« 笹井宏之さんのこと | トップページ | 笹井宏之さんを偲ぶ会 »

2009.01.28

< みのる先輩 >

ピュアフル・アンソロジー 初恋。 (ピュアフル文庫) (ピュアフル文庫)

ピュアフル文庫のアンソロジー『初恋。』収録作
「ジジジジ」登場人物のモデルの一人である
「みのる先輩」が、
こんな記事を書いてくださいました。
http://minoru-iroiro2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/-1--5640.html

みのるというのはご本名ではなく、
しかし、
先輩の印象によく似合っている筆名だと思う。

私のいたころの文学研究会
(大学をやめてからも顔を出していた……)は、
かなりハンサムだが妙に人徳のない先輩や、
今は「ほぼ日」スタッフとして活躍する知的美女の先輩や、
女たらしの先輩や、
喧嘩っぱやくて今は短歌出版社を経営している後輩や、
女たらしの後輩や、
いろんな「文学青年らしくない人」がいて楽しかった。
近い世代で、プロの小説家になった人が二人います。
新作を最近見ませんが(心待ちにしてます!)、
藤原京さんと上野歩さん。

みのる先輩は
男女共に人気のある「下町の男」で、
肩の力のぬけた随筆風の作品を書いていて、
「こういう異様に広い肩幅の体育会系のひとが、
こんなに面白いものを書くとは!」
と、びっくりしました。

先輩、そう遠くないうちに一度お酒でも是非。

「ジジジジ」、
もちろん完全にフィクションなんですが、
部分部分には明らかに特定のモデルがいて、
全体として変にリアリティが出てしまったから、
ちょっと一部の人に実話だと思われそう。

人生で出会った好きな人ばかりを登場させました。
読んだら怒る人もいるんだろうか……。
連絡がつかなくなってしまった人もいて、
彼らがどこかで読んでくれたらと願っています。

連載中の「僕は運動おんち」も、
主要なキャラクターの一人は
実在の友人をイメージして書いていて、
彼とは連絡とりたいなあ。

柔道部のOくん! 枡野を覚えてないですか?

具体的なエピソードを
お借りした人には事前になるべく
許可をとっているのだけれど。

2009 01 28 11:18 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/43887718

この記事へのトラックバック一覧です: みのる先輩: