« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.25

< 笹井宏之寄稿『飴色時間』(2008年2月22日) >

枡野浩一です。
笹井宏之さんからの「寄稿」をお届けします。

人を語るとき「天才」という
言葉はなるべくつかいません。

「天才」って、
必ずしもいいものとは言えないと思っている。
『君の鳥は歌を歌える』(角川文庫)にも
あれこれ詳しく書きましたが、
「コントロールのきかない才能」
ってニュアンスがあると思うんです。「天才」には。

私が定義する「天才」に
あてはまると感じる才能の持ち主は、
たとえば町野変丸さんとか。
トモフスキーさんとか。
どちらも大好きな作り手ですが。

で。
「かんたん短歌blog」に
投稿してくれていた頃、
笹井宏之さんの作品を
きちんと受け止められていなかった私ですが、
歌集を一冊拝読した今では、
「この人は……あいにくと天才かも」
と思っています。
「あいにくと」
というのが付き物だ。「天才」には。

今回の寄稿を読み、
ますますその思いを強くしました。
あのような作風でありながら、
「枡野浩一のかんたん短歌blog」に
投稿しようと考えること自体、
あまりにも「天才」的です。

「かんたん短歌blog」のどこかに、
天才の人は私の手におえないから
ここに投稿されても困ります、
みたいなことを書いた覚えがあります。
書いたときは別に具体的な人を
思い浮かべていなかったんだけれど、
ああ、笹井さんだったのかも。あれ。

「天才」の作り手は、
万人には受けません。
(天才ではない枡野浩一の短歌も
決して万人に受けてるわけではないが)
ただ短歌界は、
万人には受けないものを
丁寧に評価する土壌のある場です。
空気を読んだ「同時代性」というよりは、
強烈な個からうまれた「普遍性」を感じる抒情で、
新鋭にもベテランにも人気が出そう。

 風という名前をつけてあげました それから彼を見ないのですが (笹井宏之歌集『ひとさらい』より/以下同)

 和尚さんそんなに欠けないで、あとからお弟子さんたちも続かないで

 拾ったら手紙のようで開いたらあなたのようでもう見れません

 どうしても声のかわりに鹿が出る あぶないっていうだけであぶない

 別段、死んでからでも遅くないことの一つをあなたが為した

別の作品に出てきた、
「真水」
「まばたき」
といった語彙からは、
正岡豊作品を連想します。
(正岡さんは「天才」っていうより
「本物」って感じ)
正岡豊より断然、無自覚な感じがして、
そのへんが弱点にもなりうるが、
第一歌集の時点では
美点にも見られるでしょう。

結社「未来」の加藤治郎さんのところ、
という居場所は、
笹井宏之さんにとって
ぴったりだったのではないかな……。
結社の実態を肌では知らないけれど、
現段階ではそう思えてなりません。
荻原裕幸さんが
第一歌集にタッチしているというのも
ほんとうに良かったですね。

笹井宏之さんの歌は、
ひとつひとつの言葉は平明だし、
組み立てもきれいで透明に見えるのに、
まんべんなくキラキラしてて、まぶしい。

ある空間に音が響いていて、
その音を打ち消す音も同時に響いていて、
結果的に無音に聴こえるけれど、
じつはすごく激しく音が飛び交っている、
そんな歌?

……うまく言えないや。
科学的にもう何言ってるかわかんないけど、
そんな印象を持ったりしました。

「天才」は皆、マイペースです。
これからもその調子で!

たまに近況をきかせてください。



笹井宏之寄稿(2008年2月22日)

『飴色時間』

あなたが半円形のかなしみをつくるので
私はそこに同じおおきさの紙を
貼らなくてはならない

選ぶのは厚く、色の赤いものがいい

あなたの半円形のかなしみは
どのような死よりも孤独で
どのような生よりもつめたい

だから私は
あなたのかなしみの隣へ
確固たるものを置く


(液体糊の匂い、飴色のひかり、そして
 ゆっくりとハサミのグリップを握る私)


あなたの半円形のかなしみが
ほんのすこし輪郭を正すとき
私の作業は始まる

切り抜くのはやはり
厚く、色の赤いものがいい


-----


歌集『ひとさらい』は、
この詩と陸つづきになっています。

おおむね、
同じような気候があり、
同じような草が生え、
同じような動物が行き交っています。

もし、この大陸ちょっとおもしろそうだな、
と思われたら【歌葉】というサイトで
1260円(税込み)で売っています。

http://www.bookpark.ne.jp/utanoha/

どうぞめくってみてください。



かんたん短歌についてすこし。

いまでも、かんたん短歌にあこがれています。
自分に無いものが、あふれていて
とてもまばゆいです。

はじめから、
かんたん短歌(ひとくくりにしてしまってすみません)と
ぼくの作る歌とでは、うまく言えないのですが
層のようなものが、違っていたみたいです。

でも、その層と層のあいだには、
窓や、梯子や、抜け穴なんかがあって
そこから“かんたん短歌の層”に(すこし無理をして)
ぐーっと手をのばして、投稿をしていたのだと思います。
よく手がつりそうになっていました……。

短歌のサイトに詩を寄せて、
さらに層が違う、なんて言い出すのは
どうかと思ったのですが、
良くも悪くも、それが笹井宏之です。

あちこちの歌の層を、飛んだり、まわったりしながら
ジャンル“笹井”の旗が立てられたら、
いいなと思っています。


2008年2月22日
笹井宏之 http://sasai.blog27.fc2.com/

2008 02 25 09:43 午前 | 固定リンク | トラックバック

2008.02.20

< バレンタインと破廉恥 >

とうにバレンタインも過ぎましたが、
佐々木あらら他が考えた
「チョコことば」
http://ararara.exblog.jp/8000325/
は、
すごく面白いと思います。
見事なまでにお金にならない企画だけれど……。

そんな愉快な企画をご紹介したあとで、
あんまり嬉しくない出来事の
報告をしなければなりません。

気づいた方もいらっしゃるようですが、
『ショートソング』(集英社文庫)にも出てくる
私の短歌、

 辞書をひきバレンタインが破廉恥の隣にあると気づいている日  
 ——枡野浩一(角川文庫『57577 Go city,go city,city!』より)
57577―Go city,go city,city! (角川文庫)

と酷似した作品が、
ある短歌コンテストの入選作に選ばれ、
のちに取り消されるという出来事がありました……。


一月の終わりに
「東洋大学広報課よりお詫び」
というメールが届いたとき、
そのタイトルを見た瞬間に
内容の大まかな想像がついてしまいました。

きっと私の短歌と酷似した作品を
うっかり入選作に選んでしまったのだろう、 と。
東洋大学は昔から「現代学生百人一首」という
企画をやっているのです。
http://www.toyo.ac.jp/event/issyu/index.html

以下は、
その「東洋大学広報課よりお詫び」
というメールに対する、
私からの返信です。






From: 枡野浩一
Date: 2008年1月25日 21:21:15:JST
To:
Subject: Re: 東洋大学広報課よりお詫び


はじめまして、枡野浩一です。
ご事情はわかりました。
特に、足を運んでいただく必要はありません。

ただ、
公式サイトでは曖昧な書き方をせず、
枡野浩一の元歌

 辞書をひきバレンタインが破廉恥の隣にあると気づいている日  
 ——枡野浩一(角川文庫『57577 Go city,go city,city!』より)

を正確に引用し、
出典(角川文庫『57577 Go city,go city,city!』より)も明記し、
「この歌と酷似していることが判明した作品の入選を取り消しました」
といった意味のことを、書いておいてください。

酷似している学生作品のほうは、あえて引用しなくてもいいと思います。

短歌は、
意図的に盗作をするつもりなら、
もっとエッセンスだけを上手に真似る、
というようなことも可能だと思っています。
なので学生に悪気はなかったのでしょう。
一番売れている私の短歌小説『ショートソング』(集英社文庫)に
あの歌が目立つ形で引用されているため、
どこかで学生の記憶にひっかかっていたのかもしれません。

とはいえ、
以前も俵万智さんの短歌(山田かまち作品の短歌化)が
入選して取り消されたことがあったと記憶しています。
選考される側の皆さんは、
一般に広く流通している歌集くらいは
ざっと目を通されておいたほうがいいのでは、と思います。
それでもすべての短歌を知ることは不可能なので、
どうしても「盗作」を選んでしまうことは
あるかと思いますが、多少は防げるでしょう。
私はある短歌コンテストで選考委員をした際、
「あまりにも上出来。前例がありそう」
と感じる投稿作品を読んだ時は、過去に類似作がないが、
ネットでキーワード検索をして調べました。

とりいそぎ、簡単ですが、お返事まで。
【以下、事務的な内容の文言を数行省略】

枡野浩一






その後、
紆余曲折はあったものの、
私の希望どおりの対応がなされて、
ほっとしていたのですが……。

2月2日(土) 付の
毎日新聞東京版27面に掲載された
「現代学生百人一首」記事の中で、
入選が取り消された問題の
一首が取り上げられてしまいました。

その件を東洋大学から
報告されたときの
私の返信は以下のようなものでした。






From: 枡野浩一
Date: 2008年2月5日 2:55:19:JST
To:
Subject: 枡野浩一です。

新聞の記事自体は見ていませんが、
ネットにその記事の感想がいくつか載り、
そちらを読みました。
私が恐れていたことが起こってしまい、
残念です。

しばらく様子をみて、
読者から私のところに連絡が来るようであれば、
自分の「かんたん短歌blog」
http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/
などで報告しようと思います。
黙っていると逆に不自然ですので……。

短歌の作者は伏せ、
彼のことは責めないようにしますが、
すべてのネット記事を
消して回ることは無理ですし、
時間を経てからも
新たな反響はあると思います。

また何かありましたら
ご報告お願いします。
フォローできることも
あるかもしれませんので。

枡野浩一






と、
まあ、
そんなわけで今もネットには
「枡野浩一の短歌と酷似した作品」が
残ってしまっていますが、
皆さん、
そんな経緯があったことをご了解ください。

なお、
私の「盗作」に関する考え方は、
毎日新聞に連載していた
『日本ゴロン』(毎日新聞社)
という本に詳しく書きました。
ご参照ください。
日本ゴロン

2008 02 20 12:49 午前 | 固定リンク | トラックバック

2008.02.18

< 天野慶寄稿『キタコウ/トウサク?/タンカキョウ』(2008年2月17日) >

バレンタイン・デー、
『ショートソング』(集英社文庫)の
主人公・伊賀寛介が
チョコ嫌いを表明したせいなのか、
今年は読者から一個も届きませんでした。
佐藤真由美さん(歌人)、
加藤千恵さん(歌人)、
天野慶さん(歌人)、
そして実の妹からは貰いました。
有り難う……。

さて。
バレンタインがらみでは、
ちょっと厄介な報告をする必要があるのです。
が、それはまあ後回しにして、
今回は天野慶さんからの寄稿を掲載します。

枡野浩一『かんたん短歌の作り方』(筑摩書房)
にも大きく登場している天野さん。
新刊『ウタノタネ』(ポプラ社)
http://www.1101.com/editor/2008-02-15.html
には枡野浩一との深い関係のことは
描かれていませんでした……。

その点はいささか不満でしたが、
全体的に、
珍しい試みに満ちた
新鮮な短歌入門書だと思いました。
詳しい感想を言おうとすると、
美点と同時に
細かい「気になること」が
幾つも浮かんでしまうというのが
天野慶の著作を目にしたときの
枡野浩一の特徴なのですが、
それは
「本づくりへの姿勢が
かなり似通っていて、
それでいて歌人としては
それぞれちがう地点を
めざしている」がゆえの
「宿命」
なんだろうと思っています。

第3章をとりわけ
興味深く読みました。
しっかし天野さんは短歌、
初めて投稿した頃から
選ばれてるんだね……。
そのへんが「初心者」の読者を
大いに戸惑わせてしまうのでは、
と危惧したりもしていますけれども、
天野慶さんは
『かんたん短歌の作り方』に
登場してくれたほかの新鋭たちと比較しても、
器用な書き手ではないと私は思っています。

ただ、情熱と行動力が、ずば抜けているのです。

この本を出すまでの
裏話を先日うかがいました。
皆さん、
天野さんがさらりと書いている第3章の
「行間に隠されている涙ぐましい出来事」
にも思いを馳せてみてくださいね。
どうぞよろしくお願いします。

ウタノタネ―だれでも歌人、どこでも短歌




天野慶寄稿(2008年2月17日)

『ウタノタネ』第3章「短歌の好きな、わたしのはなし」≪番外編≫

キタコウ/トウサク?/タンカキョウ

18.19yars old




芝居の帰り道、国立の駅前の本屋さん。
歌集が置いてありそうなコーナーへ立ち寄るのが、すっかり
習慣になっていました。
詩集と、俳句の本と、いっしょくたにあるのはやはり
古典か、俵さんの本。うーん、ここにもめぼしいものなし、と
目を落とした時に、平積みにされている2冊の本を見つけました。
『てのりくじら』『ドレミふぁんくしょんドロップ』?
見た目は絵本です。
どうして詩歌のコーナーに? あれかな、「みつを」みたいなのかしら、
と作者名を見ると「枡野浩一」とありました。
その名前には見覚えがありました。
たしか、高校の部室で読んで、足らずにこっそり家にもって帰ってまで
読んだ『水戸浩一遺書詩集/ガムテープで風邪が治る』を編集したひと!
あのひとも本を出したのか……、読んでみるとそれまで出会ったことの
ないような短歌がイラストといっしょに贅沢に、そしてキュートに並んでいました。
表面上の意味のわかる速度と、実感として感じる速度が違う。
わかりやすいけれど、普遍的なレベルまで研ぎ澄まされている。
簡単そうに見えて、全然簡単じゃない! と読み進めていたら、
あの水戸浩一さんの詩のフレーズが短歌になっていました。
ひ、ひどい! いくら親友とはいえ、他人の(それも死者の)言葉を
勝手に短歌にして発表するなんて!
枡野浩一、ひとでなし!
本を戻すと、ぷいとそのまま駅に向かい帰りました。

水戸浩一、という詩人の思考回路の曲がり方がとても好きで、
高校の先輩ということもあり、勝手に親しみを感じていました。
なので、なおさらむっとしたのです。
でも……。短歌、おもしろかったな。詩人にはならない約束は水戸さんと交わしたの
かな、
ちゃんと最後まで読んだら、そこの話も書いてあるかもしれないな……。
翌日、東小金井駅から電車に乗って国立まで、『てのりくじら』たちを買いに行った
のでした。

それから、雑誌の枡野浩一特集で「キューティ・コミック」誌上で、
「マスノ短歌教」という連載を知りました。女性向コミック雑誌で
短歌の連載? またこのひと変なことを。
コンビニで発売されている号を買いました。隣にある古本屋さんで
偶然バックナンバーもあったので買いました。
結社では出合えなかった「若い女性」の短歌が並んでいました。
この場所なら、「十九歳の女の子」である自分が浮くことはなさそう、
嬉しくなって、ハガキに3首書いて、送りました。
後に、いっしょに『テノヒラタンカ』として活動する脇川飛鳥さん、
そしてあこがれの存在である佐藤真由美さんにも、あの誌面で出会ったのでした。

『かんたん短歌の作り方(マスノ短歌教を信じますの?)』の本が出たり、
カルチャーセンターにゲストで呼んでいただいたり、生身の枡野さんに
お会いして、お世話になりながらも、
「水戸浩一=枡野浩一」と教えられるまで、ずいぶん長く「いいひとだが、
盗作するようなひとだから気をつけねば」と警戒レーダーが
無駄に作動し続けたのでした。


******


天野 慶


来週、23日から29日まで、
高円寺文庫書林で個展をします。
24日の午後にはトークイベントを考えています。
詳細は決まりしだい
http://blog.livedoor.jp/kei57577/
で報告します。


******


テノヒラタンカ―ぎゅっと大切な言葉を、あなたの手のひらへ

短歌のキブン
短歌のキブン
posted with amazlet on 08.02.18
天野 慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2003/02/10)
売り上げランキング: 287244

2008 02 18 04:01 午前 | 固定リンク | トラックバック

2008.02.17

< 伊勢谷小枝子寄稿『掘り出されたい』(2008年2月12日) >

 おめでとう 佐々木あららが生まれた日 佐々木あららが死ななかった日 (枡野浩一)

ということで、
あらら、誕生日おめでとう!
http://ararara.exblog.jp/8063423/

最近、
「かんたん短歌blog」周辺ではニュースが多く、
何から紹介したらいいのか迷ってるうちに
どんどん日数が経ってしまいました。

http://music.jeugia.co.jp/details/2624792-9976034.html
このMISIAのアルバムで
作詞してる佐藤真由美は、
元おニャン子の佐藤真由美ではなく、
アナウンサーの佐藤真由美でもなく、
『ショートソング』(集英社文庫)にも
作品が登場する
あの歌人の佐藤真由美です。
どうぞよろしくお願いします。

