« 更新お待たせしています。 | トップページ | 「かんたん短歌blog」お休みのお知らせ »

2007.11.07

< ようやっと更新します。 >

e0107430_3194212.gif(絵=後藤グミ)

ずいぶんとお待たせしてしまいました。
ようやっと更新します。

そういえば以前、
「ようやっと」という言葉を
ある媒体の連載で書いたら、
書きまちがいだと思われたことがあります。
仕方なく「ようやく」に直したけど、
平明に書いても書いても、
それを理解しない「外側」というものは
存在するのですね……きもにめいじたい。

今回も前回同様、
すべての投稿を拝読し、
心ひかれた歌を
ピックアップしました(投稿順)。
恣意的にコメントを付けますが、
コメントのある歌が必ずしも
気にいった歌とは限りません。

なお、
「主婦短歌」は毎月、
「ルチェーレ!」編集部と
相談の上で雑誌掲載作を決定しています。
入選した作者のかたには、
編集部より連絡が行くはず。
「主婦短歌」の応募資格は、
作者自身が主婦であること
です。
「主婦短歌まつり」
http://women.benesse.ne.jp/lucere/index.html
も、これから選考します。
どうぞよろしくお願いします。

初めて「かんたん短歌blog」へ
投稿する皆さん!
このblogのどこかに募集要項があります。
それを読んでから投稿してください。
トラックバックは一首ずつ!
トラックバックは常に最新の記事に!

現在は「開店休業」状態なので、
過去の記事もある程度は読んで、
事情をのみ込んでから参加してね。

メールでの投稿は受けつけていません。
冷静になって想像してみてください。
私はこれでもちょっぴり有名な歌人。
私のところには、
毎日のように、
見知らぬ人からメールが届くんです。
お願いだからメールで投稿しないで!
それが万一いい作品だとしても、
優しい目では見られなくなってしまいます。

私は、
応募要項などをしっかり読んで、
きちんとルールを守れる、
「読解力」とか「社会性」みたいなものも
とても大切だと思っています。
そこから外れるものがあっても当然いいけど、
この「かんたん短歌blog」という場では、
とりあえずルールを守ってください。

柴田有理さんの連作
http://d.hatena.ne.jp/shibataari/?of=10
へ、
まだちゃんとコメントしてなくてごめんなさい。
私以外のかたも、
感想を書き込んであげてください。

連作といえば、
宇津つよしさんの連作も拝読しましたが、
うーん、
あなたは連作を意識しない連作のほうが
向いてる気がします。
リフレインが多いかなー、今回。

もう十年近く
各メディアで投稿短歌を読んでいますが、
たまに
「枡野浩一の短歌を読んでいないか、
昔に読みすぎて忘れているか、
どっちかだなー」
と思う作品に出会います。

 忘れてと言われて忘れられるのなら言われなくても忘れています (はせがわゆづ)

という作品などは、
どうしても、
この歌を連想します。

 前向きになれと言われて前向きになれるのならば悩みはしない (枡野浩一)

まあ、中身がちがうから、
はせがわさんの作品として発表してもいいし、
本歌どりのようなものとして受けとめたけど、
私は採れないなー。
枡野浩一の短歌をきっと読んでない
小島ゆかりさんのような歌人なら、
選ぶかもだけど。

ほかにも今回、

 あくびしてついでの涙にそのまんまその気になって泣いてしまった (板倉知子)

という歌があったけれど、どうしても自作の、

 あくびして頬に涙がたれたとき泣き叫びたい自分に気づく (枡野浩一)
 タバスコを振りかけすぎて咳きこんでそのまま風邪をひいてしまった (枡野浩一)

を連想してしまいます……。

『ハッピーロンリーウォーリーソング』(角川文庫)
『ドレミふぁんくしょんドロップ』(角川文庫)
の二冊だけでいいから読み返してみてね。



困ったな女子全員がボク狙い ライトノベルじゃよくある話 (岡本雅哉)
↑「ライトノベルじゃよくある話」の付け句シリーズ。ほんとによくある話なのかは、保留にしておきます。詳しくないから。

何回もあけて覗いてダメにした恋ってケーキ焼くのに似てる (佳乃硝子)
↑これは「似てる」という言葉を捨てて詠み直してみてください。

気がつけば愛染恭子が五十路前 今日は宅急便が届く日 (宇津つよし)

玉葱をきざむ時には口で息いきているって実感します (佳乃硝子)

転ぶよう出来ているんだ そんときは4本足で始めればいい  (小椋あづき)

君だって陰の努力家好きだろう 自分がそうじゃないからだろう (山川知也)
↑この後半は、ありそうでなかった強いフレーズ。

「友達になれるかも」って思うのは みんな四コマ漫画のキャラだ (笹本奈緒)

うつくしくありたくて日々磨くたびすり減ってゆくなにかいくつか (赤城尚之)

まぶしいと思ったときにもう影になるってことは決まってたんだ (赤城尚之)

「幸せは歩いてこない」と言う人のうしろについて歩けばいいや (赤城尚之)
↑赤城尚之さんは、ある真っすぐさが、今のところは、いい味になってる。

日曜におふとん干して花買おう 好きな人ならいるんだけどね (丹生谷歩美)

飲みかけの沈殿してるコーヒーが今日は昨日の続きだという (林けりい)

私だけまだできなくて学校で だれもいないとする逆上がり  (小椋あづき)

乗り換えだ奈良美智の絵のお面 隣の駅に行くだけなのに (宇津つよし)

笑わない人達 笑う犬 笑うことを仕事にするのが夢だ (吉准吉)

できるだけ急いで俺にバファリンのやさしさじゃない半分をくれ (吉准吉)
↑「バファリンの半分」ネタの短歌は多いけど、比較的よく出来ている。

人柱たててめでたくくっついた君は元気か? 俺は元気だ (赤城尚之)

ガンダーラ その音程でがんばれと心の中で歌いだすとき (戸村凡)☆
↑これ、なんか好きだった。『ガンダーラ』という曲の音程でがんばれと心の中で歌ってみた。お気にいり☆マークつけました。

大鍋に材料を入れ火にかける 待つ時間まで調味料です (振戸りく)

何度も鏡で見ちゃうよ「これすごく好き」って君がさわったホクロ (松田 丸二)
↑童貞っぽくて微笑ましい。

コートのポケットに手を入れて待つわいを無視するのが君の挨拶  (松田 丸二)
↑「わい」という一人称に一票。

チョキを出す言っときながらパーで負け グーは出せないうそはつけない (宇津つよし)

あんたらを優越感に浸らせることがワタシの仕事ですから (赤城尚之)
↑「ですから」という語尾でないほうがよいかも。詠み直してみて。

選べない人生賭して脂汗 門出祝ったカタログ貰った (宇津つよし)

盛蕎麦に断固異議なし その後で抹茶ティーラテ飲んでいいかな (波下増つる)
↑「断固異議なし」は全共闘世代用語ですね。

うんちくんも好きだと思う彼の事お部屋に行くと何時も出たがる (阿茶)
↑うんちくんに好かれてもなあ……。「いつも」はひらがながいいのでは。

音楽はキッチンで聴く キッチンがわたしの部屋みたいなものだから (穴井苑子)

さかさまにみた腕時計 からっぽの朝が来たってことはわかった (徳毛圭太)

コンビニのおにぎり二つ温めてできることなら笑ってください (吉准吉)

酒に酔うイトコは浴衣で寝乱れる ライトノベルじゃよくある話 (岡本雅哉)

階段を三段飛ばしで駆け上がるようなうれしいコンドームくれ (芳賀はがろう)
↑歌集を出すときは「うれしいコンドーム」という題にしては? 梅内美華子さんの有名な歌に、似た階段が出てきますね。

まっすぐに私を好きと告げる君 5歳で息子というのが惜しい (振戸りく)

赤色の涙が出ちゃうこのままじゃ ちゃんとこっちを向いてちょうだい (板倉知子)

安くてもモノがしっかりいているト 君が言うなよ僕が言うから (伊藤なっと)  

ゆっくりとジャンプをしよう青空に 着地をするのも忘れるくらい (さるわたりりえ)☆
↑このまぶしい明るいイメージ、書けそうでなかなか書けないと思う。CMにつかえるレベル。お気にいり☆マーク。

オレにしか世界とあのコは救えない ライトノベルじゃよくある話 (綾波百)
↑付け句に別の人が参加してくれました。ライトノベルって面白そう。おすすめの作品あったら教えて!

