« 自己PRとは何か/「広告批評」 | トップページ | 天野慶寄稿『キタコウ/トウサク?/タンカキョウ』(2008年2月17日) »

2008.02.17

< 伊勢谷小枝子寄稿『掘り出されたい』(2008年2月12日) >

 おめでとう 佐々木あららが生まれた日 佐々木あららが死ななかった日 (枡野浩一)

ということで、
あらら、誕生日おめでとう!
http://ararara.exblog.jp/8063423/

最近、
「かんたん短歌blog」周辺ではニュースが多く、
何から紹介したらいいのか迷ってるうちに
どんどん日数が経ってしまいました。

http://music.jeugia.co.jp/details/2624792-9976034.html
このMISIAのアルバムで
作詞してる佐藤真由美は、
元おニャン子の佐藤真由美ではなく、
アナウンサーの佐藤真由美でもなく、
『ショートソング』(集英社文庫)にも
作品が登場する
あの歌人の佐藤真由美です。
どうぞよろしくお願いします。

そういえば『ショートソング』随一の
人気キャラクター「笹伊藤冬井」の
作品はすべて
「かんたん短歌blog」に
投稿された笹井宏之さんの歌なのですが、
彼がついに!
初の作品集を上梓しましたね……。
http://sasai.blog27.fc2.com/blog-entry-141.html

目下、たのしく少しずつ拝読中ですが、
いやー、
『ひとさらい』ってタイトル、
一青窈か笹井宏之さんくらいしか
考えつかないと思います!

笹井さん、
もしもよろしかったら、
なにかPRになるような
散文を書いて「かんたん短歌blog」に
寄稿してくださると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

というわけで今回は、
短歌集『平熱ボタン』(あざみ書房)
を上梓した伊勢谷小枝子さんに
寄稿していただきました。

同書の序文は枡野浩一が書きました。
序文で引用されている、
『ショートソング』にも載っている一首が、
『平熱ボタン』本文では
あえて少しちがう形になっていますが、
どちらの形の歌も「正解」ということで、
どうぞよろしくお願いします。

宇都宮敦さんがさっそく、
素晴らしい評を書いているのを読みました。
http://air.ap.teacup.com/applet/utsuno/20080213/archive
《僕がこれまで読んだことのあるあらゆる短歌のなかで、この短歌がマイ・ベスト、最も好きな短歌だ。》
って、凄いよねー、なかなか書けないよー。
皆さんも『平熱ボタン』の感想を書いたら、
「かんたん短歌blog」にも
トラックバックして見せてくださいね!
どうぞよろしくお願いします。



伊勢谷小枝子寄稿
『掘り出されたい』

(2008年2月12日)


-----


短歌を始めたのは と
「短歌ヴァーサス 創刊号」(2003年 風媒社)の、枡野浩一さんの年譜を見ると
>1997.12 宝島社「キューティ・コミック」にて「マスノ短歌教」連載開始。
とあって、それに投稿を始めたのが初めてなので、その年数に、びっくりです。
それ以降、当時開設されていた枡野さんの掲示板や、2004年開設の「かんたん短歌blog」などに投稿してきました。その一方、詩人のe.e.cummingsつながりで、詩人の藤富保男さんに声をかけていただき「Chocorua」(無料配布リーフレット)発行(10号まで発行予定、2月に9号が出ます)、さらに「早いうちに、短歌を本にまとめましょう」とおだてられ、この短歌集『平熱ボタン』に至ります。

 しばらくは読まない本にはさんでは見つけたときに あーあー と言う

序文は、枡野浩一さんに「いつまでも卒業できないままの私ですが」とお願いしました。
絵は、柴田有理さんに「あまりどろどろしてない感じで」とお願いしました。
(柴田有理(しばた・あり)さんのHP http://gymsit.at.infoseek.co.jp/
そして、「リング式にしたい」ということ以外あいまいなまま、数ヶ月後、リスキーな序文と、不思議ですてきな絵と、80首の短歌の、スケッチブックというかメモ帳みたいな本が、できました。好きなページでひらいておけます。

 傷口はニヤリとひらく 思い出にするなと全身タイツで止める

お題があったものもないものも、5つの「連作」(と言っていいのかどうか、今もわかりません)としてまとめてみました。読み返してみるまでもなく、傷と記憶の短歌ばかり詠んでいますが、私の源にあるのはこの短歌です。

 この場所がいつか陸地になったとき化石の私が掘り出されたい

『平熱ボタン』というタイトルは、載せる短歌の中の言葉を組み合わせただけなのですが、
それが、やわらかくしみこんできて、不思議な気持ちです。収録短歌は、ほとんどがネット上で既発表のものですが、それでも、紙媒体で手元に持っていたい、という方がおられましたら、よろしくお願いします。
 
 そんな骨なんで大事に持ってるの 言われて気づくまで気づかない

感謝と祈りを。

伊勢谷小枝子
http://d.hatena.ne.jp/saeko-i/

2008 02 17 11:55 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/40164850

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢谷小枝子寄稿『掘り出されたい』(2008年2月12日):

» 平熱ボタン [お天道様は許しても から]
短歌なお友達、伊勢谷小枝子さんの第一短歌集「平熱ボタン」が発行されました、おめで 続きを読む

受信 2008/02/18 13:35:37

» 誕生日突発企画「3-4全レース買い」結果報告 [中で出すのが愛なのか から]
※これは、34歳の誕生日に競馬場へ行き、全レース「3-4」の馬券で勝負した男の、愛と感動の真実の物語です。 ●前日。  区内某所で鍋パーティ。2月生まれ人口が異常に高い現場で、主催の気配り上手の先導で図らずも祝福される。「誕生パーティ」って、小学生以来でした。ありがとう。  その後、「非常に役に立ちづらく、かさばって、かと言って捨てるにはしのびない」という、誕生日プレゼントの三大条件を見事に満たした逸品をいただく。ちなみにこれまでもらった中で一番センスのよかった誕生日プレゼント... 続きを読む

受信 2008/02/19 11:37:39

» ひとつめ [夢のまた夢 から]
待ってないふりをするのは難しく 驚く練習ばかりしていた (伊勢谷小枝子) 伊勢谷さんは色白で小柄な女性で 空を駆けめぐって日本の至るところに出没するようなひとには 決して見えないです。 彼女のブログ。 ( another pain ) vs ( Chocorua )  ここには彼女の淡々としている感じが より淡々とあらわれてます。 言葉は少ないけど、濃くて深いの。 先日発行された彼女の第一短歌集『平熱ボタン』には 私がいるような気がしてしょうがないのです。 特にこのへんに……。 知っ... 続きを読む

受信 2008/02/21 23:10:10

» 2008年2月22日(金) [ogihara.com から]
それほど寒くない日が続いている。 ★ 伊勢谷小枝子さんの第一歌集『平熱ボタン』( 続きを読む

受信 2008/02/24 4:52:35

» 平熱ボタン [キサラギウタ から]
名古屋が大雪に見舞われて、北国のようだった昨日 北の国から、歌集が届きました。 伊勢谷小枝子さんの「平熱ボタン」 この日が来るのを待っていました。 ☆ この歌集には、私の大好きな短歌が収録されています。 好きな歌はどんどん増えるけど、その中でもほんとに大切な歌のひとつ。 ピース! ピース! 私がここにいるせいで私の形に足りない世界(伊勢谷小枝子) 家事をしているとき、公園で子供と遊んでいるとき、 ふいにこの歌を思い出して、私はすこし元気になります。 そ... 続きを読む

受信 2008/03/03 8:46:38