« 「かんたん短歌blog」開店休業中! | トップページ | 主婦短歌とケータイ短歌を募集します。 »

2007.03.03

< 義江邦夫(タイプフェイス)公式サイト >

2007年3月 3日
義江邦夫さんの公式サイトができました。
http://typeface.jp/

1997年刊行の、
歌人としてのデビュー作
『てのりくじら』(実業之日本社)
『ドレミふぁんくしょんドロップ』(実業之日本社)
の装幀をお願いした義江さん。
http://masuno.de/chosaku/tenori/
http://masuno.de/chosaku/doremi/
にも書いたように、
あの二冊はもう、
義江さんとの合作といってもいい作品だった。

2005年は、
『ドラえもん短歌』(小学館)の
デザインをお願いした。
ADは服飾デザイナーの谷田浩。
(谷田氏には短歌の並び順の提案、
絵のチョイスまで手がけてもらったが、
文字組みの細かい仕上げは義江さん。
タイプフェイスという会社名だけあって、
文字組みの美しさに定評があるのです)

2006年刊行の
『結婚失格』(講談社)の装幀は、
義江さんにお願いしようと、
雑誌連載中から思っていた。
じつはあの小説の中に、
義江さんをモデルにした人物が登場する。

義江さんは
「短歌ヴァーサス」九号
http://www.fubaisha.com/search.cgi?mode=close_up&isbn=5328-9
で、
早坂類について執筆している。
デザイナーでありながら、
慧眼の編集者であり、
多くの書き手を世に出すべく後押ししてきた人だ。

私が離婚で最も苦しんでいた頃、
手書きの遺言書を託したのも義江さん。
自ら死に向かうようなことはないと思うけれど、
私に万一のことがあった場合、
義江さんにご一報いただけると幸いです。

義江さんの長生きと、
ますますのご活躍をお祈りしています。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

2007 03 03 02:42 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/43725003

この記事へのトラックバック一覧です: 義江邦夫(タイプフェイス)公式サイト: