« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

< 夫婦雑誌「クレヤン」が好き >

「クレイジー・ヤン」
http://www.watanabe-kou.com/crazyyang/index.html
の最新号が届いた。
わりと前に届いていたのだけれど、
体調の関係で今読んでます。

バックナンバーでは
インタビューしていただいたこともあるし、
「勝手に枡野浩一特集」を
組んでくださったこともある。
でも、
そうでなかったとしても、
きっと愛読していた。
いつか古本雑貨カフェを経営する時、
店に並べたい雑誌です。

私は、
「みんなが好きなのはこんな情報でしょ?」
みたいなスタンスでつくられた雑誌に、
まったく興味がない。
いや、編集者一人一人は、
そうでない個人的な思いを
抱えているはずなのに、
それが見えにくくなってしまっていて、
たいていの雑誌は私には「遠い」。

クレヤンは、
ご夫婦(とデザイナーさん)で
全部をつくっているらしい。
そういう雑誌ってほかに知らないけど、
前例あるのかな?
一人雑誌、というのは時々あるけど。

私生活の生々しさを
あらわにしないという
美意識もあるだろう。
が、
私はたとえば男性の物書きが、
配偶者や家庭のことを一切書かないとか、
結婚してたことも離婚してたことも
子供がいることも公表しないとか、
そういうのってちがうんじゃないか、
と思ってしまう。
ある物書きの知人は、
ご自身の「結婚パーティ」のことを
ウェブ日記で「とある飲み会」とか書いていて、
そこまで徹底していると笑えるが。

(お前は書き過ぎだ! と言われそうだけど、
私だって書くことはかなり慎重に選んでいて、
「何を書いてないか」は読者には見えないのです。
その選ぶ基準が珍しいだけだと思っています。
よそさまの例を言うと
銀色夏生の元配偶者「イカチン」は、
銀色の読者からは「ヒモ」呼ばわりされてるけど、
もともとは、だれもが知っている一流企業にいた。
一流企業の同僚だった人から聞いたから本当です。
そういう情報を銀色夏生は書かない。
一流企業をやめた事情は知らないけど、
銀色と結婚して仕事をやめていたその背景には、
夫婦固有の、
外部からは見えにくい事情があったはず)

話がそれたが、
「夫婦で一緒に雑誌をつくる」
って、
ほんと、
凄いことだと思うんですよ。
奇跡のよう。

で、
仕上がったものも毎号、面白いです。
なんで書店流通しないのか、
私にはわからないが、
読者を選ぶ雑誌であることは
確か。

枡野浩一のエッセイ集を
好んで読んでるような人には、
合うと思うよ。
ぜひ読んでみてください。

2007 10 31 11:21 午後 | 固定リンク

2007.10.11

< 「短歌ヴァーサス」終刊号 >

もうすぐ閉店する渋谷ブックファーストで、
『ショートソング』(集英社文庫)が
「棚担当者の選ぶ青春小説ナンバーワン」
みたいなのに選ばれていたので嬉しくて、
いつも持ち歩いている小さな色紙に、
筆ペンで短歌を書き、
お店の人に「POP」として進呈してきた。

吉祥寺では買えなかった
「短歌ヴァーサス」最終号を買う。
http://www.fubaisha.com/tanka-vs/backnumber.html

「短歌ヴァーサス」は、
創刊号で枡野浩一特集を組む、
という信じられない短歌誌だった。

短歌界では、
枡野浩一や加藤千恵や佐藤真由美の
批判を書くことはちっともリスキーではなく、
むしろ、
批判を書いたほうが皆が安心する。
そんな中で、
創刊号で、
枡野浩一特集。

その英断に心より感謝しています。
この「短歌ヴァーサス」の
編集責任をつとめていた荻原裕幸さんは、
藤原龍一郎さんの日記や掲示板の
管理人でもあった。
http://www.sweetswan.com/ryufuji/tanka.cgi
そこもまた、先日、休止に……。

「短歌ヴァーサス」最終号には、
保坂和志が定義するところの「愛」が
飛び交っていた。
私の名前が何度も出てきて、
「歌壇にコミットしていないつもりでも、
もはや自分の仕事は短歌の歴史の一部なのだ」
と、
自覚せざるをえなかった。

今、
自分には、
何ができるんだろう。
20071011155557.jpg

2007 10 11 11:36 午後 | 固定リンク

2007.10.01

< 十月のトラックバック先 >

ココログは、
記事を書いてから
一カ月たつと、
その記事にトラックバックが
できなくなるという、
謎のシステムを採用しています。

そのくせ迷惑トラックバックは、
古い記事にも届くんだよね……
なんとかしてください、ココログ様。

というわけで、
新しい記事をつくりましたので、
以後は、
ここにトラックバックを。
どうぞよろしくお願いします。

作品評は、
もう少しお待ちください。
風邪がこじれて、
体を騙し騙し仕事しています。

2007 10 01 03:45 午前 | 固定リンク | トラックバック