« 笹井さん | トップページ | りょうちゃんとセックス部 »

2009.06.21

< 歌人 >

ほぼ休止中の「かんたん短歌blog」ですが、
時々は更新しないと過去ログが消されてしまうそうなので、
短歌のことを書くときには「かんたん短歌blog」。
それ以外のことを書くときは枡野浩一公式ブログ「枡野書店」。
と、
つかい分けています。

でも珍しく、
「枡野書店」のほうに短歌のことを書きました。
http://masuno.de/blog/2009/06/19/post-75.php

私は短歌を中心に色々な活動をしている物書きで、
しかしウィキなんとかにも妙に詳しく書かれているように、
いわゆる「歌壇」には所属したことがない歌人です。
(短歌専門誌に作品を発表したことは何度かはあります)

ベストセラーを出す前の村上春樹が
文壇に属していない印象だったのと同等かそれ以上に、
歌壇では「アウェー」っていうの?

……慣れないスポーツ用語を無理矢理つかってみました。
やれやれ。

でもまあ、
自らすすんでその立場を選んできたという感じも多々あるので、
だれかのせいにはしませんけれどもね。

そして、
こんな自分こそがじつは「短歌」のある部分を一人で支えている、
という、
村上春樹の登場人物みたいな自負を持つこともたまにはあります。

もうすぐ出る小説『僕は運動おんち』(集英社文庫)は、
短歌がまったく出てこない小説です。
枡野浩一の著作で、
短歌がまったく出てこない本って、
初めてなんじゃないだろうか。
(水戸浩一遺書詩集を除いて)

これからはますます、
「枡野浩一なんて歌人じゃない」
と言いたがる人が増えていくだろうけれど、
私はスタート当初から、
「歌人じゃない」
と言われ続けることで輝いてきた歌人です。

いったいだれが、どのような権限を持って、
「歌人」と「歌人じゃない人」を、
区別するんだろうか。

私は、
短歌を詠む人はみんな歌人だと思う。
旅する人を旅人と呼ぶのと一緒で。
旅をやめたとき旅人でなくなるのです。

歌人を自称することは、
自ら「旅人です」と自己紹介することと同じ、
と思っています。
その恥ずかしさ図々しさくらい自覚している。

枡野浩一です。歌人です。短歌をつくっています。

今後とも、
どうぞよろしくお願いします。

2009 06 21 05:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25585/45409747

この記事へのトラックバック一覧です: 歌人:

» [tanka] [finethankyouの日記 から]
ジャケットをジャイ子が描いたら完成だ 剛田武のデビューシングル (丹生谷歩美) 続きを読む

受信 2009/07/02 7:09:27