ほっこりとするはずだったおやすみが まりもっこりのせいだもやもや (宇津つよし)

君にだけ聞こえるように叫ぶからこっちを向いたあなたが君だ (赤城尚之)
↑「あなたが君だ」。なるほど。

指を入れてはいけないと目を閉じる星降る夜にまわるミキサー  (陣崎草子)
↑陣崎草子さんは、甘くなりすぎない地点でギリギリ立てそう。

この道の自販機は全部サントリー 誰の好みか知らないけれど (古内よう子)
↑後半が説明的。

反則をしたいときってあるでしょう むかしのあだ名で呼んでごめんね  (古内よう子)
↑前半が説明的。

たとえば、
〈この道の自販機は全部サントリー むかしのあだ名で呼んでごめんね〉
というような歌はどう? 飛躍が安易かなー。まあ、説明的になりすぎない言い方を選んで、工夫してみてください。

オレンジの風船を追うフリをして君に近づく 深呼吸する  (伊藤真也)

ぐびぐびと「コーラー」飲み干すタヅさんを息を呑みつつ孫が見守る  (伊藤真也)

レジ袋ねじっているのをじっと見る ハートになったらとっとと奪う (宇津つよし)

前髪を映す鏡は増えたのに 公衆電話が減っていますよ (宇津つよし)

ナポレオンだって原チャリ乗りたいに違いない辞書には載ってない (宇津つよし)

制服の人だった頃の夢を見て起きた土曜日 鳴ってる電話  (陣崎草子)

今回は、以上です。

短歌に一文字あきをいれるときは、
必要最小限にしてください。
半角あきとかにするのは
どうしても違和感があるので、
あけるかあけないか、はっきりしてね。
そのへんのことは
拙著『日本ゴロン』(毎日新聞社)で考察したが、
入手困難な本だしなあ。
まあ「どうしても!」という
こだわりのある人は、
自分のこだわりを大切にして。

こうして並べてみると、
私の短歌の趣味も変わってきたでしょうかね。
選ぶか選ばないか迷った作品は、
とりあえず選ぶようにしています。

「どうしてこの歌が選ばれてないの?」
というご指摘があれば、どうぞ。
自薦、他薦、問いません。

すべてのご質問に答えることはできませんが、
気が向いたら、
あなたのブログに直接行って、書き込みます。
どうぞよろしくお願いします。

2007 11 07 04:58 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/16981348

この記事へのトラックバック一覧です: ようやっと更新します。:

» 東京/曇り/肌寒い/26 [EB_RE:DAY / 日歌 から]
雨降りの線路伝いの道をゆく 煙草を少し吹かして歩く  23:34 言の葉が白く固まりゆく日々は隠しきれない気持ちが見えて  23:14 もし君が私にただ居て欲しいならあなたはそこに居なくっちゃだめ  22:34 逆流性食道炎とか疑ってそれでも煙草がやめられなくて  22:30 ... 続きを読む

受信 2007/11/07 9:05:00

» 世界がもし100人の村だったら [日常一部短歌化計画 から]
世界がもし100人の村になっても名前を覚えてもらえぬ誰か(綾波百) http:/ 続きを読む

受信 2007/11/07 11:39:16

» フルスペック@携帯 [夢のまた夢 から]
使うのは電話とメールだけなのにすべて備えた携帯を買う (振戸りく) 続きを読む

受信 2007/11/07 18:12:59

» にじむ [LyricHolic から]
透明な滴に滲む輪郭を不確かなまま繋ぎとめてる (縄田知子) * 枡野さん、すみま 続きを読む

受信 2007/11/07 19:45:11

» 『 身だしなみ 』 [カチハヤのシナリオ日記 から]
○ リビング    夫がやって来る。    寝起きらしく、スウェットは着崩れ、髪    は寝癖でぐちゃぐちゃ。 妻「もぉ、だらしない」 夫「いいじゃないか。休みの日ぐらい」 妻「今日はご近所の奥さんたちとウチでお茶  することになってるのよ」    玄関..... 続きを読む