そういえば『ショートソング』随一の
人気キャラクター「笹伊藤冬井」の
作品はすべて
「かんたん短歌blog」に
投稿された笹井宏之さんの歌なのですが、
彼がついに!
初の作品集を上梓しましたね……。
http://sasai.blog27.fc2.com/blog-entry-141.html

目下、たのしく少しずつ拝読中ですが、
いやー、
『ひとさらい』ってタイトル、
一青窈か笹井宏之さんくらいしか
考えつかないと思います!

笹井さん、
もしもよろしかったら、
なにかPRになるような
散文を書いて「かんたん短歌blog」に
寄稿してくださると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

というわけで今回は、
短歌集『平熱ボタン』(あざみ書房)
を上梓した伊勢谷小枝子さんに
寄稿していただきました。

同書の序文は枡野浩一が書きました。
序文で引用されている、
『ショートソング』にも載っている一首が、
『平熱ボタン』本文では
あえて少しちがう形になっていますが、
どちらの形の歌も「正解」ということで、
どうぞよろしくお願いします。

宇都宮敦さんがさっそく、
素晴らしい評を書いているのを読みました。
http://air.ap.teacup.com/applet/utsuno/20080213/archive
《僕がこれまで読んだことのあるあらゆる短歌のなかで、この短歌がマイ・ベスト、最も好きな短歌だ。》
って、凄いよねー、なかなか書けないよー。
皆さんも『平熱ボタン』の感想を書いたら、
「かんたん短歌blog」にも
トラックバックして見せてくださいね!
どうぞよろしくお願いします。



伊勢谷小枝子寄稿
『掘り出されたい』

(2008年2月12日)


-----


短歌を始めたのは と
「短歌ヴァーサス 創刊号」(2003年 風媒社)の、枡野浩一さんの年譜を見ると
>1997.12 宝島社「キューティ・コミック」にて「マスノ短歌教」連載開始。
とあって、それに投稿を始めたのが初めてなので、その年数に、びっくりです。
それ以降、当時開設されていた枡野さんの掲示板や、2004年開設の「かんたん短歌blog」などに投稿してきました。その一方、詩人のe.e.cummingsつながりで、詩人の藤富保男さんに声をかけていただき「Chocorua」(無料配布リーフレット)発行(10号まで発行予定、2月に9号が出ます)、さらに「早いうちに、短歌を本にまとめましょう」とおだてられ、この短歌集『平熱ボタン』に至ります。

 しばらくは読まない本にはさんでは見つけたときに あーあー と言う

序文は、枡野浩一さんに「いつまでも卒業できないままの私ですが」とお願いしました。
絵は、柴田有理さんに「あまりどろどろしてない感じで」とお願いしました。
(柴田有理(しばた・あり)さんのHP http://gymsit.at.infoseek.co.jp/
そして、「リング式にしたい」ということ以外あいまいなまま、数ヶ月後、リスキーな序文と、不思議ですてきな絵と、80首の短歌の、スケッチブックというかメモ帳みたいな本が、できました。好きなページでひらいておけます。

 傷口はニヤリとひらく 思い出にするなと全身タイツで止める

お題があったものもないものも、5つの「連作」(と言っていいのかどうか、今もわかりません)としてまとめてみました。読み返してみるまでもなく、傷と記憶の短歌ばかり詠んでいますが、私の源にあるのはこの短歌です。

 この場所がいつか陸地になったとき化石の私が掘り出されたい

『平熱ボタン』というタイトルは、載せる短歌の中の言葉を組み合わせただけなのですが、
それが、やわらかくしみこんできて、不思議な気持ちです。収録短歌は、ほとんどがネット上で既発表のものですが、それでも、紙媒体で手元に持っていたい、という方がおられましたら、よろしくお願いします。
 
 そんな骨なんで大事に持ってるの 言われて気づくまで気づかない

感謝と祈りを。

伊勢谷小枝子
http://d.hatena.ne.jp/saeko-i/

2008 02 17 11:55 午後 | 固定リンク | トラックバック