« 眞鍋かをりさんとの対談、公開! | トップページ | 「一番」評その4/次のお題発表 »

2005.03.28

< 要望を読んで >

皆さんのご要望、拝読しました。
んー。なるほど。

真剣なアドバイスには感謝の気持ちでいっぱいですが、
深く反省したり、
今すぐ改善しなきゃと思ったところは全然なかったですね、正直。
たとえば、「短歌投稿のお約束」の文章だけどさ、
この程度の正直な物言いにいちいち「カチン」と来ちゃう人は、
枡野浩一が毎週書いてるコメントには「カチン」どころか
激怒してしまうだろうから、
もともと『かんたん短歌blog』には向いてないのです。

私は昔、
「ライターになりたいんですけど…(中略)
…田舎に帰ったほうがいいでしょうか」
と手紙をくれた男子に、
「田舎に帰ったほうがいいでしょう」
と返事したことがあります。
そうすることが真の親切だと信じてる。
私にそう言われたくらいであきらめられる人は、
早くあらめたほうがいいと本気で思います。

「ライターになる方法をおしえて」と訊くような子はなれないでしょう (枡野浩一)

「枡野さんは誤解されやすい……」とか、
擁護してくれるのは嬉しいけれど、
ちっとも「誤解」じゃないと思うよ。
枡野浩一は、もともと、そういう人。
「おとなげって何?」と思ってるバツイチ男。
そんなの枡野浩一の本を1冊でも読めばわかることだと、
言ってくれてた人はとても正しい。
でも『かんたん短歌の作り方』(筑摩書房)の頃より、
優しさ120%アップで書いてるんだけどな……これでも。

「桝野さん、ファンだったのに、がっかりです(七五調)」
とかネットで言われたことは何十回もあるが、
そういうヤカラにかぎって、
枡という字をまちがえている。
君のことファンだと信じてたのに、がっかりです。
……嘘です。
尊敬する松尾スズキにがっかりされたらショックだけど、
名も名のらないような人に言われても
「頭の輪あるいいヤツ」
と思うだけです。
本当の意味で枡野浩一を傷つけたいなら、
枡野浩一の仕事の可能性と限界を美しい文章で指摘した上で、
淡々と正しいことや面白いことを言えば、
私は深く深く傷つき、気づくことでしょう。
でも、
くだらない言葉にも、
軽く軽くは傷つくんだよね。
私は今、私生活のたったひとつのことに悲しみが集中しているから、
それ以外のことに悲しみをさいている時間がないんです。

こんな枡野浩一ではなく、
あなたの短歌のことを内心バカにしてるくせに、
とても上手な言葉であなたのことを肯定してくれる歌人なら、
オンラインにもオフラインにも腐るほどいます。
だれもとめませんから、そっちへ行きたければ、どうぞ。

ところで、
『かんたん短歌blog』も1年続けてると、
やっぱり初めて見る人には、
とっつきにくいものになってるのかな?
その点だけはちょっと気がかり。
ただ、
ブログとかで、
初めて見た人も疎外感を感じないようなページって、
どういうのがあるの?
(知っている人は、おしえてください。参考にしたい)
私はあの「ほぼ日」ですら、
初めて見た人は少しだけ戸惑うものだと思う。
戸惑いながらもノックしてその世界に入っていく勇気のない人たち、
たぶん人生で一度も転校生だったことのないような人たちが、
「傷つきました、ファンだったのに!」とかって叫ぶものなのかな。
「ほぼ日」の糸井重里さんもきっと、
いろいろあって、ぐんにゃりしてしまった背筋を
伸ばし伸ばし、日々更新しているんでしょうね。

というわけで、
もうひとつブログを始めました。
前々から借りていたところなんだけど、
今度から日記はこっちに書くから、
『かんたん短歌blog』は今後、
より短歌専門ブログになっていくと思う。

『かんたん短歌blog』を私は、
言葉の正しい意味で「仕事」としてやっています。
書くものはエッセイでも日記でもなんでもいいですと、
ココログ編集部に言っていただいてスタートしたのだけれど、
トラックバックによる短歌の公募という、
面倒で面白いことを試みてみたかった。
その面倒を面白がれているうちは、
『かんたん短歌blog』を続けたいと思います。
『かなしーおもちゃ』(インフォバーン)のような、
私の読みたかった本が生まれてくれたことに
心から感謝していますが、
いくら続けたくても、
支持する人がいなくなれば、なくなるのが仕事です。
1年間ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

次の更新は、あした……できるといいなあ。
今からあしたの夜9時まで短歌の投稿はお休み
って、ここに書いたら、
みんなそれを守ってくれるものだろうか。
なんか……必ず読んでない人いるんだもんなあ。
3月29日の夜9時まで短歌の投稿はお休みにします。
だけど雑談やイラストや写真のトラックバックはご自由に。
どうぞよろしくお願いします。

人気ランキング! 変なカテゴリーに登録してるのはね、短歌に興味のない人に『かんたん短歌blog』のことを見てもらいたいからなんですよ。だからカテゴリーころころ変えてるんです。どうしてなんですかと質問してくれればお答えするのに。っていうか、もっと早くつっこみがあると期待してたのに。

2005 03 28 03:00 午後 | 固定リンク