受信 2007/11/07 22:22:24

» ごきげんですっ!! [真夜中の缶蹴り から]
ハンカチは右ポケットにねじ込んで左足から踊るジンクス(吉准吉)とてもごきげんです 続きを読む

受信 2007/11/07 22:55:13

» 選歌いただきありがとうございました [今、この星で起こっている素敵なこと から]
なんとなくほったらかしの多い日の彼をほってはおけない弱み (小椋あづき) 初投稿が、中1(2004年7月)だから、 お付き合い(笑;)だけは、長い『かんたん短歌blog』 やっと選歌していただきました。長かった。。。。。 ←嬉し泣き; 本当にありがとう...... 続きを読む

受信 2007/11/07 23:50:06

» 日々精進 [たんかしたい から]
落ちるまで落ちていつかは芽を生やし 花びらになって風に乗ろうよ(さるわたりりえ) 続きを読む

受信 2007/11/08 8:53:37

» 影(自由テーマ) [LyricHolic から]
太陽に向かって歩く 未練とか後悔じゃない影引きずって (縄田知子) 続きを読む

受信 2007/11/08 10:14:55

» にじむ [LyricHolic から]
透明な滴に滲む輪郭を不確かなまま繋ぎとめてる (縄田知子) * 枡野さん、すみま 続きを読む

受信 2007/11/08 10:21:14

» 『 ビー玉 』 [カチハヤのシナリオ日記 から]
○ 子供部屋    少女が赤い色の混じったビー玉をじっと    見つめている。 ○ キッチン    少女、母親に尋ねる。 少女「ねぇ、赤いのどうやって入れるの?」 ○ 幼稚園    少女、先生に尋ねる。 少女「ねぇってば」 ○ 友達の家    少女、友..... 続きを読む

受信 2007/11/08 11:13:00

» [*さよなら言葉 から]
霧吹きを吹いていっぱい吊るしたい 冷たい風の表情をして (木村比呂) 続きを読む

受信 2007/11/09 0:34:19

» [*さよなら言葉 から]
アイロン たたみかけたい好機ならハートマークの蒸散で良い (木村比呂) 続きを読む

受信 2007/11/09 0:37:25

» 嫌いじゃない [にっかたんか から]
モテる子がなぜモテるかで四時間もつぶしちゃうとこ そこがモテない(戸村凡) 続きを読む

受信 2007/11/09 0:46:43

» 柴田が参加する [柴田有理 から]
福岡市天神での美術展、参加メンバーはこちら。 http://artium.exblog.jp/6433952/ それぞれの特徴はこちら。 http://www.nishinippon.co.jp/jigyou/artium/html/2007/07_07_frft3_intro.php □詳細□ For Rent! For Talent!3 “For Rent! For Talent! 3”は、クオリティの... 続きを読む

受信 2007/11/09 9:40:29

» 016塩。 [カツオくんは永遠の小学生。 から]
そこそこにしあわせだからきらきらと食卓塩もかがやいている (富田林薫) 続きを読む

受信 2007/11/09 10:18:24

» かんたん短歌に初めて投稿 [ヘッポコ短歌 から]
僕以外世話をしそうにない花に水をやるためまだ生きている(矢島かずのり) 初めての 続きを読む

受信 2007/11/09 19:18:37

» 曇る (自由テーマ) [LyricHolic から]
温度差に曇るガラスに縦線と横線引いてするあみだくじ (縄田知子) 続きを読む

受信 2007/11/09 20:26:40

» もう一歩先へ [あと何年かかれば腕の掻き痕が消えるだろうかじっと手を見る から]
今よりも高く飛びたいのならもう少し良い靴を履きましょう(浜野 初) 続きを読む

受信 2007/11/09 22:33:21

» ゆびわ [あと何年かかれば腕の掻き痕が消えるだろうかじっと手を見る から]
今日もこの指輪と同じものを同じ指にはめてる誰かがどこかに(浜野 初) 続きを読む

受信 2007/11/09 22:38:50

» 主婦短歌 [猫のように純情 から]
ホコリってなんなんでしょう この色はいったい何の色なんでしょう (穴井苑子) 続きを読む

受信 2007/11/10 0:46:26

» 日常のびっくり♪ [シアバター 31日記 から]
そこにあることの喜びと伝えるきみがいてくれることのしあわせ(林けりい) 枡野浩一さんの「・・・・以上です。」の中にわたしの投稿したものがあり とても嬉しいです。 続きを読む

受信 2007/11/10 4:26:48

» 異邦人 [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
好きだったバンドを聞き返してます 行方知らずは僕といっしょだ(宇津つよし) DR 続きを読む

受信 2007/11/10 8:11:43

» 繋がる (自由テーマ) [LyricHolic から]
どうしても違うのを選ばなきゃだめ 気づかないふりのままで繋がる (縄田知子) 続きを読む

受信 2007/11/10 8:47:13

» 017コショー。 [カツオくんは永遠の小学生。 から]
真夜中の痛みのようにチャルメラにどばっとかかるS&Bコショー (富田林薫) 続きを読む

受信 2007/11/10 10:22:03

» 夜半すぎ(2) [PUNK!BOOM!BANG!-EX から]
泣きたいよ堪える揺れる針進む 夜半すぎには雨がふります(宇津つよし) ※ あっけ 続きを読む

受信 2007/11/10 18:03:12

» 別れの覚悟 [真夜中の缶蹴り から]
書き出したなつかしさたちを折り込んでお別れをする覚悟をやっと(吉准吉)     続きを読む

受信 2007/11/10 23:57:53

» [*さよなら言葉 から]
シューツリー並んでシューはない 君が最後にここに忘れたたまご (木村比呂) 続きを読む

受信 2007/11/11 1:32:11

» [*さよなら言葉 から]
ダイソンの存在感のまぶしさで心の塵は払い続けた (木村比呂) 続きを読む

受信 2007/11/11 1:33:35

» 朝風呂で [にっかたんか から]
朝風呂で時を忘れて時を経たしりを見てたらねこに鳴かれた(戸村凡) 続きを読む

受信 2007/11/12 14:45:00

» 沁みる (自由テーマ) [LyricHolic から]
傷口に沁みぬ程度の刺激ならいいよ 僕らは昼寝の時間 (縄田知子) 続きを読む

受信 2007/11/12 14:50:02

» 下ネタですけどなにか? [真夜中の缶蹴り から]
いじられておおきくなるのかいじらせるためにおおきくするのか謎だ(吉准吉)   続きを読む

受信 2007/11/12 15:50:03

» 短歌07/11/12の1 [ニダンカイサセツ から]
すこやかに徐々になってる気がします 溺れたようなうがいをしては(笹本奈緒) 続きを読む

受信 2007/11/12 16:36:05

» 短歌07/11/12の2 [ニダンカイサセツ から]
A4が出ないコピー機 ファが出ないクラリネットと同じとみなす (笹本奈緒) 続きを読む

受信 2007/11/12 16:40:44

» 待つ (自由テーマ) [LyricHolic から]
ミステリィ読みながら待つ午後の日はレム睡眠の最中(さなか)にあるの (縄田知子) 続きを読む

受信 2007/11/12 20:39:24

» 主婦短歌 [猫のように純情 から]
ヘルシーなペットボトルが大好きな人が愛するマカロニサラダ (穴井苑子) 続きを読む

受信 2007/11/12 20:57:12

» 018醤油。 [カツオくんは永遠の小学生。 から]
このくにがすきなのだろう焼きたてのさんまにたらすキッコーマン醤油 (富田林薫) 続きを読む

受信 2007/11/12 22:45:28

» じんわりはじめています。 [短歌とか短歌とか短歌とか から]
受信料の通知ハガキで拭い取る精子の数をそっくり上乗せ 少しは更新していかないと、と思いまして……。 続きを読む

受信 2007/11/12 23:35:37

» 抜く理由 [瓦屋の雨時々短歌 から]
黄色とかピンクの花を咲かすなら抜かなくたってすむ かもしれない (伊藤なっと) 続きを読む

受信 2007/11/13 8:10:58

» 草取り [瓦屋の雨時々短歌 から]
もえるゴミ三袋分の草を取り生きる力はすげぇと思う (伊藤なっと) 続きを読む

受信 2007/11/13 8:15:02

» 短歌・・・[自由テーマ] [言の葉の航路 から]
受け止める君の重さに幸せを感じる日々に口づけしよう(野々路育葉) 続きを読む

受信 2007/11/13 13:40:09

» 短歌・・・[自由テーマ] [言の葉の航路 から]
五線譜にそっと置かれた休止符はきっと私の現在地なの(野々路育葉) 続きを読む

受信 2007/11/13 13:42:06

» 短歌・・・[自由テーマ] [言の葉の航路 から]
水槽を隔てて視線ぶつかってひらりと交わす金魚になって(野々路育葉) 続きを読む

受信 2007/11/13 14:43:23

» 「短歌朗読の夕べ」に行きました [お天道様は許しても から]
新明さだみさん、中島裕介さん、オカザキなをさんの三人が出演する、短歌の朗読会「 続きを読む

受信 2007/11/13 15:02:32

» 反射 (自由テーマ) [LyricHolic から]
豆球の灯り瞼越しに見て眠る仕草は条件反射 (縄田知子) 続きを読む

受信 2007/11/13 16:46:47

» 短歌・・・[自由テーマ] [言の葉の航路 から]
悲しみに見つかりそうで君の背に隠れて息を潜めて泣こう(野々路育葉) 続きを読む

受信 2007/11/13 19:45:40

» 短歌・・・[自由テーマ] [言の葉の航路 から]
悲しみに見つかりそうで君の背に隠れて息を潜めて泣こう(野々路育葉) 続きを読む

受信 2007/11/13 19:47:38

» 絆。 [羽根があること から]
暗くても明るくっても確実に見えない絆あるんだ たぶん (西原まこと) 続きを読む

受信 2007/11/14 17:29:28

» 想像。 [羽根があること から]
死ぬなんて痛いだろうし眠るようにならいいかなと想像だけする (西原まこと) 続きを読む

受信 2007/11/14 17:38:36

» 場所。 [羽根があること から]
気薄げな空気の層はこの場所が都会のど真ん中だからかな (西原まこと) 続きを読む

受信 2007/11/14 17:47:10

» 挨拶。 [羽根があること から]
明け方は静かに僕を待つようにオレンジ色に挨拶をする (西原まこと) 続きを読む

受信 2007/11/14 17:51:15

» 茹でる (自由テーマ) [LyricHolic から]
育ちすぎたブロッコリーを茹でている11月の日溜りの中 (縄田知子) 続きを読む

受信 2007/11/14 22:33:32

» 短歌です [矢島かずのり から]
永遠の愛ってやつが月額でいくらするのか教えて欲しい(矢島かずのり) 続きを読む

受信 2007/11/15 7:23:52

» 法律 [瓦屋の雨時々短歌 から]
受かったら癒してもらうスベったら癒してあげる僕の法律 (伊藤なっと)     続きを読む

受信 2007/11/15 9:44:34

» ワタガシ [瓦屋の雨時々短歌 から]
わたがしのようになってといわれてもふわふわすればいいだけですか (伊藤なっと) 続きを読む

受信 2007/11/15 10:05:20

» あれ、かんたん短歌お休み? [羽根があること から]
昨日は一度に4首も出来て投稿も出来たので、 今日も、 と思った矢先に、 お休みになってしまったのですね。 一身上の都合なのですね。 元々開店休業中でありながら短歌を受け付けていらっしゃったのですから、 仕方... 続きを読む

受信 2007/11/15 12:41:14

» 元はずいぶんと字余りでした [短歌とか短歌とか短歌とか から]
正の字の積み重ねられた右利きの不眠不休の手すさびの果て(やましろひでゆき) 携帯で打つと時々字数がわからなくなるす。 続きを読む

受信 2007/11/15 13:12:28

» 付け句「ライトノベル」短歌6(枡野浩一のかんたん短歌blog) [なまじっか… から]
“休み”だときいてた女子が転校し ライトノベルじゃよくある話(岡本雅哉) ……い 続きを読む

受信 2007/11/15 18:49:16

» 枡野さんへ [もうすぐ春ですよね。 から]
かん短ブログ、お休みに入ってしまうのですね。 近頃は全然短歌の投稿もできていなか 続きを読む

受信 2007/11/15 22:05:03

» 枡野さんへ [もうすぐ春ですよね。 から]
かん短ブログ、お休みに入ってしまうのですね。 近頃は全然短歌の投稿もできていなか 続きを読む

受信 2007/11/15 22:09:12

» ★枡野師匠へ★ [日常一部短歌化計画 から]
本当にありがとうございました(綾波百)、というのがこのトラバの最大のテーマです。 続きを読む

受信 2007/11/19 10:36:26

» かんたん短歌のお休み [お天道様は許しても から]
少し前になりますが、「枡野浩一のかんたん短歌blog」をお休みすると、改めて枡野 続きを読む

受信 2007/11/21 11:33:37