« 【特別寄稿】『結婚失格』書評(文=藤井良樹) | トップページ | 「こんなもの短歌じゃない」 »

2006.11.10

< 短歌の類似 >

七月の心臓としてアボカドの種がちいさなカップで光る (兵庫ユカ)


青春の心臓として一粒のカシスドロップ白地図に置く (野口あや子)


前者は歌葉新人賞の候補作より。
後者は短歌研究新人賞の受賞作より。

私が選者だったら、
口調が似ているという理由で、後者を落としますね。
でも「いい部屋みつかっ短歌」コンテストの
選考やってても、
同案多数って、すごくあるんですよ。

もはや話した言葉がそのまま宙に固まり、
検索すると出てくるような時代。
「新しい」言葉は、つくりにくくなると思うなあ。

つきあって日が浅いのでまだ君の傷つけ方がよくわからない

(枡野浩一『君の鳥は歌を歌える』角川文庫より)

向き合って君と食事をしておれどかなしみ方がよくわからない

(松村正直『やさしい鮫』ながらみ書房より)

この程度の似方なら、ざらにあるだろう。
わざと……かもしれない。
「本歌どり」というやつ。

傲慢だと思われてもいいが私は、
斉藤斎藤の歌を読んでいても、
「それはもう私が十年前に一度詠み、
同工異曲だから捨てた歌ですね……」
と思うことが時々ある。(むろん妄想です)

逆に自分の歌を読み返して、
「ああこれは構文が斉藤斎藤じゃん」
と思うこともある。

文語調になってるぶん印象がちがうし、
読者として愛読してるけれど
松木秀の歌とかも。

新鋭歌人の歌に自作との半端な類似を嗅ぎとると、
とても「複雑な気持ち」になる。
(「徹底して方法が同じで中身がちがう」場合は平気)

宇都宮敦の歌は「複雑な気持ち」を一度も感じない。
とても好き。

でも私だって
先人たちそっくりの歌を詠んできた。
俵万智も穂村弘も、
そんなこと一々感じてたら、きりがないんだろう。

口語短歌の歴史がまだ浅いから
小さな類似が気になってしまう。
たくさんの例を知れば知るほど、
「似てる作品なんてたくさんある」
ということに気づくから、
盗作だの剽窃だの、
軽々と言えなくなっていく。

以上、
いつかの朝日新聞夕刊を読んでいて、
おや? と思ったので書いた備忘録。

これから、
短歌や表現活動に関する記事を、
たまーに、
「かんたん短歌blog」で更新することにします。
どうぞよろしくお願いします。

2006 11 10 08:55 午後 | 固定リンク