« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

< 辰巳泰子さんの結社/松下知永さんの寄稿 >

今年最後の更新です。

辰巳泰子さんから「月鞠」を送っていただきました。
結社誌としてのスタート、おめでとうございます!
http://www.geocities.jp/tatumilive/kessyatukimari.htm

私自身は歌人としての考えがあり、
結社活動に直接ご協力することはできないのですが、
歌人・辰巳泰子の活動は今後も楽しみでなりません。

年明けに朗読ライブがあり、
その会場でも「月鞠」が入手可能とのこと。
皆さんもぜひ入手して読んでみてください。
http://www.geocities.jp/tatumilive/2007livenote.htm

「かんたん短歌blog」や
枡野浩一がもっと昔にやっていた掲示板の常連で、
現在は短歌結社に所属して頑張っているという歌人から
時々ご報告をいただくことがあります。

それはとても嬉しいことです。
皆さんも辰巳泰子さんの「月鞠」をはじめ、
いろんな結社誌や同人誌を知り、
もしも良い出会いをしたと思える場所があったら
参加してみるといいと思います。

参加してみて、やめることもあるでしょうし、
また別の場所に移ることもあるでしょう。

大切なのは自分の呼吸のしやすい場所を見つけること。
(場所、というのは結社に限らず……)
そして、続けることです。

自分を甘やかしてくれる場所を見つけよう、
という話ではないですよ。
もとより、呼吸困難なのが、書くことですから。

師匠がいても……。一人でも……。
批判されても……。無視されても……。
いずれにせよ呼吸困難です。

続けられない人は、やめてしまっても全然いいと思います。
(筑摩書房『かんたん短歌の作り方』あとがき参照)
でも、また始めたい、もっと続けたいと思ったら、
そのための方法は試行錯誤しましょう。真剣に。

今年は短歌と関係ない仕事ばかりしていた私ですが、
来年は短歌の仕事をしたいです……。

さて。
かつて「かんたん短歌blog」に投稿していて、
結社「未来」に所属し、
今はまた一人で歌を続けているという
松下知永さんから素敵な投稿がありました。
ありがとうございました。

短歌+エッセイというのは、
私もよく書いていますが、なかなか難しい表現です。
皆さんも挑戦してみてください。

松下知永さんのは軽妙な仕上がりですね。
エッセイなしで歌だけ見たとき自立性が弱いかな……。

短歌の肉は3キロに減らさず、
「9キロ」にしたりしてもいいかも。
「10キロ」だと大雑把な感じがするから。

あと、
エッセイ本文三行目の「台湾の」をあえて削ると、
文章に緊張感(と意外性)が出ると思います。
お試しください。








寄稿=松下知永(まつしたちえ)

■簡単な経歴
2004年の春に『かんたん短歌blog』に投稿、短歌を始めました。
その後、朝日カルチャーと未来で、岡井先生に師事。(短い間です)
仕事が多忙で身体を壊して未来をやめ、1年ぐらい短歌も休み、
現在、短歌的な活動はナシ。総合誌に投稿したこともありません。
ことし角川短歌賞に応募、最終候補に残りました。
無得票で、逆にちょっと恥ずかしいですね。

日記「まさゆめ*さかゆめ」http://chekhovdiary.blog70.fc2.com/
題詠「題詠ショコラ」http://chieuta.blog96.fc2.com/






---------------------------
『周くんのこと』

その頃、わたしは広告プロダクションで働いていた。
ある日、周くんという
台湾の、ちょっとかわいい男の子がデザイナーとして入社した。
細い手足をしていて、その頃売れてたロックグループのボーカルに似てて
わたしと同い年なのに、もっとずっと若く見えた。

女の子に人気があった。
『しゅう』という、名前の響きがいいのかしら。
女の子たちは、シュウ、シュウ、って、
まるでシュウウエムラみたいなそんなニュアンスで呼ぶけど、
ほんとは、漢字の周くん。
下の名前は忘れた。

周くんは台湾のひとのせいか、
家族もとにかくインターナショナルだ。
お母さんを台湾に残し、
お兄さんはアメリカ、お父さんはヨーロッパでビジネス、
そして、お姉さんと彼は日本に、という具合。

初めて会った頃、オフィスで
「ボクのコドモウム?」 とわたしに言い、
みんなを黙らせた。
インターナショナルって、なんかまあ、
そんなんらしいです。
たぶん彼にとっては、「ボクのコドモウム?」 なんて
だれかの下ネタくらいに自然なことなんだろう。


