時は、別の記事をつくって、もう一度トラックバックしてください。元の短歌は消さずに。
 そうしないと推敲の過程がわからず、私も判断に困るし、皆さんも混乱します。どうぞよろしくお願いします。

 『かなしーおもちゃ』の感想、たくさんありがとう! 中でもここhttp://d.hatena.ne.jp/nintyo/20050130#p1の感想には感激しました。

 木村比呂さん、お疲れさま。スローモーション波紋波紋! POPまた送りますね。

 さて、今週のお題に入る前に、枡野浩一の短歌をみてください。

野茂がもし世界のNOMOになろうとも君や私の手柄ではない

ばなな的悲劇が欲しい デニーズのコーヒーとうに致死量こえて

おぼろげな記憶によれば「フリッパーズギター」はたしか別れの言葉

太ってもやせてもたぶん君よりは宮沢りえは百倍美人

カンペキな玉にも傷があるようにナンシー関に体重はある

本当はだれが好きなの僕だけにそっとおしえて中森明夫

永遠に交わることはないだろうねじれの位置とねじめ正一

こわいのは生まれてこのかた人前であがったことのない俵万智

三代目魚武濱田成夫って枡野浩一みたいに素敵

雨の日に吉本ばななを読み返す 「正」という字で死をかぞえつつ

本棚が銀色夏生いっしょくに染まったような彼女の暮らし

太るなら愛はあきらめ僕なりのナンシー関にならなきゃ駄目だ

下北のコーヒーショップにだれひとり見まちがわない片桐はいり

飛ぶ鳥を落としはしない勢いで神田陽司は大空になる

次世代に語り継ぐべき問題はスチャダラパーのダラとはなにか

しりあがり寿、どうせすばらしい漫画を描いて死んでいく人。

増野ではなく升野でも舛野でも桝野でもない枡野なんです

 ……あんまり成功してないのも混じってるけど、こんなのを発表してきました。

 そう、小島けいじさん、正解です!
 人名短歌。
 ただし、人名ならだれでもOKということだと簡単すぎるので……ある人の名前を詠みこんでいただきたいのです。
 その「ある人」とは……。
 勘のいい人は、もう、わかりましたね?

 冒頭の絵を見たりしてみてください。

 ……不正解です!

 それも不正解!!
 正解は……。

 室井……、  

 じゃなかった、吉井……、

 だから、「あらら」じゃないって!

 私が最近、とっても気になっているひとです。
 そのひとは……。

 その場にいなかったのに私に名前を呼ばれてしまったという……。

 えーっと、鍋、鍋、

 そう、正解!
 「眞鍋かをり」さんです!!
 2月のお題は。

 けっして「真鍋かおり」などと誤記しないでくださいね。

 眞鍋かをり、というフルネームを短歌の中に必ずいれなくてはなりません。
 そこはかとなく、眞鍋の、かをりがする歌……、そんなの認めません。

 あと、眞鍋かをりさんのことをネガティブに扱った短歌は没! 完全無視!!
 私のつくったナンシー関の歌だって、遠まわしに「ナンシー関はカンペキだ」と言ってるラブソングなんですからね。

 というわけで、ここだけの話ですよ。
 眞鍋かをりさんには、内緒ね。恥ずかしいから……。

 でも、いい短歌をつくるためには、眞鍋かをりさんの文章をじっくり読んで、その人となりを知る必要があります。
 眞鍋かをり……眼鏡……とかいう、安易な連想はNGです。

 今週は、お題に関係ない短歌は、スルーする方針にします。
 ただし、短歌と関係ない雑談は歓迎。
 そして今月、最優秀作品を投稿した人には、何かプレゼントしますね。

 ではでは。
 おやすみなさい。

2005 02 01 06:45 午後 | 固定リンク | トラックバック