« 【重要!】「かんたん短歌blog」入選作の作者の皆様へ。 | トップページ | 「お別れ」を振り返って。 »

2006.06.30

< 「お別れ」です。 >

イラスト=後藤グミ
お別れの絵2

どう切り出したらいいのか、わからなくて、
更新がこんなに遅れてしまい、すみません。
予告しましたとおり、
きょうは大切なお知らせがあります。

「枡野浩一のかんたん短歌blog」は
一昨年の四月にスタートしました。

そのころココログもスタートしたばかりで、
「ココセレブ」も数名でしたが、
「かんたん短歌blog」はそのときから現在まで、
月々の原稿料をココログ編集部からいただく
「連載仕事」として続けてきました。

その原稿料に見合った立派な更新を私が
常にできていたかどうかは
評価が分かれるところでしょうけれども、
原稿料をいただいている仕事なのだ、
ということは、
強く意識して続けてきたつもりです。

先日、
ココログ編集部のかたから、
「ココログの運営形態が変わるため、
七月からは原稿料が発生しなくなってしまう」
という、
残念なお話を伺いました。

ここのアカウントが消滅するわけではなく、
更新を続けることは可能ではあるそうですが、
「かんたん短歌blog」はあくまでも
「仕事」として始めたものだったので、
運営形態が変わる以上、
今までと同じかたちで更新を続けることは、
したくないと私は考えました。

最初から無償ということであれば、
それに合った良い方法を考えられると思うので、
またいずれブログ活動を再スタートすることも
ないとは言い切れないのですけれども、
この「かんたん短歌blog」は今月を持って、
いったん終了とさせてください。

(「かんたん短歌blog」みたいには
ならないでしょうけれど)
別のかたちで短歌を募集するチャンスは、
近々訪れると思います。
というか、訪れます。
まだ詳細は秘密ですが、
今年の八月半ばくらいから
新たな「仕事」がスタートする予定ですので、
お待ちくださいね。

「カタロガー」という雑誌では、
携帯短歌も募集していますし、
最近では短歌を募集するサイトは
「かんたん短歌blog」以外にもいくつかあります。
ぜひ自分がよいと思う投稿場所を見つけ、
果敢に挑戦していってください。

皆さん、
選者がどんな短歌をつくる歌人かくらい、
知った上で投稿してくださいね。
「自作を選んでくれた人」がいい歌人、
とは限らないと思います。
その意味で、
選者として番組に出演していた歌人たちの
かの字も出していないNHKのこの本、
土曜の夜はケータイ短歌
「選」という仕事を軽んじた、
あまりにも酷い編集方針だと呆れました。
私はもう二度とあの番組には出ません。
さよなら!

笹公人さんのブログは、
私自身も常に拝読して、
勉強させていただいています。
笹さんは自分とは作風も短歌観もちがうけれど、
今最も「現役」で走っている歌人だと思うし、
そのブログ更新の大変さを、
世界で一番共有しているのは私だと思う。
皆さん、
「当たり前のサービス」なんて思わず、
感謝と魂をこめて投稿してくださいね。

ともあれ、
おかげさまで二年ちょっとのあいだに、
かなしーおもちゃ』(インフォバーン)と
ドラえもん短歌』(小学館)、
二冊の作品集をまとめることができました。
正直、売れ行きはまだまだ成功とは言えず、
そのことが「かんたん短歌blog」の
現在を決定したという側面もなきにしもあらず、
なのですけれど、
数字には反映されない部分で、
凄い仕事ができて楽しかったです。

あ、
こんな本(彼らの自主制作)も作られていた……。
枡野浩一からの愛をこめた「文句」も載っているので、
手にとってみて。

現在更新中のケータイ小説「短歌なふたり」は、
「かんたん短歌blog」の短歌をできるだけ多く収録する
三冊目の「作品集」として結実すればいいな、
と考えながら執筆しています。
先日、
「かんたん短歌blog」の過去ログを
全部読み返してみました。
水準、なかなかのものです。
よく「かんたん短歌」と「ふつうの短歌」が
別物であるかのような言い方をされてしまうのですが、
私は短歌には「いい歌」と「どうでもいい歌」、
その二種類しかないと思っています。
そして
「すべての人にとって、いい歌」なんて、
ない。
「すべての人にとって、どうでもいい歌」は、
どうだろう……。
あなたの考える「いい歌」を、
これからも追求していってください。

