« 笹井宏之さんの番組と「すばる」次号 | トップページ | 木下一寄稿『アイハブノークエスチョン』(2009年3月16日) »

2009.04.01

< 松野大介さん……。 >

風邪が抜け切らない。
ちょっとした約束を
色んな人としてしまっていて、
その約束が何日も果たせていないことで気が重い。
ひとつひとつは簡単なことなんだけど。

キャバ嬢「給与明細」のヒミツ (講談社MOOK)
一昨日はほとんど寝て過ごして、
夜に鍼灸にかかった。
昨日は藤井良樹さんから
誘っていただいた花見にも行けず、
夕方から受け付けしてくれる
近所の病院に行こうと思っていたら、
松野大介さんからメールが。
恋愛失格

吉祥寺に来ているという。

近所のベッシーカフェへの道を
メールで説明し、
コーヒーを飲むことになった。
結局食事もしてしまう。

次回トークイベント
http://ameblo.jp/daisukematsuno/
の飛び入りゲストとして、
できたら最後のほう、
五分だけ話してほしい気持ちもあるが、
どういう展開になるかわからないから、
無しになったらごめん、
みたいなことを相談され、
「どちらでも大丈夫ですよ」
と、
またもや曖昧な約束をひとつ増やしてしまう。
高田文夫さんと吉田豪さんだけで
充分すぎるくらいで、
私などが出ていってもなあ、と思う。
江戸前で笑いたい―志ん生からビートたけしへ (中公文庫)
続・人間コク宝

「バイアグラって飲んだことある?」
と突然言われて、
「ありますよ」
と答える。
離婚直後に処方してもらった。

「俺ちょっと調子悪くてさ」
と、
ここには書けないような話を
色々してくれる松野さん。

ちょうど行こうと思っていた病院は
内科と心療内科を兼ねていて、
バイアグラを処方してもらったのも
そこだった。
ドラマ「ブラックジャックによろしく」の
監修をやったという先生が
一人でやってる病院なのだが、
行くとすぐ診てくれるから、
松野さんには私の部屋で時間を
つぶしてもらうことにした。

サヤカ
芸人失格 (幻冬舎文庫)
君の鳥は歌を歌える (角川文庫)
松野さんの『サヤカ』(マガジンハウス)や
『芸人失格』(幻冬舎)のことを書いた
拙著『君の鳥は歌を歌える』(角川文庫)を、
まだ読んでなかったそうなので、
一冊差し上げる。

『君の鳥は歌を歌える』で私がとりあげて
熱くおすすめしたクリエーターは今、
ほぼ全員が当時より売れているから、
松野さんも作家として絶対もっと売れてください、
と言っておく。
実際、ピロウズも最近はライブ超満員だし、
益田ミリさんだって
「ブレイク」したと言えるのでは?
自分の「才能を見る目」は結構信頼している。
Please Mr.Lostman
結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日

で、
病院へ行って、
体調のことを話し、
「EDの薬も処方してほしい」
と言った。
バイアグラを入手し、
松野さんに差し上げようと思ったのだ。
が、
先生は必要以上に親身になって、
離婚のこととか聞いてくれて……。
(先生も離婚経験あり)

あるきかたがただしくない
拙著『あるきかたがただしくない』(朝日新聞社)の
最初のほうに出てくる、
「あなたは強いから薬は出さない」
と言った医師は、この人なのです。
ああ、こういう人だって、忘れてた。

結局、
「あなたに今必要なのはバイアグラではない。
愛が信じられないのにセックスしても
元気が出ないのは当然でしょう」
とかって真顔で言われて、
漢方薬とかも色々処方されてしまった。
看護婦さんにも聞かれて恥ずかしかった。

処方箋持って薬屋で薬を受け取って、
部屋に帰ってみると、
松野さんはすっかり
くつろぎまくっていて、
テンピュールマットレスに横になっていた。
私の部屋、六畳なのですが、
テンピュール(R) New Futon-1 シングル グレー
テンピュールマットレスが二枚と
送料無料★イタリーからやって来た真空パック高反発健康マットレス!『マニフレックス モデル246 シングル』
マニフレックスマットレスが一枚、
びっしり敷き詰めてあって、
ゲイの友達には
「ハッテン場」(ヤリ部屋)
と、からかわれるような感じなのです。

で、
そんなハッテン場で、
松野さんはビール、
私は梅酒のお湯割りを飲んだりした。
小さな液晶テレビで
深夜番組をだらだら観て、
色んな突っ込みコメントをしながらも
上機嫌で、
「このまま、
ここで暮らそうかな……」
とか言っていた松野さん。
結局、
始発が動くまで一緒にいました。

そんなわけで、
予定していた
「かんたん短歌blog」の更新もできず、
小さな約束の数々も果たせないまま
今に至ります。ごめんなさい。

いまコンビニで売ってる
『まんが 知ってはいけない
消えた有名人の謎』(コアマガジン)というムックで、
自分のことが無断で漫画化されてた……と、
しょげていた松野さん。
注目されるのは良いことです。
どんどん漫画化されたり
ニュースになったりしてください!
まんが知ってはいけない消えた有名人の謎 (コアコミックス 162)





















と、
いうのは、
四月馬鹿の嘘日記です。
松野さんは、
うちに来てません。

すみません、
松野さん……。
マイホーム・ソング―ひばりちゃんとうたうかあちゃん (Style‐F)

2009 04 01 09:25 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/44530010

この記事へのトラックバック一覧です: 松野大介さん……。: