« 「かんたん短歌blog」お休みのお知らせ | トップページ | 佐々木あらら寄稿『九九を唱えなおすように』(2007年11月29日) »

2007.11.24

< 梅本直志第一歌集は、本秀康の表紙イラスト。 >

http://www.recosuke.com/?p=35

ロック短歌、と題して、
週ごとの見ひらきの隅に1首ずつ、
梅本直志の短歌が!

全53首。
私のデビュー作
『てのりくじら』(実業之日本社)より多い。

 ロック短歌8◆ザ・ダムド
 おれは今夜彼女に会いたい→おれ今夜彼女会いたい→→おれ夜女会

 ロック短歌10◆ザ・バンド
 群集の中で、自分の声を聞く とらわれの身の、春は名のみの

扉ページでは、
 イラストレイション=本 秀康
 ロック短歌=梅本直志
と、名前が並んでいる。

こういうことを、ああ、
やってほしかったのだ!

というか、
私もこういうこと、
したかったー。いいなー。

定価1000円。安い。
二冊買ってしまった。

梅本直志は、
『かんたん短歌の作り方』(筑摩書房)で、
一度の投稿実績もないのに連作デビューした歌人。
あの本は、連作(「作品集」)の作者には
原稿料が支払われた。
『ショートソング』(集英社文庫)にも
彼のチョコレートの歌がつかわれているが、
あれも、もともとソニープラザのPR誌のために
詠んでもらった歌だから、
PR誌掲載時に原稿料を払っている。

常に原稿料をもらって短歌を詠むロック歌人、
梅本直志。

私が、
「かんたん短歌blog」常連投稿者に
(勝手に!)期待してきたのは、
こういう、ゲリラ的な「正解」を
自ら見つけること……
なのだと思う。

この問題については、
たぶん、
追って後日また書きます。

2007 11 24 10:04 午後 | 固定リンク