ここに集ってくださった皆々様、
こんな素敵な場を提供してくださった
ココログ関係者の皆様、
そして枡野浩一関係者の皆様、
ありがとうございました。
今後とも枡野浩一を、
どうぞよろしくお願いします。

「かんたん短歌blog」のログは残しておきます。
どうしても何かをトラックバックしたい人は、
トラックバックしてくださってOKです。
(一応、今後も、
「短歌投稿のお約束」
「トラックバックのお約束」を熟読し、
納得した上で関わっていただけると嬉しいです)

どうしてもコメントしたくなるような
見逃せないトラックバックがあったら、
あなたのブログに直接お邪魔することも
あると思います。

そのときは、
おつきあいください。

イラスト=中野玉子
お別れの絵1

かぐや姫やっぱ帰ってしまうのね 蕎麦汁のなか黄味をつっつく (宇津つよし)

 白味だけ食べて、月に帰ります。

いま僕を初めて見たのだとしても別れのあとと見抜けるだろう (伊藤隆浩)

 そこまで演じなくても……。

さよならは呪文ではない 言ったあと平気で会いに行ったっていい (伊藤隆浩)

 平気で会いに来た人を、追い返したっていい。

もし君がふたりいたなら片方にいなくならないでと言えたのに (伊藤隆浩)

 両方に言えばいいのに。

終わりには悲しくなるとわかってて ただそれだけを待ってたのかも (伊藤隆浩)

 おまちどおさま!

コピー機の説明書読む要領で毎日チビチビさよならしてる (ラブタイタイ)

 少しずつ徐々に。

片隅にもう役割のない記憶 たとえばきみの家に行く道 (丸山太一)

 自分の家に帰る道を忘れてしまっても。

「じゃあな」とか「また今度」とか言えないよ 君から言って「ああ」って言うから (愛沢いさむ)

 じゃあな。また今度。

さよならは一回だけど繰り返し夢に現れ去って行くきみ (新井蜜)

 さよなら! もっとさよなら!

「またあした」夕日に唱えるおまじないきっと遊ぼうまた寝てあした (新井蜜)

 待ち遠しくて眠れない。

結婚はしたくないけど離婚だけしたい女性は五人ほどいる (二坂英之)

 あなたとの離婚を希望してる女性は七人ほどいる。

さようならさよならさよなら飽きるまでさよならさよなら君へさよなら (しょうがきえりこ)

 噛めば噛むほど味が出て飽きない。

今回も途中の駅で降りるので終点行きの人、さようなら (伊勢谷小枝子)

 お気をつけて。

さようなら らが震えたりしないよう風邪の薬を飲んできました (秋野道子)

 さが震えてしまった。

きみがただ罪悪感を軽くするために謝られているのかな (貴志えり)

 私なら「ただきみの罪悪感……」にします。日本語として自然な。

じゃあまたね バイバイをした5秒後にすぐにあたしに逢いたくなあれ (板倉知子)

 無ぅ理。

いつかまたどこかで会おう 気まぐれな女の心変わりみたいに (根岸絹)

 誠実な男の心変わりみたいに。

超合金タケシと名乗る さよならに耐えれるくらい頑丈だから (あみー)

 ら抜きの「耐えれる」に耐えられるくらい頑丈だから。

主題歌のない恋だからさよならのシーンがすごく静かに過ぎる (カー・イーブン)

 リフレインもなし。

そういえば別れたんだと思うほど私の朝は寝惚けていない (遠藤しな)

 血圧も高め。

さぁどうぞ 声をかけるならかけて 今なら私かわいそうでしょ (遠藤しな)

 威張らなくても……。

この歌を 別れた後も 持って行く いいでしょカラスの勝手でしょ (みつけあや)

 君がカラスなら。

改めてよく考えてみたけれどこの人生に君は要らない (にしまき)

 僕も同感。

お別れを言い出しそうなくちびるをふさいで逃げてきてそれっきり (伊勢谷小枝子)

