« カフェますの/辰巳泰子歌会 | トップページ | 【日記帳から】 村上春樹の生原稿 »

2006.04.18

< 「きれいなジャイアン」について >

前々回の「評」で、
「きれいなジャイアン」
という言葉の出てくる歌を私は選びました。

ネット検索してもらうとわかるのですが、
ドラえもんに、
「きれいなジャイアン」
というのが登場する話があるのですよね。
(ご指摘くださった皆さんに感謝します。
ドラえもん短歌に関しては、
小学館のドラえもん博士のご協力を得つつ
選をしていますので、ご安心ください)

私はそのエピソード、
見たことあったのですが、
「きれいなジャイアン」
という言葉は忘れていました。
なので新鮮味を感じて
歌を採ったのですが、
もともとある言葉だと意識していたら、
おそらくスルーしていたと思います。

という話を、
今回はしようと思います。

たとえば新井蜜さんが紹介している
穂村弘の歌
ですが、
この便器に転がす、
まるくて黄緑の消臭芳香剤というのを
知らないという人に会いました。
もちろんこの歌では、実在する玉を
何かの暗喩にしているのだろうが、
玉が実在すると知っている場合と知らない場合で、
歌の解釈はまったく変わってしまいます。

それから佐々木あららの連作の中に、
「おはよう」にあたるタイ語は「今日はもう仕事行きたくねえな」が語源  (佐々木あらら)
という歌があり、
これはまあ、
語り口に前例がありすぎるので
バツをつけたのですが、
もしもタイ語の「おはよう」が本当に
「今日はもう仕事行きたくねえな」
の意味だとしたら、
どうでしょう?
ただの事実をそのまんま述べただけの
「そのまんま短歌」になってしまう。
実際、
実在する言葉の語源(の仮説)が
その程度に突飛であることなんて、
ざらにあるのです。
つまり、
現実の突飛さに
歌の「嘘」が負けている。
(かといって「そのまんますぎて可笑しい」
というレベルでもありません)
そういう構造がある以上、
私はこの歌をまったく楽しめませんでした。

ともあれ、
今読み返してみると連作「佐々木クララ」は
かなり面白い。

ただし、
「佐々木くらら」
という人物が実在することを
ネット検索で知ってしまうと、
この連作のタイトルにはまた別の
ニュアンスが漂ってしまいます。

以上のように、
短歌に限らず、
どんな表現も、
「受け手が
どんな知識・経験・センスを持っているか」
によって、
まったくちがう受けとめられ方を
するものなのです。

まるい黄緑の消臭芳香剤の存在を
知らない若者を
「無知」と責めても仕方ない。
私たち短歌を愛する者は常に、
そのような危うさを自覚しながら、
詠んだり読んだりしなくてはなりません。
知らないとひらきなおるのも、
知っているからと威張るのも、
どちらも美しくありません。
おびえながら読み、
おびえながら詠みましょう。
でも時に顔を上げ、
背筋を伸ばして……。

以上、
珍しく教育的なことを書いてみました。
ご意見ご質問お待ちしております。

追伸。
小説「短歌なふたり」の舞台にもなった、
池袋西武百貨店内の
詩歌専門書店「ぱろうる」……
今月いっぱいで、
その長い歴史に幕を閉じるそうです。
今のうちに見ておきましょう。

※「読みました」と伝える気持ちで、人気ランキングをクリック!

2006 04 18 04:34 午後 | 固定リンク