« 「短歌ヴァーサス」終刊号 | トップページ | 更新お待たせしています。 »

2007.10.31

< 夫婦雑誌「クレヤン」が好き >

「クレイジー・ヤン」
http://www.watanabe-kou.com/crazyyang/index.html
の最新号が届いた。
わりと前に届いていたのだけれど、
体調の関係で今読んでます。

バックナンバーでは
インタビューしていただいたこともあるし、
「勝手に枡野浩一特集」を
組んでくださったこともある。
でも、
そうでなかったとしても、
きっと愛読していた。
いつか古本雑貨カフェを経営する時、
店に並べたい雑誌です。

私は、
「みんなが好きなのはこんな情報でしょ?」
みたいなスタンスでつくられた雑誌に、
まったく興味がない。
いや、編集者一人一人は、
そうでない個人的な思いを
抱えているはずなのに、
それが見えにくくなってしまっていて、
たいていの雑誌は私には「遠い」。

クレヤンは、
ご夫婦(とデザイナーさん)で
全部をつくっているらしい。
そういう雑誌ってほかに知らないけど、
前例あるのかな?
一人雑誌、というのは時々あるけど。

私生活の生々しさを
あらわにしないという
美意識もあるだろう。
が、
私はたとえば男性の物書きが、
配偶者や家庭のことを一切書かないとか、
結婚してたことも離婚してたことも
子供がいることも公表しないとか、
そういうのってちがうんじゃないか、
と思ってしまう。
ある物書きの知人は、
ご自身の「結婚パーティ」のことを
ウェブ日記で「とある飲み会」とか書いていて、
そこまで徹底していると笑えるが。

(お前は書き過ぎだ! と言われそうだけど、
私だって書くことはかなり慎重に選んでいて、
「何を書いてないか」は読者には見えないのです。
その選ぶ基準が珍しいだけだと思っています。
よそさまの例を言うと
銀色夏生の元配偶者「イカチン」は、
銀色の読者からは「ヒモ」呼ばわりされてるけど、
もともとは、だれもが知っている一流企業にいた。
一流企業の同僚だった人から聞いたから本当です。
そういう情報を銀色夏生は書かない。
一流企業をやめた事情は知らないけど、
銀色と結婚して仕事をやめていたその背景には、
夫婦固有の、
外部からは見えにくい事情があったはず)

話がそれたが、
「夫婦で一緒に雑誌をつくる」
って、
ほんと、
凄いことだと思うんですよ。
奇跡のよう。

で、
仕上がったものも毎号、面白いです。
なんで書店流通しないのか、
私にはわからないが、
読者を選ぶ雑誌であることは
確か。

枡野浩一のエッセイ集を
好んで読んでるような人には、
合うと思うよ。
ぜひ読んでみてください。

2007 10 31 11:21 午後 | 固定リンク