 告白を言い出そうとしてたのに。

それからも空の光が必要で海は遠くで今も鳴ってる (本原隆)

 目の前が海なのに、遠くで……。

深呼吸する要領で別れちまった奇数偶数偶数奇数 (二坂英之)

 そして過呼吸に。

別れでしょ別れじゃないでしょ別れでしょ 半年前に亡くしたものは (山下利絵子)

 でしょ。

「別れて」といえばうなずく恋人と もう10年も暮らしています (栗原あずさ)

 子供も三人目です。

置き去りにされたハブラシ 出掛けてるあいだに枯れてしまえばいいのに (丸山太一)☆

 お気にいりマーク(☆)つけました。
 プラスチックはなかなか枯れない。

さよならを言われるために朝起きて服も着替えてここに来ている (志井一)

 パンツも新品です。

きみに背を向けてとにかく歩き出す こちらが前でありますように (宮田ふゆこ)

 前があちこちにありますように。

何だってきみは別れたいんだろう ひいふうみいよ いつの頃から (丸山太一)

 秘密。

ゆで卵つるんとむいて塩をふり食べようとして落としてしまった (新井蜜)

 洗って食べて。

祖父のしわ レコードの溝は記憶する 針を当ててももう血はでない (西村牧伸)

 音はきれい。

なんとなく会わなくなっただけだからまだ別れてはいないと思う (みうらしんじ)

 出会ってもないと思う。

あまりにも小分けにされたさよならでなかなか気づけなくて ごめんね (星川郁乃)

 味もよくわからない小ささ。

連作「雨音」 (平賀谷友里)

 あとでブログに直接コメントします。けっこうあとになると思います。お待ちを。

A.D.を歩き続ける私たち 出会えたことはなくなりません (百田きりん)

 出会って、そして、別れたのです。

うかんではしずみのあげく分離するドレッシングのように わたしたち (沼尻つた子)

 でも美味しかった。

陽は君を影だけ伸ばしたまま沈み抱えた膝がしょっぱい夕暮れ (山中甚八)

 ゆでたまごが欲しくなりました。

僕達がまるで出会ったかのような言い方だよね さよならなんて (志井一)

 パンツは新品だけど。

さよならはヘンゼルが道においたパン そっと辿って また会いましょう (松陽)

 鳥たちに食べられても。

さようなら 好きな人たち 本名を忘れたころにお会いしましょう (栗原あずさ)

 忘れてまた思いだしましょう。

「もう二度と会うことはない!」と叫びつつクララは立って走って逃げた (広越まりも)

 でもガラスの靴を置いて。

お別れがあたしは悲しい あのひとは悲しくないって言うから悲しい (板倉知子)

 あの人は嬉しそう。

「さよなら」と声で伝えて証拠など残しはしない また会いましょう (松陽)

 録音したけど。

この恋はふたりで始めたんだから あなたひとりで終わらせないで (栗原あずさ)

 いつもいつもひとりで先に……。

言葉では通じ合えない人だった 両手を振ってお別れをした (松陽)

 両足も振ってみた。

結末をひっくりかえす番外編なんてないのをまた確かめた (穴井苑子)

 転校が取りやめにならないかと。

さよならと言った男はしにましたひとり残らず あたしの世から (柳久実)

 しんだのはあたしのほうだったのかも。

さよならを飴玉みたくころがすな 甘ったるくて虫歯がうずく (柳久実)

 プロポリスキャンディくらい苦いのがちょうどいい。

あなたから別れ話を聞くために長距離バスに揺られるわたし (香原よう)

 プラジャーは新品。

きみがくれたものを数えているうちに行ってよ きっと遠くへ行ける (宮田ふゆこ)

 まあだだよ。

予報では今日でサヨナラ はずれたとほっとしていたところに ぽつり (須賀みち子)

 サヨナラ。

 それじゃあ、また!

イラスト=後藤グミ
お別れの絵3





終わったとみんな言うけどおしまいがあるってことは素敵なことだ (枡野浩一)



※「読みました」と伝える気持ちで、人気ランキングをクリック!

2006 06 30 05:10 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/10721440

この記事へのトラックバック一覧です: 「お別れ」です。:

» 「素敵なおしまい」短歌 [なまじっか… から]
ありがとうだけじゃ言い表せないことも全部含めて言うよありがとう (岡本雅哉) … 続きを読む

受信 2006/06/30 10:59:01

» 『お別れ』記念日(複数あります) [★SARU×3★ から]
出会うのが遅すぎたからお別れは意外と早く訪れたんだ  (ももやまこ) 枡野浩一さんのblogが終了するそうです。 もっと早くブログを開設してもっとたくさん投稿していればよかったな… またいつかこういう投稿の場を作っていただきたいです。 でここから...... 続きを読む

受信 2006/06/30 11:56:11

» ありがとうございました [忘れちゃった。 から]
枡野さん、今までお疲れさまでした! とにかくお礼の気持ちはトラックバックせねば! とパソコンに向かいましたが、うまく言葉は見つかりません。 はじめて「枡野浩一のかんたん短歌Blog」に投稿してから一年……(く... 続きを読む

受信 2006/06/30 18:10:06

» お礼 [orangeseed から]
ありがとう何度でだって続けよう数の分だけ伝わるのなら (久保端佳) 続きを読む

受信 2006/07/01 3:39:03

» かんたん短歌 [花夢 から]
枡野浩一さんは面白い人だ。 いつか来るであろうと思っていた「かんたん短歌ブログ」の終わり。 とうとう最終会を迎えてしまいましたが、 参加できてよかったです。 ありがとうございました。 枡野さんの、ものすごい精神と、 参加者の、ぐさっとくる視線とその短歌、 さまざまなものの見方を 感じることができました。 枡野さんの、 とても自覚的で強固な意志は ときに、彼自身を苦しめているような気�... 続きを読む

受信 2006/07/01 21:32:44

» サヨナラ、そして、ありがとう [にじいろめがね から]
昨夜は恋人と一緒にいて、帰ってきたのは今朝方でした。 パソコンを開くと、嬉しい、そして薄々見当がついていたこととはいえさみしいニュースが入っていました。 枡野浩一のかんたん短歌blog powered by ココログ: 「お別れ」です。 私の歌を選んでいただきました。しかも... 続きを読む

受信 2006/07/01 22:21:44

» 連作:Muka River [Bias Mix] (岩波ラスミチ) [Exit Index から]
... 続きを読む

受信 2006/07/01 22:44:15

» ふりかえり [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
「69(PDP+うずつよし+宇津つよし)」 もう笑うしかねぇと思いに暮れたその時 続きを読む

受信 2006/07/02 2:07:14

» また、あいましょう [生々な人々 から]
枡野さん、ほんとうにありがとうございました、の気持ちと、イラストなどなど。後藤グミ、旅に出ました。(後藤グミ) 続きを読む

受信 2006/07/03 1:11:56

» 「かんたん短歌blog」の思い出 [finethankyouの日記 から]
枡野浩一さん、二年としばらくのあいだ、 短歌を投稿させていただいて、ありがとうございました。 (写真は『かなしーおもちゃ』の営業活動をしたときのものです) かんたん短歌blogのなかで、 わたしは、けっして優等生ではありませんでしたが、 この二年としばらくのあい... 続きを読む

受信 2006/07/03 9:41:09

» 他に言葉が [クジラの日々 から]
「さよなら」と発音をした唇は遠くなる 君から私から (二月洋子) 他に言葉が見当 続きを読む

受信 2006/07/04 3:06:56

» お別れ [夢のまた夢 から]
お別れの時を迎えました。 かんたん短歌blog。 参加しはじめて10ヶ月。 短歌はあまり上手くなりませんでしたが 枡野さんと歌を詠むみなさんを知ることができたのは 素敵なことだと思っています。 ... 続きを読む

受信 2006/07/04 9:07:50

» ありがとうございました [きりんメモ から]
 百田きりんです。なにをどう書けばいいのかわからなくて、そのままでした。かんたん短歌blogが終わってしまった。最初はただ驚いて、予告があったにもかかわらず、ほんとうに驚いた。そして悲しかった。もっとシンプルに受けとめられると思っていたのに。  ブログを始....... 続きを読む