彼は職場でコーヒーやお茶は一切口にせず、
代わりに高麗人参茶を飲んだ。
大きな蓋付きのマグカップに、
立派な高麗人参をそのまま入れて、お湯を注ぎ
じっくりじっくり飲む。
なにか、身体によさそうなものがじわじわ抽出されてそうな色・・・。
ルックスはロック、
マグカップには二股の高麗人参。


ある日、遊びの流れで、みんなして彼の部屋に押しかけた。
キッチンには、立派な
大家族もへっちゃらって感じの冷蔵庫があった。
彼が、にこにこドアを開け、ほらって見せてくれる。
そこには、10キロ以上ある大きな豚肉の塊が鎮座していました。
いや、鎮座っていうかね、もう、ぎゅうぎゅう。
豚肉ぎゅうぎゅう。
なにか、その瞬間、
淡い恋心が見えない国境に負けてしまったんです。


3キロの豚ブロックにこばまれる周くんの冷蔵庫あければ(松下知永)

10キロにすると歌が嘘っぽくなるので
3キロに減らしています。

---------------------------





2008 12 31 09:39 午後 | 固定リンク | トラックバック

2008.12.25

< 「クレヤン」9号 >

「クレヤン」9号が完成しました。
http://www.watanabe-kou.com/crazyyang/2008_2009/vol_09.html

元SPA!編集長のツルシカズヒコさんと、
ソーイングデザイナーのワタナベ・コウさんが
夫婦でつくっている「究極の夫婦雑誌」で、
流通は基本、通販。
リアル店舗では、
立川のオリオン書房と、
吉祥寺の四月 
http://shigatsu.jp
のみで販売。

ツルシ編集長と枡野浩一が、
新宿の街を転々としながら、
風林会館のパリジェンヌとかで、
仕事の思い出や雑誌について語っています。

枡野浩一が学生時代以降、
初めてミシンをつかって
布袋を縫った日のことを綴ったエッセイは、
タイトルからは想像もつかない内容。
掌編小説のようです。

雑誌の元気がないと言われる今、
あえて「やっぱり雑誌はおもしろい」と
いう特集を組む。
夫婦でそれぞれアルバイトをしながら、
完全自主制作で五年間、
雑誌を刊行し続ける。
そのことを振り返った夫婦対談が
とりわけ読み応えありました。

バックナンバーにも枡野浩一は
何度か登場しています。
クレヤンでしか読めない
枡野浩一のあれこれ。

表現する、ということ。
メディアをつくる、ということ。
「かんたん短歌blog」の読者にも
きっと刺激になる記事が満載です。

どうぞよろしくお願いします。

2008 12 25 03:33 午前 | 固定リンク | トラックバック

2008.12.19

< お金の話 >

現代短歌は、
それを詠むことが「お金」につながらない、
というのが大前提になってしまっている世界。
「短歌を発表するために、お金を払う」
……それが普通のことになっています。
とりわけ結社活動は、情熱ある有志の
ボランティア精神で支えられていることが多く、
そのこと自体には頭が下がりますが、
「お金をかけずに作品を発表する」
「短歌でお金を得る」
という道筋をもっと死にものぐるいで考えてみると
まだできることはあるんじゃないかと、
私はスタート当初から考えていました。

それは
「お金になりさえすれば何でもやる」
というのとは、
全然ちがう話です。
程度問題。
「お金にならなければならないほど尊い」
とまで感じるようになったら、
何かから目をそらしているのだと思う。

前置きが長くなりました。

以下は、
mixiの枡野書店コミュの日記
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=35399701&comm_id=3673156
と同文ですが、
こちらにも載せておきます。



この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

執筆の休憩時間。
二人の知人が日記ですすめていた
西原理恵子の新刊を
ちょっと読んだら
とまらない……。

これは……。
本気の一冊だ……。

このシリーズはほんと凄いね。
その人がいちばん書くべきことを書いている。
(じつはこのシリーズ、
某社で企画が立ち上がったものの
その社の上司が理解を示さず、
理論社に企画が持ち込まれたのだという)

西原さんとは一度だけ
偶然お目にかかったことがあり、
そのときのことは
『あるきかたがただしくない』(朝日新聞社)
に書いた。
あまり幸福な出会いではなかった。
あるきかたがただしくない

