« 「短歌なふたり」(『ショートソング』)あとがき | トップページ | 公式blogスタート! »

2006.08.31

< 枡野浩一『ショートソング』(集英社文庫) >

枡野浩一、初の青春小説
『ショートソング』(集英社文庫)は、
11月発売予定です。

「短歌なふたり」という題で連載していた作品を、
出版にあたり、改題しました。

書名を決めかねていた私に、
多くの示唆を与えてくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

皆さんと共に迷ったおかげで、
自分の真に進みたい方向を、
しっかり選べたと思っています。

書名はいつも著者自身が考えていると、
読者の方々は思っているかもしれませんが、
必ずしもそうではありません。
書名は版元が決めるもの、
と断言する版元の方もいます。
今回の『ショートソング』に限らず、
拙著のタイトルはすべて
私自身が納得して決めてきましたが、
それは書き手としては
恵まれたケースなのかもしれません。

『ショートソング』は当初、
いわゆる「企画物」小説として構想しました。
(企画および執筆協力=佐々木あらら)

が、
書き上がってみると、
意外と王道の青春小説になっていた……
そんな手ごたえが作者にはあるのですが、
いかがでしょうか。

生まれて初めて
長さのあるフィクションを書いたため、
いたらない恥ずかしい部分も多々ありますが、
もう二度と書けないくらい初々しく愛おしいと
自分で感じる部分もあります。

作中にいろんな人の短歌を
お借りできたことがいちばんよかったです。
とりわけ後半は、
皆さんの作品ありき……で、
ストーリーを進めていきました。

最後は登場人物ひとりひとりが
実在するかのような気分になって、
吉祥寺、鎌倉、渋谷あたりを
彼らと並んで歩いていた……
そんな錯覚すら残っています。

『ショートソング』。

「短歌」の直訳であり、インチキ英語ですが、
それがいつのまにか王道に見えてくるように、
この“歌”が遠くまで響くことを願ってやみません。

私の本はデビュー作から一冊残らず、
「企画物」だったはずです。
けれどもそんな私の「企画物」を、
当たり前の本として捉えている人も増えてきて、
そういう人は叱咤激励のつもりで、
「枡野さん、最近は企画物ばかり出してますけど、
また昔みたいに、普通の短歌集を読ませてください」
などと言ってくれるのです。

「普通の短歌集」!!
その言葉が聞きたくて仕事を
続けてきたのかもしれません。

『ショートソング』は
普通の、
王道の、
青春小説です。

どうぞよろしくお願いします。
http://the-dokusho.shueisha.co.jp/

「たずねびと」

駿河さくさん、
ここを見ていたら
枡野浩一までメールください。
ii@masuno.de
です。
どうぞよろしくお願いします。

2006 08 31 03:55 午前 | 固定リンク