受信 2006/07/05 22:40:48

» ありがとうございました [今、この星で起こっている素敵なこと から]
いろいろ想いが巡って、伝えたい事は多いのにうまく文章にできません。 短歌に添えられる枡野先生の一言が、ほんとうに大好きでした。 「いろんな想いをありがとうございました。」 ありふれてますが、いま言える一番近い感謝の言葉だと思います。 枡野先生は、私が...... 続きを読む

受信 2006/07/06 2:21:18

» ありがとうございました [あさぼらけってなんだっけ から]
枡野浩一のかんたん短歌blogが終わってしまいました。 枡野さんの「かんたん短歌 続きを読む

受信 2006/07/06 13:00:38

» 2006年7月の短歌 [First Choice から]
ライブドア ラブラブドアという祖母は老人ホームへ きみ裁判所へ(三田 眞帆) 続きを読む

受信 2006/07/08 5:07:36

» ありがとうございました [9月の海はクラゲの海 から]
枡野浩一さま 伝えたい気持ちをこねくりまわしているだけでどんどん時間が経っていきます。 まとまりもなくとりとめもなく、それでもぽつりぽつりと書いてみました。 思いの外長い手紙になってしまいました。 枡野さんと「枡野浩一のかんたん短歌blog」に、とても感謝しています。 感謝の気持ちを31文字でピっと伝えられたなら一番いいのですけど、 (ずっとこねくりまわしてはいるのですけど) いつまでもできあがらないので今... 続きを読む

受信 2006/07/10 20:21:13

» 短歌は続けます [もうすぐ春ですよね。 から]
かんたん短歌ブログに投稿したくて始めた短歌ですが、ブログが閉じてもやめません。 続きを読む

受信 2006/07/15 13:16:42

» 七月某日の雑談 [夢のまた夢 から]
【ちかごろの枡野浩一】を楽しく拝見しています。 (今井舞さん、要チェック。名前が回文だし。) >こう、 >もう終わってるのにトラックバックが殺到! > >とか、 >そういうのがあってもいいんじゃないか? 私もあってもいいなーと思う。 でも、なんというか……。 遠慮がち、なんですよ。 終わったことを自分の中に受け入れ切れてないところもあるだろうし テーマのない短歌って唐突にトラックバックしにくいし。 書くことで気持ちの整理をつけ(ようとし)たりできれば 次のステップとしてトラックバックもできる... 続きを読む

受信 2006/07/18 8:28:29

» 未練の「カフェ」短歌 [なまじっか… から]
夏カフェや痴話者どもが夢の跡落ちたレシート拾う者なし (岡本雅哉) ……「カフェ 続きを読む

受信 2006/07/18 10:57:15

» お別れ [笑い死ぬなら本望です から]
さようなら これから先の毎日も あなた日和であればいいのに(栗原あずさ) 枡野さ〜ん 終わってしまっても毎日かかさず見ています と、伝えるためのトラックバック 続きを読む

受信 2006/07/18 11:10:22

» うた [散ればこそ から]
  離れたくないのにここにはいられない 別れのときはいつも突然   どうせなら幸 続きを読む

受信 2006/07/18 15:53:42

» 無題 [おなかすいた から]
その声を聞くことすらも叶わないいっそ捨てるか携帯電話(中田和貴) 続きを読む

受信 2006/07/19 2:35:45

» 濡れる [お天道様は許しても から]
朝の通勤電車で途中から乗ってきたオバさんが傘を斜めに持っているので、横にいる私の 続きを読む

受信 2006/07/19 11:07:58

» 和菓子のためなら [お天道様は許しても から]
トラックバック解禁です、喜んでもらっています(嬉)。 続きを読む

受信 2006/07/22 18:49:52

» 和菓子のためなら [夢のまた夢 から]
トラックバック殺到計画のトラックバック族、振戸りくです。 思いあまって前の記事が二重投稿になってしまったのも私です。 7/22(土)の夕方、 かんたん短歌blogの投稿者有志が集結し、 和菓子=我が師、枡野浩一さんに感謝を捧げる会を開催。 そのために事前に作られたmixiコミュニティーの名前が 「和菓子のためなら」。 サーチがお得意な枡野さんに察知されないよう 秘密を知るもの達に箝口令がしかれました。 日記にもblogにもコメントにも書いてはいけなかったのです。 おそらくその秘密の中核におら... 続きを読む

