« 晄晏隆幸さんの日記を読もう | トップページ | 黒瀬珂瀾の本をプレゼント »

2008.03.30

< 歌人たちの最近 >

淋しいのはお前だけじゃな』、
集英社文庫になりました。
税込で400円。買って。

「いつも恋していたいですか?」
と佐藤真由美さんが問いかけています。
http://www.ewoman.co.jp/

加藤千恵さんの新刊、
放課後―写真短歌部
写真がいい、デザインがいい。
オールカラーで、手頃な値段がいい。
本として、とてもいい。
短歌も、いい。こうは詠めない。
ゼラチンを最小限にした果物ゼリーのよう。

アナウンサー小林麻央さんからのエールも……。
http://ameblo.jp/kobayashi-mao/entry-10077890052.html

よろしかったら加藤さん、
なにかPRになるものを
「かんたん短歌blog」に寄稿してください。

笹公人さんの新刊
抒情の奇妙な冒険 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)』も
いただきました。
そのボリューム、熱量に圧倒される。
これから少しずつ拝読します。

辰巳泰子集 (セレクション歌人 (19))』も、
ありがとうございます。
届いた直後、
日刊ゲンダイの読書日記で書名のみを紹介したあと、
人に貸したままになってしまっている。
再び入手して、改めて拝読しますね。

2008 03 30 07:47 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/40686321

この記事へのトラックバック一覧です: 歌人たちの最近:

» 本の味覚 03312008 [つき指の読書日記 から]
 絶望的なほどの若者の活字離れを前に、出版社も中高年向けの本や雑誌にも力を入れるようになった。爆発的な部数は望めないにしても、地道に版を重ねる、息の長い販売という方針である。新聞をはじめ、活字もそのせいか大きくする傾向がすすんいる。  流行の移ろいが激しい昨今、テレビをにぎわせるタレントの寿命がそれに比例してか、つぎつぎとあらわれては、いつの間にか消え去るという傾向が当たり前のように繰り返される。それを嫌ってか、われわれ団塊世代向けの、息の永い昭和の芸人、演劇人、俳優を懐かしむ、そんな本...... 続きを読む

受信 2008/03/30 20:53:02

» 写真短歌部 放課後 [お天道様は許しても から]
加藤千恵さんの短歌とタクマクニヒロさんの写真がコラボレートした、「写真短歌部 放 続きを読む

受信 2008/04/09 9:48:37

» 抒情の奇妙な冒険 [お天道様は許しても から]
歌人/笹公人さんの第三歌集「抒情の奇妙な冒険」を拝読させていただきました。 ハヤ 続きを読む

受信 2008/04/09 9:50:21

» ガガ・ハンペキノのばふっと祝賀 その後 [柴田有理 から]
おそくなりましたが、先々月に盛岡で私がやった個展の 画像をアップしました。全5ページです。 お時間ございましたらご覧下さいませ。 http://gymsit.at.infoseek.co.jp/08m1.html 続きを読む

受信 2008/04/17 8:40:11

» 「要は、勇気がないんでしょ?」で始まる歌人への道 [なまじっか… から]
桜木朱雀さんの要は、勇気がないんでしょ?で始まる日韓併合(朱雀式)のエントリーに 続きを読む

受信 2008/04/18 13:30:21

» 教祖[E:heart01] [短歌投稿用ブログ から]
毎日チェックしてるはずの「かんたん短歌ブログ」。4月1日に更新されていたのに今日 続きを読む

受信 2008/04/20 23:42:00