« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.29

< NHKのやらせについて >

NHKのやらせに加担した時のこと、
書いておきます。
以前のウェブ日記でも書いたのですが、
消してしまったので。

ケータイ短歌
http://www.nhk.or.jp/tanka/
という番組があります。
番組名は色々変わりましたが、
この番組が立ち上がった頃、
私はレギュラー的に選者として
出演していました。

あれはたしか
タレントの佐藤江梨子さんと
共演した日だったでしょうか。
その日は特番で、
NHKのテレビとラジオの
連動企画になっていて、
生放送でした。

その日の私は、
尋常でなく不機嫌に見えたそうで、
「何か怒ってたの?」
「楽屋で喧嘩でもしたの?」
というメールが
友人たちから続々と届きました。

そう、
じつは怒っていたのです。

というのは、
その日の番組は、
「視聴者から送られてきた短歌を
リアルタイムで枡野浩一が見て、
コメントする」
というのが売りだったはずなのに、
パソコンのシステム上の不備
(明らかな準備不足。回避可能だった)で、
生放送中に届いた作品を私は、
まったくと言っていいほど
見ることができなかったからです。

でも、
見たかのようなふりをして、
作品にコメントせざるを
えませんでした。

その前日までに届いた短歌は、
—首残らず拝見していました。
私は「予選」とか「下選」とかに
とても懐疑的で、
時間がかかっても、
すべての作品を自分で見たいと
考えていたのです。
(↑当時。現在は少し考えが変わっている)

結果的に、
私は番組の「やらせ」に
加担したことになります。

その日の放送終了後、
NHKの猪瀬泰美氏(男性)
http://www.nhk.or.jp/saiyo/message/01/12.html
は私に、満面の笑みで、
「きょうの放送はいかがでしたかぁ?」
と言いました。

私は、
後ろめたさすら感じていない
猪瀬氏の態度に愕然としました。
そして怒りをどうにか抑えて、
改善すべき点を淡々と伝えました。

それからしばらく
私は同番組に出演していましたが、
毎回、
猪瀬氏には色々なことを進言しました。
「せっかくいい番組なんだから、
ちゃんとやりたい」
と必死でした。
が、
猪瀬氏は自分の意見だけ流暢に話し、
人の話をまるで聞かない人でした。
今思えば、
—出演者に過ぎない私が、
番組をどうにかできると考えるのは、
思い上がりだったのかもしれません。
いつしか私は、
「猪瀬氏が番組に関わらないなら出演します」
と口にするほどになっていました。
実際、
最後に出演した回では、
猪瀬氏は私の前には顔を出さず、
別のスタッフが対応してくれたと
記憶しています。

このへん、
私の文章の剣幕が激しくて、
まるで人気ミュージシャンの
ワガママ武勇伝みたいに
響くかもしれませんが、
私が繰り返しお願いしていたのは、
「選者がどういう作品をつくる歌人なのか、
投稿してくれる人に伝える必要が
あると思うから、私の短歌代表作を
一首でいいから紹介してほしい」
といった、ごくささやかなことです。
それすら往々にして無視されました。

猪瀬氏について書いていると、
きりがないので
このへんでやめておきますが、
とにかく私は彼のやり方が
大嫌いでした。

短 歌 を 馬 鹿 に す る な !

現在あの番組に出演している
複数の歌人たちから同じ話を聞いたので
たぶん事実なのだと思いますが、
「枡野浩一さんは、
自分以外の歌人を出すな、
と圧力をかけてきたため、
番組をおりてもらった」
と、
猪瀬氏は話していたそうです。

……呆れて絶句するしかありません。

「穂村弘、林あまり、枡野浩一の
三人で番組をやりたい」
と猪瀬氏に相談され、
「穂村さんと林さんは、
俵万智さんと同世代で、
私にとっては大先輩。
この三人の並びでは、
私一人が若輩者。恐れ多いです」
と言ったことはあります。

しかし、
「圧力をかけた」
とは……。

私は最後に出演依頼があった時、
今までの経緯を伝え、
ハッキリおことわりした覚えがあります。
なのに、
「おりてもらった」
ですか……。

もっともっと
書きたいことはあるのですが、
猪瀬氏は現在もう、
あの番組を離れているとのこと。

私も行きがかり上とはいえ、
「やらせ」に加担したのは事実なので、
ものすごく反省しております。
視聴者の皆様、
短歌作者の皆様、
すみませんでした。

「枡野浩一のかんたん短歌blog」は、
その反省を踏まえて運営していましたし、
「いい部屋みつかっ短歌」コンテストも、
関係者の皆様の多大なるご協力のもと、
良心に恥じないコンテストが
実現できたと思っています。

私は比較的よく
テレビやラジオに出演する歌人ですが、
嘘をつくことが非常にストレスになる
という変わり者です。

テレビ・ラジオ関係者の皆様は、
その点、
何卒よろしくお願い致します。

あの夜……、
私が拝見できなかった膨大な投稿作の中に、
意外な名歌があったのではないかと、
今でも時々気になってしまいます。

 消しゴムでこすったせいで真っ黒になってしまったようなサヨナラ (枡野浩一)

2007 01 29 04:33 午前 | 固定リンク