受信 2006/07/22 22:56:47

» 短歌:枡野さんへありがとう [ cahier bleu から]
☆いつまでもそこにあるって思ってた店の休業チラシをなぞる ☆あしあとを残しておい 続きを読む

受信 2006/07/22 23:32:05

» つながりと周辺 [いかさまアラモード から]
偶然が必然にまで進化して歌いつづける終わらない歌 (須部ニイル) ◇ 振戸さんからご連絡いただきまして、トラックバック族として参加させて頂きました。 先ほど、こちらに並んでトラックバックされていた天国ななおさんの記事で枡野さん(別人だったらどうしよう)の笑顔のお写真を拝見し、やたら、感動しました。周辺まるごと含めてが人格なのだろうと思います。万歳。です。 終わったような気がしなくて感謝の言葉も言えなくて、けれども忘れないので許してください。 これまでせっかく評を頂いた歌たち... 続きを読む

受信 2006/07/22 23:40:25

» 「和菓子のためなら」特別僭越企画 [俺とniftyの頃。 から]
「かなしーくじら」、お届けします。 ▽ あすがない、ということもありえますね。 続きを読む

受信 2006/07/23 1:16:08

» 2006-07-23 [柴田有理 から]
血色が悪かったかもしれないと思って日焼けしたのも 続きを読む

受信 2006/07/23 13:22:09

» 和菓子のためなら (更新) [お天道様は許しても から]
タイトルは某mixiというソーシャルネットワーキングサービスのコミュニティの名前 続きを読む

受信 2006/07/23 14:52:20

» 和菓子のために [9月の海はクラゲの海 から]
体育館床いちめんに敷きつめた季節はずれのびわの実あげたい どしゃぶりに靴をたくさんゴミに出す さようならとかありがとうとか かんたんなことなどなんにもないというかんたんなこと背骨に刻み かんしゃしてかんしゃしてもうなににかんしゃしてるかわからないけど * 枡野さん、内側からぱーっと笑顔なりました、素敵な。 会の間中、ちょっと照れてるようなそれでいて 妙にくつろいでいるような和菓子でした。 あの空間を共有できて本当に幸せでし... 続きを読む

受信 2006/07/23 15:17:21

» 和菓子のために [もうすぐ春ですよね。 から]
実行犯のみなさま、 お疲れさまでした。 ハガキ団のみなさま、 お疲れさまでした。 続きを読む

受信 2006/07/23 18:30:14

» 我が師のためなら [仮操業 から]
またいつかはるかかなたですれちがうあなたの歌を僕が歌った(辻一郎) 7月21日、東京は渋谷で「かんたん短歌blog」終了の打ち上げオフ会が開かれました。 枡野さんには当日その会場に来るまで、会については内緒で。 首謀者はホア(篠田算)さんと松陽さん。 mixi内の打ち合わせ用コミュニティの名称は「和菓子(=我が師)のためなら」。 写真は枡野さんへのプレゼント、参加者の短歌&絵入り扇子です。 (にしまきさんの手が写ってます・・・・・・。色々とありがとうございました。) 僕は冒... 続きを読む

受信 2006/07/23 23:07:56

» ありがとう短歌(「短歌のセンス」投稿用) [日記ホプキンス から]
クラクションを今から軽く鳴らすけど「ありがとう」って意味ですからね(志井一) 続きを読む

受信 2006/07/24 2:24:10

» ありがとう短歌 [タンタカタンカ から]
ありがとう ここでお礼をいうことがゴールじゃないと教えてくれて(仁尾智) 続きを読む

受信 2006/07/24 5:34:09

» ありがとう短歌 [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
前屈を実に入念にしました ホンマにありがとうございました(宇津つよし) ※ 続きを読む

受信 2006/07/24 6:50:45

» ありがとう短歌 [お天道様は許しても から]
あなただから 理屈を抜きで 頑張った 特別な日々を 嬉しく思う イベント「和菓 続きを読む

受信 2006/07/24 10:43:54

» ありがとう短歌 [月色氷菓子 から]
学期末 まだカタコトのラブレターわたすみたいに「ありがとう」です(根岸絹) これは学期末で 夏休みになっただけ きっとまた いつかどこかで二学期がはじまるんだ でも ながい休みの間会えないことが切なすぎるから 下駄箱の前でまちぶせて  まだ未完成の恋文をわた... 続きを読む