昔から作品は大好きだけど、
本音を赤裸々に描いているように見せつつ、
「どう振る舞ったら人に好感を持たれるか」
が、よくわかっている人だと思っていた。

ごめんなさい。

すでに知ってることでも、
この著者が書くと、
実感をともなった生の情報として
腑に落ちる。
《日本では年間で三万人もの人が自殺をしているという。
 この数字は先進国の中でも異様な数なんだって。日本の交通事故死者数が年間で五千人というから、その六倍もの人が自殺を選んでいる。それを思うと、銃声の音は聞こえないけど、「日本にもかたちのちがう戦場があるのかもしれない」って思う。
 だって三万人って言ったら、ひとつの市や町の人口に匹敵するくらいの数だよ。大地震が起きたわけでもないのに、市や町がまるごと消滅したくらいの人が毎年毎年、みずから亡くなっている。》

http://www.pot.co.jp/fushimi/%e8%a5%bf%e5%8e%9f%e7%90%86%e6%81%b5%e5%ad%90%e3%80%8e%e3%81%93%e3%81%ae%e4%b8%96%e3%81%a7%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%b0%e3%82%93%e5%a4%a7%e4%ba%8b%e3%81%aa%e3%80%8c%e3%82%ab%e3%83%8d%e3%80%8d%e3%81%ae.html
伏見憲明さんにならって、
正座して読み、一気に読了。

これは必読。
一読をすすめたい人の顔が浮かびます。何人も。

会社の経営者、
ギャンブラー、
ギャンブラーの配偶者は、
読まないとそん。

サイバラは漫画でもっといいもの描いてる!
という意見もあるでしょうけど、
活字にしたことで届く層というのもあるから、
これは渾身の代表作ですね……。

そして来年の目標は、
「貯金」
に決定。

2008 12 19 06:45 午後 | 固定リンク | トラックバック

2008.12.14

< 枡野書店謹製の商品 >


   短歌用!?「黒板トレイ」枡野書店謹製/寺山宗男製作

これは短歌を書くのにぴったりの 、
長めのいい黒板で、
裏返すとトレイにもなります。
黒板の面を上にして何かを置き、
その説明をチョークで書き添えても……。
持ち手のみぞにチョークが置けます。
木わくの材質は、無垢のくるみの木。
繊細な職人技で仕上げられているため、
取り扱いにはご注意ください。
黒板はマグネットがつくスチール製。

私はなぜか昔から、トレイ=おぼんが大好き。
最初は「短歌黒板」を企画してたのだが(写真中の参考商品)、
いつしか「黒板トレイ」のほうがメインに。

ご希望のかたには、
枡野浩一が直筆短歌
(短歌集未収録)を書いて販売します。
すぐに消えてしまうチョークの字の、
短歌短冊のような何か……。
消して、あなたの歌を書けばいい。

製作と撮影=寺山宗男
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3733397
http://www.kenriki.jp/


   「四十字詰原稿用紙」枡野書店謹製/名久井直子デザイン

短歌(三十一文字)を書くのにぴったりの、
長めのいい原稿用紙です。

40字×1行×50枚+表紙1枚

写真は、以下もご参照ください。
http://www.shigatsu.jp/blog/stationery/post-152.php

縦書きにも横書きにも対応できるよう、
文字要素は一切ありません。
罫線の色や、背を綴じている紙など、
昔ながらの原稿用紙や事務用品をイメージして
名久井直子さん
http://www33.ocn.ne.jp/~naku
が考えてくださいました。

ルビや詞書(ことばがき)、
そして筆名を書き添えるときのために、
余白をたっぷりめにしていただきました。
5文字ごとに線を太くしてもらったのは、
親切過剰かもしれないけど、文字数の目安に。

単行本や文庫本に巻いて、
手書き帯としても使用できるものを、
というのが私の最初の希望でした。

そんなに冊数をつくれなかった関係で、
単価が比較的高くなってしまいました。

もし好評だったら量産するかもしれないし、
その場合は必然的に単価も下がりますが、
あしたのことは約束できないので、
今のうちにどうぞ。

まじめな話、
短歌は推敲する段階では一度手書きするといいよ。
見え方が変わるから。
50枚綴りなんで角川短歌賞応募作の
連作の並び順を考えるときとかに便利!
二十歳の頃これがあったら絶対愛用してた私です。

俳句や川柳、アエラの駄洒落コピーにもどうぞ。
これで小説を書いたら、
一文字一文字に、たましいがこもりそう。

枡野書店謹製の商品、
販売してくれる店舗を募集中です。
以下は希望小売価格。

「短歌用!? 黒板トレイ」税込7700円 残り2枚
「四十字詰原稿用紙」税込700円  残り100冊程度

さしあたって吉祥寺の四月
http://shigatsu.jp
の中の、
枡野書店で販売中です。

四月の通販サイトでも。
http://www.shigatsu.jp/blog/stationery/post-152.php



【追記】
原稿用紙、おかげさまで完売。
あのパピエ・ラボ
http://www.papierlabo.com/
からも販売希望の連絡をいただいたのですが、
その時すでに品切でした。
希望者が多ければ増刷を検討します、
スポンサー募集中!

2008 12 14 05:24 午前 | 固定リンク | トラックバック