受信 2006/07/24 15:33:28

» 負け惜しみ「お別れ」短歌 [なまじっか… から]
下からは涙見えない屋上で去りゆく師匠の背中見えない (岡本雅哉) ……すみません 続きを読む

受信 2006/07/24 18:12:05

» 和菓子のためなら [海色炭酸水 から]
両腕が光合成する夢を見た いまならありがとうが言えそう (平賀谷友里) ありがとう、みなさん。 ありがとう、枡野さん。 ありがとう、短歌の神様。 続きを読む

受信 2006/07/24 20:28:33

» ありがとう短歌 [魚石 から]
発音のいい「ありがとう」 今日だけはわたしもちゃんといえますように (古川亜希) 続きを読む

受信 2006/07/24 22:32:32

» のし和菓子 [Exit Index から]
このブログには基本的には文章を書くまい、と思っていました。 書いてもSNS[mixi]で「友人の友人まで」絶賛公開中の 日記の転載、という形を取りたかったのです。 すっかりmixi引きこもりです。 「駄文章を公開するのはもう止めよう」 「晒すのは短歌だけ」 そう思っていました。 **** そのmixiで「和菓子のために」という 「枡野浩一のかんたん短歌blog」終了を記念(?)して 歌人の枡野浩一さんにドッキリを仕掛ける... 続きを読む

受信 2006/07/25 0:49:18

» 短歌:枡野さんへありがとう [ cahier bleu から]
☆いつまでもそこにあるって思ってた店の休業チラシをなぞる ☆あしあとを残しておい 続きを読む

受信 2006/07/25 1:10:17

» 和菓子のためなら [○△□(日々ノカタチ) から]
こんにちは、松陽です。 「和菓子の会」が楽しく和やかな会になって、ほんとうにほ 続きを読む

受信 2006/07/25 15:17:47

» それからあの、 [仮操業 から]
これはぜひ言っとかないと、と思ったのですが、 僕は未だに枡野さんと「眼を見て話す」ことができない感じだったり(思春期?)、 途中、学生生活が一年延びるようなアクシデントもあったりしたのですが(それはふだんの勉強不足のせい)、 この場で知り合った皆さんと知り合わなかったほうの人生(大げさな!)は、 ほとんど考えられないし、考えたくない感じです。 そういう場を作ってきた枡野さんに、本当に感謝します!... 続きを読む

受信 2006/07/25 23:02:20

» 和菓子のためなら(1/2) [びおん書局 にしまき から]
わが師にはカフェオレボウルいっぱいの感謝と愛と拍手を捧ぐ(にしまき) ありがとう短歌です。 うーん。カフェオレボウルの大きさが問題だ…。 続きを読む

受信 2006/07/27 15:20:31

» ありがとうございました [暗黒星雲 から]
枡野さん、ありがとうございました。 「かんたん短歌の作り方」を読んで短歌を詠みたいと思うようになったのですが、枡野さんのこのblogがあることを知らなくて投稿をはじめたのは2005年4月からです。 1年3ヶ月の間に選んで頂いた歌を整理してみました。一時期全然選んでもらえない時期があり落ち込んだこともありました。枡野さんの投稿blogがなくなっても歌を詠むことは続けて行こうと思っています。 君はもう嫌だと言って帰ってしまった 俺は一人でうどんを食べる (新井蜜) 嘘つきと言われた とて... 続きを読む

受信 2006/07/27 23:45:22

» Piss 室井佑月 [くぬぎのしっぽ 〜毒吐いてみたり、浮かれてみたり〜 から]
コレまでも何回か告白してましたが、室井さんの本ってまだ、「ああ〜ん、あん、あん」しか読んでなかった。ということで今回実は結構纏め買いしたが、やはり一番売れてる、彼女の名刺がわりの一冊<Piss>を欠かすことはできない。一生懸命生きてるのに、ちょっぴり歯車が...... 続きを読む

受信 2006/08/22 0:01:08